ここから本文です
「さまよえる泉州人」のブログ
アレも阪和線、コレも阪和線。みぃ〜んな阪和線!時々貨物・・・なブログです。どうぞお見知りおきを。

書庫全体表示

皆さん、こんばんわ。
いつもより少し長いお盆休暇、いかがお過ごしでしょうか?
「お盆休みなんか、無いわい!(怒)」という方には大変申し訳ないのですが、6連休・折り返し地点4日目をただただ何事もなさず、ボーッと過ごしている「さまよえる泉州人」です。
いえ、前半3日間はなかなかハードなスケジュールだったんですよ、これが。

初日11日は、先月15・16日に続いて今回も、なにかお手伝い出来ることがあればと、倉敷市真備地区を訪ねてまいりました。
メディアなどで報じられているように、水道・電気などライフラインの復旧も少なからず進み、また幹線道路沿いや井原鉄道高架下などに延々と堆く積まれていた様々な被災物等も撤去されたように見えますが、それはあくまで表通りのこと。
一歩中に進めば、まだまだ道半ば或いは全くの手つかず、といった状態が今なお繰り広げられていました。
復旧への道のりが長期化する中で、この真備に限らず全国の被災された方々の御苦労と心身共の疲労は如何ばかりかと思わずにはいられません。
あらためて、亡くなられたのご冥福をお祈りいたしますと共に、被災された皆様方に対しましてお見舞い申し上げます。
また各地で復旧に尽力されていらっしゃる各種団体の職員の方たち、或いはボランティア活動をなさっている皆様、どうぞこの酷暑のさなかお身体御自愛くださいませ。

今回は色んなスケージュールが重なり、一日限りのお手伝いとなってしまいましたが、その11日。真備を離れたあと次に向かったのが、島根県松江市
小生、20歳から18年にわたって日々を過ごした「第三の故郷」(一体何コ”故郷”があるねん!とお叱りを受けそうですが・・・汗)でもあります、彼の地。
その松江時代に喜怒哀楽を共に過ごした、友人夫妻とその娘さんと久しぶりに会って飲み語ろうとやってまいりました。
松江を訪れるのも7年ぶりのこと。残念ながら他の友人達とはスケージュールが合わず、会うことがかないませんでしたが、それでも実に心地よい一夜を存分に味わい、昼夜ともに充実した休暇初日となりました。

で、これでは”鉄活”とはな〜んにも結びつかんやないか?といぶかしがられても仕方ありませんが、そこはそれ。そんなあっさりした旅程で終わるはずがあるわけないじゃないですか!エヘン!!
ちゃんと2日目は他の所要をこなしながら、”鉄活”もしてまいりました(笑)

例によって朝は早くに目が覚める、ましてや旅先。4時半には酔い覚ましのシャワーを浴び、5時20分にはチェックアウトして、クルマを国道9号線さらに180号線と走らせ南下。
「もう帰るんかい?」
いえいえ向かったのは伯備線上石見−下石見(信)です。
前日、倉敷から松江に向かう際にも通った際に目星をつけた何カ所かを、この日は実際にロケハン。その間にやってきた普電や381系「やくも」を撮影しながら、お目当てを待ちます。
それにしても上り貨物がやってくるとは思ってもいなく、撮り逃がしたのが残念!
で、最終的に選んだ場所で撮影したお目当ての列車がコチラ☟



イメージ 1
 4031M「サンライズ出雲」
 2018.8.12
 上石見−下石見(信)

 「もっと他に有名撮影ポ
 イントもあろうに・・・」
 と皆さん、思ったでしょ
 う!
 いや、それも考えたんで
 すけどね。
 この道沿いのSカーブ、
 「これやったら7輌でも
 くねってくれるやろ!」
 と欲を出してしまいまし
 た・・・。
 結果はごらんのとおり。
 7輌ではまだ短かったよ
 うです。
 次は上り貨物で狙ってみ
 よーっと!(何時になる
 ことやら・・・)









この後はまたまた松江に引き返し。買い物をしたり、私用を済ませたり、久しぶりの松江市内をぐるぐる回ったり(歩き、ではなくクルマで!ですが・・・)。
13年前、松江を離れた時とは随分変わっていたり、あるいはほとんど変わらず、なんとも懐かしかったり。
短い時間は「あっ!と」いう間に過ぎ去り、この日のお目当てPart2の時刻が近づいてきます。
向かったのは、宍道湖中海を結ぶ大橋川流域
まずは写真☟を御覧じあれ。(拡大してやってください)


