全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全269ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今日の京都・宇治は朝から雨模様。
寒さは・・・この時期としてはこんなもんかな。

早速本題。
Twitterのハッシュタグ#私の作品もっと沢山の人に広がれ祭りで羊毛の作品の写真をUPした所、ここ数日間で沢山の方が見て下さって凄く反応が良くて。
っで気を良くして昔作ってたレジンキットの写真をUP。
その中に今はお星さまになってしまった亡き弟と合作した作品がありまして。
弟はメーカーのガチャガチャや食玩の原型(ロボットとか)を製作する様なほんまもんの原型師で自分の様な素人では無く。
その弟が自分が趣味で作ってるミニカーを見て「面白そうやから俺も作ってみよかなぁ。」って言ったのでホンマかいなぁって言いながら絵(三面図)を描いて渡したらホンマに着手しやがって。
弟は自分とは違って紙粘土を材料に盛ったり削ったり。
なのでシンメトリーにするのが難しいらしく何度もダメ出しして。
っで出来上がった原型から自分がシリコンゴムで型作ってキャスティング、塗装して仕上げたのがコレ。

イメージ 1


FIAT500チンクェチェントをモチーフにしております。
実はコレ、生産数が少なくて。
キットを沢山製作しても在庫を抱えるだけなのとその時あまり時間が無くて必要最小限しかキャスティングしなかったのです。
普通はキャスティングした物の中で一番良いものを宇治彩輪堂の歴史として永久保存するのですがそれも「また時間のある時に量産すればいいし、欲しいって言ってくださってる時にお譲りしよう。」って事で保存用すら現在は手元にありません。

っで、アトリエで昔の事色々思い出して懐かしいやら寂しいやらで。
そこでふっと思ったのです。
この形見の原型をもう一度世に出してやりたいと。
弟が主戦場にしていたワンフェスに連れて行って皆さんに見て頂きたいと。
Twitterで少しは反響もあるし欲しい方がいらっしゃるのでは無いかと。
ただ、ゴム型はもう古くて使えないだろうし、羊毛フェルトの方も受注があるので時間的余裕がない。
だったら抜き屋さんに出して品質の良い物を作ってもらえばと思いましたがアトリエ開所で資金を使い果たし全くお金が無い。
そして最後の手段として思いついたのがクラウドファンディングでの資金調達。
どうなんでしょう?
中々、厳しい話しか聞こえてこないので出資して下さる方がいらっしゃるのでしょうか?
TwitterやFacebookで拡散して頂けるのか?
目標金額は1ロット分のキャスティング代金とワンフェス出展の為の経費で大体17万円くらいかな。
リターンはキットと非売品のおまけか完成品を考えています。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


こんな感じで情報を集めようと思います。
わからない事だらけなのでアドバイスとかリターンのアイデアとか希望とか出資してやるよとかご意見聞かせて頂けますと幸いです。
宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年

今日の京都・宇治は微妙な天気。
っで、めちゃくちゃ寒いです。

明けましておめでとうございます。
旧年中は色々とお世話になり、有り難うございました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

2017年は皆さんにとってどの様な一年でしたでしょうか。?
私は眼の方が落ち着いたかと思えば今度は腎臓の機能低下で厳しい食事制限。相変わらず体調が不安定で闘病の日々でしたがコワーキングスペースなんてハイカラな所で仕事をする事になったり、そこで今まで通りに生活していたら絶対にご縁がなかったであろう方々と知り合えたり、念願だったアトリエも一応形になったり、京セラドームや幕張メッセ、インテックス大阪など初出展のイベントにも出展出来たりと良い事も沢山あった一年でした。

っと言う事で2017年の目標を振り返ってみると。
(1)食事療法、体調管理&眼の完治
 血糖値のコントロールはほぼ完璧に出来たけど塩分がねぇ・・・
 目は完治はしないようです。
(2)アトリエを持ってビジネスを軌道に乗せる
 何とかアトリエは持つ事が出来たけどビジネスとしてはまだまだ軌道にって感じではなく・・・
(3)出展した事の無いイベントに出展する
 これは結構出展出来たかな
(4)オーダーメイドの再開
 これは再開出来た
(5)3Dソフトの体得&3Dプリントに挑戦
 全然手付かず
(6)原型製作の再開
 これも全然出来なかった
(7)ワークショップ
 まぁやったけど全然足りない感じ

っと言う事で達成率は60%くらいかなぁ。
そこで2018年の目標はアトリエの運営と作品製作を安定させてビジネスとして成り立たせる。3Dソフトの習得など技術的な向上を目指し必要であれば講習会などにも積極的に参加する。車いす安全整備士検定試験の合格を目指す。
それと・・・去年は本当に沢山の方々との出会いがありました。そこで思った事。よく「縁が無い」って言うけどそれは縁が無いのではなくて自分がご縁だと思って無いだけって事なのだと。だからどんな小さいご縁でも大切する。
アトリエ開所時には沢山のご協力を頂いてここまで来れました。これもご縁があったからこそ。そのお返しが出来る様に今年一年、頑張ります。

