ここから本文です
精神的ヒッピーです

書庫全体表示

イメージ 1

「男たちの大和」ロケ地をめぐる旅、今日はまだ途中ですが番外編ということで、
最後の艦長有賀幸作中将(写真)に迫ります。映画では奥田瑛二さんが熱演して
おられました。

実はこの有賀艦長、私の出た高校(当時は旧制中学)の大先輩です。
この人は艦長になってから日が浅いにもかかわらず、武士の本懐と、
大和と運命を共にしますが、実際文武両道、懐の深い人でした。

高校の先輩で海軍に行って生き残った人たちが集まって、「海行かば」と言う
本を自費出版して、うちの爺さん(やはり旧制中学の大先輩)が持っていますが、
この人についても大きく特集しています。

私は戦争自体には反対ですが、この当時は今よりも、人の持つ責任の重さが
全然違った。必死に生きる価値があったわけです。それに比べると
今の時代は、ちっぽけな会社で口先と足の引っ張り合いとちょっとしたけちの
付け合い、万年平社員の私には無関係なことですが、何ともみみっちいことです。

「男たちの大和」の映画は私たちに、「きらきら輝くこと」「真に活きること」を
思い出させてくれたように思います。

この記事に

  • ごめんなさい、笑ってしまいました。「なんともみみっちいことです。」という言葉に・・・その通りなだけにうけてしまいました(笑)。本当に世の中くだらないことでぐちゃぐちゃになっていますよね。

    [ くみこ ]

    2006/2/2(木) 午後 2:09

    返信する
  • 顔アイコン

    くみここさん、おはようございます。せっかくの知恵を人類の平和と進歩とか、外に向いた為になる大きなものに使って欲しいです。

    無縛

    2006/2/3(金) 午前 6:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事