ここから本文です
「さまよえる泉州人」のブログ
アレも阪和線、コレも阪和線。みぃ〜んな阪和線!時々貨物・・・なブログです。どうぞお見知りおきを。

書庫全体表示

205系 こぼれ話

皆さん、こんばんわ。
今日、一昨日の撮影記アップで205系の記事を書いていて、ふと昨年夏に東北本線で見かけた(さらに言えば乗車した!)、JR東日本の205系を思い出してしまった「さまよえる泉州人」です・・・(汗)
昨夏のお盆期間に茨城・福島などを訪れ、その際に偶然「カシオペア」に出逢い、初めて撮影することができた顛末は、そのあと当ブログ(こちら)にアップいたしましたが、その時にバッタリ出会ったのが☟、


イメージ 1
668M Y12  2017.8.12 黒磯
この日、日立から常磐線をバス代行区間も含めて乗り継いで北上。岩沼からは一転、東北本線を乗り継ぎしながら南下して、郡山にて小休止。
ホームからタキ1000タキ43000等をガシャガシャ撮影後、再び南下開始。
黒磯で小生を待っていたのが、☝にアップしたY12編成だった、というわけです。
小山には205系600番台の4連が計12本、宇都宮線・日光線兼用の湘南カラー帯車に限っても8本配属されていますが、そのうちの2本、Y11Y12が205系と言われてすぐピンとくるこのお顔の持ち主です。(あとは京葉オリジナルフェイス改)
見かけた時になんとなく親近感が湧き、乗り継ぎ時間は僅かだったものの、ついつい撮っちゃいました。

このY12ともう一本のY11。当然ながらJR化後の新製車(埼京線用)ですので、日根野区にいる、阪和線でもお馴染みのHI編成(国鉄末期に落成)の後輩であることは明瞭なんですが、さらに突っ込むとすれば、昭和末年、JR化直後に新製された阪和線オリジナル1000番台よりも後輩!なんですね・・・。(1990年つまり平成2年製の平成っ子!)

この時は、このY12・668Mで南下中、沿線で上野方に向かってカメラを構えている撮影者達を車中から目撃!何が来るかもわからぬまま蒲須坂で慌てて下車、そこで「カシオペア」をゲットしたわけなんですが、そのあとがまだありまして、撮影後に蒲須坂から乗車した672Mがナント!もう一本のY11だったのでした。
宇都宮線で活躍する205系8本中の2本どちらにも乗車したというのは、偶然とは言え凄すぎません?
惜しむらくは、なんでこの時Y11も撮っておかなかったんだ!という事です。
いやなに、阪和線とは縁もゆかりもない関東の205系にはあまり興味が惹かれなかっただけなんですけどね・・・。

以上、ちょっと思い出した205系のスピンオフ(でもないか・・・)話、いかがだったでしょうか?
まあこんな話題が持ち出せるのもめったに無いんで・・・。
与太話、お付き合いいただきありがとうございました。
今回はこんなところで。
ではまた。


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事