PS 
「後、もう一つ今年中にやりたい事。ライダーに復帰してバイクで旅に出たい。」って書いてたけどこれも達成出来なかった。先ずは収入が安定しないと無理かなぁ。

この記事に

開く コメント(0)

今日の京都は晴れ時々曇り。

比較的良いお天気でした。



2017年も残す所後2日。


今年も色々ありまして全く年末らしい事はしてなくて。

ここ数年、年末に年越しや年始の準備は全くしてないので気分的には何時もと全く変わりがありません。

遂に年賀状の用意も出来て無いと言う酷いありさまです。



さて本題。

やっとアトリエの準備も出来ましたのでここら辺でオーダーメイドのリクエスト受付を再開しようと思います。

受付期間は2018年1月2日より1月16日とします。

この期間内にリクエスト頂いた分については見積もりや製作可能かな ど随時個別にご返答致します。

メールにて対応となりますので先ずはメールアドレスを内緒のコメントで送って下さいます様、お願い申し上げます。

また、FacebookのメッセージやTwitterのDMでも大丈夫です。

一応リクエストについてザックリまとめておりますのでこちら製作のご依頼はを御熟読頂きます様、お願い申し上げます。

では、宜しくお願い申し上げます。<m(__)m>

この記事に

開く コメント(0)

製作のご依頼は

2017年11月3日、アトリエ 道具箱をオープン致しました。
近々、受注を開始致しますのでオーダーメイドについてご説明致します。

当方ではオーダーメイドはリクエストと言う形でお伺いしております。
宇治彩輪堂の言うリクエストとは
 1.納期の指定は出来ません
 2.案件毎に個別見積もりします。
   見積もりにご納得頂けましたら当方都合の良い順番で着手。
 3.完成品を見て頂いて出来栄えにご納得頂ければ納品
   売買不成立の場合、作品は宇治彩輪堂の完成見本となりますので着手金などは一切発生しません
こんな感じです。
リクエストの受付は一定期間(2週間程度)を設けて受け付けます。
受け付け開始日は当ブログ、Twitter、Facebookでお知らせします。
期間中に受け付けた分のリクエストについては順次お見積もりを致します。
見積もり後は一定期間を設けお返事をお待ちします。
製作のお返事を頂きました分は当方が効率良く作業出来る順番で進めさせて頂きます。従いまして受注順ではありません。
製作に着手する前には確認のご連絡を差し上げます。そのタイミングでキャンセルして頂いても結構です。

リクエストに関してはこんな所です。

後、製作に当たって大変重要な事が御座います。
製作対象の資料が無い事には如何する事も出来ません。
そこで基本的に実車を取材させて頂いております。
何故取材が必要か、それはご注文頂いた対象の車両を出来るだけ細部まで再現する為です。
例えばオーナー様がモディファイされた箇所なども再現出来た方が楽しいでしょう。
マフラーとかステッカーとかホイールとか他とは違うこだわりの部分が再現されていた方が愛着が沸くと思います。
そう言う事が出来るのがオーダーメイドのいい所ですね。
資料の量が作品の出来栄えに比例します。
ネットで入手出来る写真には限界があって細部の把握が出来ない事が多々あります。
通常、150から200カットほど実車を撮影させて頂きます。
それと同時に材料の色見本を持参致しますのでそこでご依頼主様と相談しながらボディカラーなど決定します。


そう言う理由から基本的には実車を取材させて頂きます。
高雄サンデーミーティングに参加して頂ければその場で取材させて頂きます。
その他ミーティングやイベントでも可能であれば宇治彩輪堂が取材に出掛けます。
ウチの近く(近畿圏)でしたらガレージにお伺いする事も可能です。
(但し、取材に必要な有料道路通行費等の経費が別途必要となります。)
またアポ頂ければアトリエの方でも取材させて頂けます。

但し基本的には取材が出来るのがベストですが遠方では無理ですので写真を送って頂く事が可能であればリクエスト頂けます。その場合は取材した車両の様に出来ないかもしれませんが。
立体で見た場合と写真では頭の中に出来るイメージが違うんです。
ボディーのプレスラインやダクトのヘッコミ具合、ガラス面の湾曲具合とか、写真では判らない場合が多いです。
その場合はミニカーやプラモデルなんかも参考にしますが、そのミニカーが間違ってる場合も多々ありまして・・・。(^^;)
それでも良ければと言う感じです。
お受け出来るモノは主力のデフォルメカー、1/12スケールのリアルモデル、ジオラマ、ねこ、野鳥等、宇治彩輪堂が作れるモノは何でも作ります。
上記以外でも大きいのが欲しい、小さい方が良い、ストラップにして欲しいとかオーダーですから柔軟に対応させて頂きます。

