ここから本文です
「さまよえる泉州人」のブログ
アレも阪和線、コレも阪和線。みぃ〜んな阪和線!時々貨物・・・なブログです。どうぞお見知りおきを。

書庫全体表示

パンダ、白くなる?

皆さん、おはようございます。
「早起きは三本の得!」(なんか大昔にも書いたような・・・?)とばかりに早朝から撮影記をアップしている、寝不足と花粉症?(この歳になって今更感満載・・・)らしき症状で目がかゆい「さまよえる泉州人」です。

今回は先ほどの続き、といっても昼間の部をすっ飛ばして先に夕刻の撮影記から。

すっ飛ばした昼の部とは、昭和末年(つまり”平成世代”ではないんです!)の新車配属以来の阪和線という長年の住処を離れて、今般のダイヤ改正から新天地での活躍を始めた奈良区の205系1000番台撮影だったんですが、その帰り道。
この日はパンダ「京都くろしお」運用に入っていたものですから、それを帰宅の道すがら撮影しようと思ってぶらり桂川駅に向かったわけです。
で、京都送り込みのためお昼寝場所の京総(って、今は言いませんね・・・)を出て向日町ー梅小路もとい京都(タ)間の連絡線を走る姿を狙ってたわけなんですが、その連絡線を1045M「はるか45号」の通過後しばらくののち、やがて遠方に眩い光芒が。
「来た、来た!」
ところがその姿をハッキリ認識出来るところまで近づいてきた時、なにか強烈な?違和感。「なにかが違う、なにかが・・・」☟



イメージ 1
回2073M?
HC631+HC605
2018.4.13
向日町ー京都(タ)

「うぎゃぁ、差し替えられ
てる〜!」
いえいえ単なる早やとち
り、なんとパンダ単独で
はなく、付属編成が引っ
付いていたのでした!
まさに「あちゃ〜!」な出
来事、勘弁してください
な・・・。















もうこうなったら意地です。当初6連のつもりだったので、どっか手近な場所(とある場所です・・・笑)で撮ればいいや、ぐらいにしか考えてなかったんですが、急遽予定を変更!

ほぼフル装備を担いでの出動だったので、「後ろにオマケが付いて、こんな長いんやったら」と即座に脳裏に浮かんだのはあの場所!☟


イメージ 2
 2073M「くろしお23号」
 HC605+HC631
 2018.4.13
 山崎−島本

 アホですねぇ〜!
 リベンジの場所がココだ
 なんて・・・。
 ただ通過時刻が夕方6時
 前。この季節だと明るさ
 が残っていて、なおかつ
 変な線影が写り込まない
 陰となるのでむしろ好都
 合!
 遅まきながら、やっと此
 処でパンダをゲットしま
 した。
 これからのシーズンは日
 が長くなっていくので、
 むしろ撮りにくくなるか
 もしれませんね。
 なにはともあれ、めでた
 しめでたし・・・。







と、このあとさっさと帰宅するべく御片付けをしていたんですが、下を向いていた小生の耳をつんざかんばかりの警笛が頭上に!
「何事か?」と見上げた小生の目に飛び込んできたのは、なんと!「トワイライトエクスプレス瑞風」!!
またもや「あちゃ〜」な瞬間、「やってもうたクン」でした・・・(悲)
ところがどうもおかしい・・・。踏切を塞いだままピクリとも動きません。
「このままでは帰れんやんけ!」と焦るものの、一向に動く気配なし。
そんな時でもいるんですねぇ・・・。コンデジやスマホでここぞとばかりに道端から瑞風を一輌ずつ撮影してる人が。
10分あまりの時間が過ぎたでしょうか?やがて確認が終わったのか、ゆっくりと動き出し大阪方に向かって走り去っていきました。
踏切を渡った場所にいらしたJRの職員さんにチョろっと伺うと、どうもサントリカーブ、あのマンションの前あたりで線路に人が立ち入った為、緊急停車。確認作業を行っていたとの事。
はたしてそれが「鉄」だったのかどうか知る由もありませんが、トンデモナイ迷惑かつ危険行為!!!絶対に許されません。
ただでさえこの界隈では大昔からこのような危険行為が時折見られ、事件ともなってきました。
私達自身、自戒の意味を込めてこのような事態が起こらぬよう心掛けて行かなければいませんね。

以上、いかがだったでしょうか?
阪和線から103系が引退してからというもの、沿線で撮影する人の姿をめっきり見かけなくなってしまいましたが、小生とその友人の方々はまだまだ頑張ってますぞぉ〜!
すっ飛ばしてしまったお昼の部は、またあらためて。
あぁ、こうしてまたドンドンたまっていくんやなぁ〜。ヤバし!
てなわけで、今回はこんなところで。
ではまた。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事