イメージ 3
9011M「サンライズ出雲91号」  2018.8.12 東松江−松江
この日はお正月・GWそしてお盆期間恒例の「サンライズ出雲91号」の運転日!
この3時間ほど前に走る定期列車だと、逆光がキツくて撮りづらいのですが、この91号だと陽も少し回り込んで、なんとか狙えます。
「宍道湖」「中海」にと、湖や河川とのコラボがイメージに浮かんできますが、実際には山陰本線、案外湖水から離れた南手を走ったり、国道9号線などの道路や家々などに遮られたりするために、コラボしにくいんですね。
非電化区間だと海岸線がいくつも思い浮かびますが、電化区間を走る「サンライズ出雲」ではそうもいかず・・・。
というわけで、一応18年間住んでいた地の利を活かして、こうやって狙ってみたんですが、いかがでしょうか?
左手の小さな森は、大橋川に浮かぶ小島で、手間天神社という小さな社があり「少彦名命」が祀られています。
それにしてもつくづく思うのは、実際に住んでいた時にはアタマの隅にも思い浮かばなかったアングルが、今更のように浮かんでくるとはなんとも皮肉なもんです・・・。

この撮影のあとは、境港に移動。途中、大根島さらに江島から境港に渡るわけですが、小生が住んでいた頃はまだ中海干拓の是非で揺れていた頃でして、離れる少し前に干拓中止の決定がなされて中浦水門が常時開門されるようにはなりましたが、撤去はまだ行われず。
その後、水門の北側に江島から境港に渡る橋が架けられ(計画は随分以前からあったそうな・・・)、クルマなどの通行もそちらに。
これが小生が松江を離れる一年前に供用開始された「江島大橋」
そう!あのダイハツ・TantoのCMで”ベタ踏み坂”として大きな話題となり、一躍有名にたあの橋梁です。
まあ、あの橋があんなに有名になるなんて、出来た当時はおろか7年前にまた通りかかった時には思いもよりませんでしたね・・・。
橋の江島側少し行ったところにはコンビニや飲食店で出来ていて、「江島大橋」を撮影する人たちがかなり大勢いたのは、ちょっとした驚きでした。
あっ、ちなみにものの本によると、上の「サンライズ出雲91号」を撮影した場所の少し下流側にある「中海大橋」のほうが「江島大橋」よりも勾配がキツいんだそうです。
もっともしょっちゅう通行していた利用者からしてみれば、そんな細かい事気にもしませんでしたが・・・(笑)

境港ではまだ松江に住んでいた当時に亡くなった友人の家を訪ね、お墓参りをしてまいりました。
そのあと向かったのが、境港駅
水木しげるロード・リニューアル鬼太郎列車リニューアルを見るために行ったんですが、行く時期が悪すぎました。
お盆休暇を利用して、全国津々浦々?から訪れるお子様連れの家族が溢れんばかり!
これには恐れをなしてしまいました。この顛末は別記事で。

この日も着実に目的を果たし、最後は安来市の足立美術館そばにあるしらさぎ温泉にゆっくり浸かって、疲れを癒し。
第三の目的をこなすべく、勝手知った裏道?を縦横無尽?に駆け抜け、日野町根雨で国道181号線に合流。
181号線から179号線さらには途中から373号線・2号線と、ひたすら夜道を走行。
それでも夜中1時前頃、山陽本線竜野駅近くであえなくダウン!
大型トラックも多数停まれるとあるコンビニで買い物をして、片隅で爆睡してしまいました・・・(滝汗)

3時間ほどまどろんだ後、再びクルマを走らせ着いたのが東姫路駅東側の市川橋梁西岸。
こんな夜明け時間帯になにを企んでいたかというと、コレ☟です。


イメージ 2
5031M「サンライズ瀬戸・出雲」  2018.8.13 御着−東姫路
こんな時でもなければ、まあこんなところで「サンライズ」を撮影することもありますまい・・・。
まさしくサンライズタイム!この日はあいにく雲が多く、雲の隙間から日が射し込む程度でしたが、それでも先頭車輌が曙光に輝く姿は、実に列車名に相応しくカッコイイものでした。
逆に悔やまれるのは、事前に時刻表とにらめっこしていた時から気になっていた、上り2番電車・704M
「サンライズ」の姫路到着が5:25、一方704Mの東姫路発車が5:22。
吉と出るか凶と出るか?
大阪方で鳴る踏切の音が聴こえ、「サンライズ」の轟音があたりに響いた時は「やったー!」と思ったんですが、思ったより「サンライズ」の姿が東岸に現れるまで時間がかかり、その間に音もなく背後から東姫路を発車した704Mが!
「被られるか?それとも抜け切るか?抜け切るかー?」
結果はむなしくお尻を齧られてしまいました。
しかも単焦点135mmF2でアングルを決め、14輌でバランスが取れるような立ち位置で構えていたもんですから、融通が利かず、704Mの先頭までが画面からはみ出してしまう始末・・・。
なんとも悲しい結末でした・・・(大泣)

このあとは気を取り直して、第4の目的(まだあるんかい!)の為、またまた東に。
お盆休暇にもかかわらず平日ダイヤで運行してくれる和田岬線へとひた走り。
それも果たした後、ようやっとお昼ごろに自宅にたどり着きましたとさ、チャンチャン!

以上、いかがだったでしょうか?
もう今日は一日疲れが抜けきらず、非鉄となりましたが、明日明後日はまたご近所さんでちょろちょろっと”鉄活”しているかもしれません。
とりあえず、今回はこんなところで。
ではまた。



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事