料金はその都度、お見積もりさせて頂きます。
大体ですが全長65mmから90mmくらいのデフォルメカーで3.5諭吉から。
1/12スケールですと4.5諭吉からとなります。
製作時間が30時間以上掛かりますのでこの価格設定となります。
ちなみに40時間くらい掛かった作品もあります。
手作りの作業を体験された事のある方は宇治彩輪堂の価格設定を安く思って頂けると思います。 高いと言われる方は・・・おそらく人件費の安い某国で大量生産されたミニカーなんかと比較されての事だと思います。
彩輪堂の生み出すモノは手作り一品モノの作品です。量産工業製品ではありません。
その当りを理解して頂ければ幸いです。
ジオラマは10mm×10mmが25円からですが大きくなれば計算上高くなりますので割り引きます。
ネコやトリはポーズや仕上げによって工数がかなり違いますので完全個別お見積もり。
その他、材料を特別に仕入れる場合など別途費用が掛かる場合があります。
羊毛フェルトは羊毛を絡ませて立体にします。
絡ませるだけなので強度的には強い物ではありません。
ぬいぐるみの様に扱うとタイヤやミラーなどがとれますし毛玉が出来ます。
触って遊ぶ事は基本的に出来ないと思って下さい。
デリケートな物なのでディスプレイ用だと思って下さい。
子供のおもちゃではありません。
羊毛フェルトの作品には材料の性質上不得意なものがあります。強度が出ないので肉厚の薄い羽の様な形状や棒状のスイングアームの様なものです。こういう形状は出来なくはありませんが非常にデリケートなモノになります。取り扱いはプラモデルの完成品以上に繊細ですのでご理解下さい。またオープンカーのご依頼も頂きますがフロントセクションとリアセクションを作ってコクピットで繋ぐ様な作り方をしますので手間が2台分必要になります。従いまして見積もりも2台分になりますのでご了承ください。
また羊毛細工の講習会もご希望があれば開催致します。
アトリエに来て頂けましたら基本的には何時でもワークショップを開催します。
個人レッスンや少人数のグループレッスンなど時間や内容や費用等、柔軟に対応致します。
別途交通費を頂けましたら日本全国どこにでも出張致します。

お話が戻りますがなぜリクエストと言う形にさせて頂いているのか。
私事ではありますが現状をご理解頂きたくご説明致します。
当方、2014年夏頃から糖尿病の合併症が悪化し入退院を繰り返しております。現在も良くなる事は無く経過観察とこれ以上悪くならない為の治療で通院中です。具体的には2014年9月に血糖値のコントロールと各種検査で入院。その後、眼のレーザー治療で通院しましたが2015年1月に底眼出血を起こし右眼が全く見えなくなり、黄斑浮腫と言う網膜症と白内障と眼底出血の治療の為の手術で入院。2015年6月、次は左眼の黄斑浮腫と白内障手術の為に入院手術。2016年12月、今度は両眼、緑内障で入院手術。両手両足は神経障害で痺れていて感覚が鈍くなっています。腎機能も少しづつ低下し1年から2年後には人工透析が必要になる診断をいただい
ております。っと言う事で糖尿病三大合併症フルコースです。おまけに母が認知症で介護が必要な状況です。
病状は刻々と変化しています。
っと言う事情で受注をお受けしても体調の事や家族の事で創作活動を続ける事が出来なくなるかもしれません。お約束通りの仕事が出来なくなるかも知れないのです。
受注を受けると言う事は約束ですから不安のある状態で約束は出来ないのです。
こう言った事情にご理解頂けましたら幸いです。

話が長くなりましたがご不明な点やご質問等ありましたらお問い合わせ下さい。
リクエストに関しては基本的にメールでのやり取りとなりますので当ブログに内緒のコメントでメールアドレスを送って頂けましたら返信させて頂きます。
FacebookやTwitterのDM機能を使って頂いても結構です。

この記事に

開く コメント(0)

アトリエ

今日の京都・宇治は曇り。
真夏の暑さも終わり秋の気配がして来た今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
またまた久しぶりの更新です。

では早速本題。
私事ではありますがお知らせがあります。
やっと本契約も終わり公表致します。
10月1日から京都駅の西側、八条大宮にありますシェアアトリエ「SOSAK KYOTO」のA号室に念願のアトリエをオープンする事になりました。
https://sosakkyoto.localinfo.jp/
最初の2週間くらいで工事や道具の搬入をして10月中頃から徐々に稼働、11月3日に正式オープン予定です。

「SOSAK KYOTO」はセキュリティの問題もあり対外的には誰でも出入り出来る施設では無い事になっております。
でも当方のお客様であれば入館頂く事は可能です。
お立ち寄り下さいます時は事前にアポイントメント下さいませ。

当アトリエでは放課後の美術部部室の様にワイワイやりながらモノ作りを楽しんで頂ける様にしたいと思っております。
定期的にワークショップを開催致します。
当方で集めました道具を使って頂けます。
技術的な事もご相談下さい。
ハンドメイドではありませんが3Dプリンターやカッティングプロッタ、コンピューターミシン、コンプレッサーやハンドピースなども常設します。
活用して頂ければと思います。

運営ルールや料金などまだ検討中です。
宇治彩輪堂はブランド名として今後変わりませんがアトリエの名前は別に用意します。
(これもまだ決まってません。^_^;)
年内はお試し期間的な運用になります。
後、オープニングパーティー的な事も企画しておりますので良かったらご参加下さいね。

今後の予定などは決まり次第UP致します。
っと言う事でまだまだ流動的ですが宜しくお願い申し上げます。m(__)m

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全269ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事