ぼちぼちと・・・。

びっくりもどきどきも、繰り返していけばやがて日常に。笑っていられる毎日に感謝。漢字変換おかしいのはご容赦を。(^^;)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

一生かけて

昨日の鍼の勉強会に行かれたことに感謝!


ああ、強い体が欲しい。
どんどん臨床体験できる、強い体が欲しい。
昨日感じた、あの優しい推し手の実践がしたい。
雇われの身と違って、自分がしたい施術はしているけれど、絶対数が少ないもの。

強い決心は、副会長からたくさんいただきました。
ほんの短い時間、とも言えない瞬時でしたが、両手を握ってくださってくださいました。
その手は、牧師様の握ってくださった手と同じ感触がしました。
いかに多くの人の体を治し、心を癒していらした証拠でしょう。

やりきります。
一生掛けて。



ぼちぼちと。



この記事に

開く コメント(3)

私もパラリンピックに出たくなった。


驚くなかれ、鍼でね。
参加には、様々なマラソン大会へのボランティア参加が必要で。
それには、慌ただしく人が動き、わあわあと音が響いて。
聞こえなくて目の見えない私には絶対に不利で。
1回目の横浜マラソン大会て懲りたんだけど。


やっばり、やりたいなぁ。
パラリンピックの 鍼師を私がやるから意味があるんだと思う。




ぼちぼちと。

この記事に

開く コメント(2)

初任者研修

次男が不機嫌な様子で出て行った。
今日から初任者研修。

おおきなおにぎり3つ唐揚げ入りと、水筒をもたせてやった。
朝ごはんをたべないので、無理矢理ソイジョイをひとつ、手のもたせた。

不機嫌な顔の原因は私。
エプロン持った?
筆箱持った?
ルーズリーフの紙、お兄ちゃんからもらって来なさい。
と、口うるさいから。(笑)

決して研修が嫌なせいではありません。
むしろ楽しみ、学校の登校日と重なったりしてしまいますが、先生にコピーを渡して了承ずみ。
本当は、今日は終業式だったんだけとね。

何故か、気合いを入れて、制服で出発していきました。
向かうは新宿。
国の決まりでは15歳からいいはずなのに、研修を受けさせてくださるところが限られてね。

いろいろな決意を持って研修に集まってきた大人と交わり、この1ヶ月で、彼はどんな感想を持つのか、友人はできるのか。

頑張れ〜!



ぼちぼちと。

この記事に

開く コメント(2)

強く

ここに書けないくらい、迷って、悩んでいます。
主人は協力してくれています。


無宗教の私は、自分が「神だ」と思って生きてきました。

それが、何かを信じたくなった。
果たして自分は弱くなったのか?


盲聾で呼吸器で、車椅子で。
薬のせいで骨折し、肺炎にもなり。
でも、私は生きなくてはいけない。
今まで以上に強く生きなくてはいけない。


先日、長男に言われた。
「お母さんのせいで、受験勉強をどれだけ邪魔されているか分かる?お母さんなんていらないと」
でも、そんな言葉を跳ね返すくらい私は強く生きなくてはいけないんだ。


日本で唯一の、車椅子で呼吸器の、鍼師になると決めた。
患者さんがびっくりしても、またきてくださるように、腕を磨かなくてはと決めた。


子供たちが成人するまで、施設にははいらず在宅を決めた。
でも在宅でできることは限られていると、訪問医に言われてしまった。


もっと強く生きるために、信じるものが欲しくなった。


間違えないで!
頼るものではなく、ね。


悩んで悩んで、最後は直感かな?(笑)
そして、自分で決めます。

約束します。



ぼちぼちと。

この記事に

開く コメント(1)

退院してきたら、私のベットの上がこうなっていて、どうしたらいいかわからない。

イメージ 1









料理しようとしても、洗剤はないし、鍋は洗ってないし。
アマゾンで、食器用洗剤を買って。
今日は水でよく洗ってまあとりあえず、お弁当と夕飯は作りました。
冷凍庫には、アイスしか入ってなくて、ヘルパーさんと笑いました。
どんな食生活をしていたんだか。

ちゃんと6時に食事を用意しました。


次男が手話サークルから帰ってきました。
彼は、夏休み、目一杯使って初任者研修を受けます。
横浜関内前行きます。
なんだか、大人の中でも臆することなく平気で頑張っています。
大人になったんでしょうね。


で私は。
退院2日目にして、胃ろうの逆流弁が壊れた。
なんて運の悪い!

男のヘルパーさんが、力一杯抑えても、シリンジを外すと吹き出てきてべちょべちょに。
胃婁の人、分かってくれますよね。(なかなかいないか・・・)
だって1ヶ月で交換といって、4週間入院していたんだもの。
発作のたびに腹圧が上がるし。
無理矢理な量の栄養入れてたし。

昼も夜も、薬が腹圧でほとんど出てしまって、飲めてなくてどうしたらいいかわからない。
発作が起きたけど耐えた。

とりあえず、ベッドの下にボールを置いて、出てくるものを受けてる。
普通だと、来週の土曜日に訪問医が来るからそれまで私は一体どうするの?



ぼちぼちと。


この記事に

開く コメント(1)

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事