此下益司さんと此下竜矢さんのアジアパートナーシップファンド

此下益司さんと此下竜矢さんのアジアパートナーシップファンドについて
アジアパートナーシップファンドグループの代表である此下益司氏と此下竜矢氏は、いまやすっかり時の人です。
多数の関連会社を所有しており、ビジネスを通じて、社会貢献をしています。
多くの関連会社の中に、株式会社ウェッジホールディングスがあります。
同社は、東南アジアグループ企業として、Group Lease PCLとも連携しています。
東南アジア、主にタイ王国内で首都バンコクをメインにファイナンス事業を展開しています。
東南アジアにおいては重要な交通手段である日本製オートバイを購入する人に、オートバイ購入資金を提供するオートバイリースの専業会社として展開しています。
2009年7月ウェッジの連結子会社となりました。
これは、事業規模を拡大し、新事業分野への参入を図るために行ったものです。
Group Lease社の得意であった中古車のリース事業やオートバイ担保貸付事業のノウハウや人材を獲得するに至ったものです。
今回の買取により、Group Lease社としても、より一層、業容拡大につながるものと見られています。
今後とも、アジアパートナーシップファンドは、このファイナンス事業に全力を傾けていくことでしょう。
Group Lease社は、まだ立ち上がったばかりの状態にあります。
もちろん、将来の飛躍的な成長を目指していることはいうまでもありません。
アジアパートナーシップファンドの進撃の勢いは、とても止まりそうにありません。

この記事に

開く トラックバック(1)

アジアパートナーシップファンドの代表者である此下益司氏と此下竜矢氏は、現在まだ未開拓の部分が残っているアジアを中心とした事業展開を行っています。日本国内からアジア圏内に進出している企業はたくさんありますが、アジアパートナーシップファンドは代表者が直接現地を視察したり、地元の人と会話をすることによって、より確実な情報をスピーディーに収集してます。そのため、アジアパートナーシップファンドは他の企業に比べて早い段階で地元の基盤を作り上げており、より有利な状況で運営をしているという特徴があります。
海外への投資はハイリスクハイリターンで、どこに依頼するのが良いのかがわからないという投資家も少なくありません。しかし、こちらの企業はこれまでアジア事業で数々の成功を収めてきたCEOが直接調査や交渉を行っているということもあり、多くの人が利用しています。これまで投資をしたことがないという人でも、こちらでは詳しい情報をこまめに発信していますので、安心して状況を見ることができて便利です。代表者はアジアパートナーシップファンド以外にもさまざまな系列会社を設立しており、それぞれの企業が独自に成功を収めているほか、連携して事業を行うという特徴を持っていますので、多面的な運営ができるという特徴もあります。これからアジアの投資に挑戦してみたいという人は、実績のあるこちらに参加してみるというのも検討してみてはいかがでしょうか。

この記事に

アジアパートナーシップファンドグループでタイ王国にてオートバイファイナンスを展開するGroup Lease社は、平成26618日に、銀行傘下の競合リース会社のTanabunを株式ならびに債権等を含め最大15.3億バーツで買収しました。
 
この買収の目的は、事業規模の拡大及び新事業分野への参入です。買収対象企業であるTanabun社は、同じくタイ国でオートバイ及び中古車のリースならびにオートバイ担保貸付事業等を行う企業です。Group Lease社は新車のリース事業を主要事業としており、この分野は長年進出したいと考えていた分野でした。今回の買収により、Group Lease社の誇る中古車のリース事業やオートバイ担保貸付事業のノウハウやマネージできる人材を確保できたので、今後は現業であるオートバイリースの強化とともに、この新しい分野である中古オートバイリースも本格的に育てていき、タイ王国だけでなくASEAN諸国全域に拡大していくことでしょう。
 
タイ王国の経済が軍事クーデターによって急速に好転しており、この絶妙なタイミングで買収が行えたことは非常に幸運であると言えます。今回の事業拡大に賭ける此下竜矢氏の強い想いが神様に届いたのかもしれません。また、好転した瞬間に買収できたことは事前準備をしっかりしていたおかげであるとも言えます。
 
今回の買収により、Group Lease社は、タイオートバイリース会社からAsean Regional Finance Companyに生まれ変わろうとしています。此下竜矢氏は、この大切なファイナンス事業を守り育て、全力でこの事業を育てていこうと考えています。
 
Group Leaseは現在、成長段階、投資段階にあります。そして、中長期的な成長に向けて大きな一歩を何度も何度も繰り返して、踏み出しているところです。今回の買収は無限大のチャンスを秘めており、短期的にも中期的にも長期的にも私達を大きく成長させる礎となります。今後もアジアパートナーシップファンドグループの非連続的な成長をお見せして参ります。

https://www.youtube.com/watch?v=-YpSPZ6xwIw&feature=youtu.be

この記事に

アジアパートナーシップファンドは国内だけでなく、海外でもよく知られているスポーツ選手や芸能人が利用していることでよく知られています。
CEOは此下益司氏と此下竜矢氏で、それぞれにアジア諸国の投資を行い、出資者に利益を還元すべく常に世界を飛び回っています。アジアパートナーシップファンドのような投資関係の業者はたくさんありますが、こちらは代表者が非常にストイックで自分自身でよい投資案件を探し回っていることもあり、出資者も納得した上で投資できる環境が整っています。

アジアは開発されつくしたと考えている人もいますが、実際にはタイやカンボジアなど、まだ発展する余地が十分に残っている国はたくさんあります。
こちらの代表者二名は実際に現地を確認したり、現場で直接交渉することによって、海外への投資を行っているほかの企業よりもより詳しい情報を手に入れたり、好条件で投資できる案件を見つけ出しています。

このようなストイックで投資家のことを良く考えた働きをしている代表者がトップにいるため、企業の従業員も非常にこまめに情報収集を行っており、初めてアジアに投資する人でも安心して出資できるようになっています。
資産運用に関してあまり知識がないという人でも、プランに応じて自分が決めた金額を出資すれば高配当の可能性が高い運用をしてもらえますので、株や債権などの資産運用に関する勉強をせずに資産を増やすことができる場合もあります。

この記事に

「アジアパートナーシップファンド 」という企業を運営する此下益司氏と此下竜矢氏は、他にも、様々な企業の展開における中心人物のひとりとして活動をしているようですね。そのうち、此下竜矢氏がCEOを務めていらっしゃる「昭和ホールディングス」という企業のグループ会社である「明日香食品事業会社」では、和菓子の製造・販売を主におこなっております。明日香食品事業会社でつくっているのは「高級な和菓子」ではなく、近所のスーパーや駅前のコンビニなどでよく見かける、私たちにも手が届くよう値段設定された「気軽な和菓子」をメインにしているようですね。・・・・などなど、明日香食品事業会社については、前回もテーマに添えたのですが、その際は、この企業の安全性を考慮した生産体制についてをリサーチし、考察したものを記事に致しました。今回は、「実際にどのような和菓子をつくっているのか」について個人的にとても興味があるため、そのあたりを調べて参りたいと思います。明日香食品事業会社では、大福、あんこ餅、わらび餅、団子、そして季節の和菓子など、通常の老舗和菓子店とはあまり差がないラインナップのように感じます。ホームページの写真を拝見致しましたが、とても美味しそうですね!私も今度、仕事帰りにコンビニやスーパーに寄ることがあれば、和菓子のコーナーで明日香食品事業会社のものかどうかチェックしてみるつもりです。それでは、これからも、アジアパートナーシップファンド の此下益司氏と此下竜矢氏の独自の活動をテーマに記事をかいていきますね。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事