ここから本文です
「さまよえる泉州人」のブログ
アレも阪和線、コレも阪和線。みぃ〜んな阪和線!時々貨物・・・なブログです。どうぞお見知りおきを。

書庫全体表示

記事検索
検索

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

SEVENTH HEAVEN

皆さん、こんばんわ。大変ご無沙汰いたしております・・・(滝汗)
前回のアップから、立春どころか今日は早くも春分・・・。季節は容赦なく駆け抜けていくものですね。
春の嵐と共に舞い戻ってきた?「さまよえる泉州人」です。
小生、年が明けてこの2月ぐらいから以前にも増して体調不良を感じるようになりました。といっても、どうも以前とはまた全く違う?症状でして。
端的に申しますと診断結果は前立腺に関わるモノでして、まあ幸い今回は「がん検診」では引っかからなかったのがせめてもの救いでしょうか。
仕事はそのまま就いておりますが、体力が続かなかったり、都度感じる痛みを庇って変な姿勢をとったが故に起こる各部への負担。
また以前と違って睡眠時間が随分長くなったものの(休みの日などは昼から寝てばっかりです・・・嘆)、疲れが取れず、悪循環に陥ってる次第。
いやぁ、歳は取りたくないものですね・・・。
そんな具合なものですから鉄分補給も、日祭日あるいは月休も含めて2週間に一度の通院の前に、自宅近辺から和歌山北部の限られた場所でチョロチョロっと行うのみな状態が続いております。(それでも行くんや・・・)
皆さんもくれぐれもお身体、御自愛なさってくださいまし。

そんなこんなで昨年来の公約?、”HK604最後の日々”特集もアップしないまま随分と時間が流れてしまいましたが、またしても公約は後回しにして(☜オイッ!!)、今回は和歌山線・桜井線そして紀勢線のニューフェイス「227系1000番台」を取り上げてみました。

今回の2019.3.16ダイヤ改正、いざ蓋を開けてみれば、事前の予測をことごとく覆し?(小生が勝手に思っていただけかも・・・)、奈良線の103系も細々ながらも生き残り、また森ノ宮区の201系も桜島線がらみの運用3本は当面続くようで(まあコチラはUSJラッピングの契約満了までのような気がしますが)、小生の界隈での大きな動きと言えばおおさか東線の全線開業と和歌山線・紀勢線からの117系撤退、そしてこれを置き換える形で導入された227系1000番台の登場!といった具合でしょうか。

その227系1000番台については、各種プレスあるいは皆さんの多岐にわたる御報告がありますから、詳細はおいといて、改正2日目だった先日17日日曜日、そしてたまたま月休だった昨日20日、さらに今朝の3日間で早速撮影してきた分を以下☟にアップしてみますので、よろしければご覧くださいませ。



イメージ 1
1425M A302+A312
SR01+SR02
2019.3.17
西笠田

今年に入って”大ハマリ”し
ている、西笠田界隈。
105系117系もそれなり
に撮影したこの界隈で、小
生にとっての227系1000
番台・和歌山線営業列車初
撮影もここで!という事で
狙ったがこのカット☞。
小生お気に入りの西笠田駅
進入アングルです。














イメージ 2
 1425M A302+A312
 SR01+SR02(後追い)
 2019.3.17
 西笠田

 で、当然ながら振り返っ
 て駅出発をお見送り。
 日の出直後の光を浴びて
 茜色に輝く姿。ひときわ
 カッコよく感じられます
 な。



















イメージ 3
430M A313+A303 SD02+SD01  2019.3.17 名手−西笠田
西笠田といえばやはりココ。川の水流は思ったほどではなかったですが、せっかくなのでやっぱり一枚、とばかりにこ〜んな感じで狙ってみましたが如何?

このすぐ後にやってくる1429Mは攻めあぐねて失敗!この後は105系を各所数本撮影して撤収となりました。

日改めて、昨日は改正後初平日休み。
例年だと日がな一日、阪和線の運用調査に明け暮れるところですが、今年は病院への通院予約という事もあって、運用調査は後日に先送り。
今回は予約時間までの間、17日日曜日に引き続き和歌山線へとお出かけです。
本命は105系4連での「快速 和歌山」撮影。
なにせおめあての4427Mときたら、平日のみの運転しかも五条発5:56、粉河着6:49
の早朝運転!(粉河からは4427Mと1427Mに分割、2連となりますので・・・)
「快速」幕、2連ではポツリポツリと撮ってはいたものの、4連の撮影はあまり関心がなかった事もあって未撮影だったものですから、この際にと思い直しての撮影行です。
ところが前日の雨から一転、お天気が回復したのは良かったものの、和歌山線沿線すなわち紀ノ川流域は早朝から濃い霧に包まれ、視界の悪い事悪い事!(泣)撮影どころではない有様・・・。
目的地だった名手−粉河間のストレートも逆光ポイントということも相まって、散々です。
結局、本命の4427M「快速」こそ(今一つながら)なんとかモノにしたものの、その前の1425Mは不戦敗。
続いての430Mは以下☟のような具合で撮れたわけですが、


イメージ 4
430M A313+A303 SD04+SD03  2019.3.20 粉河−名手
ご覧の通り、風に流され少し霧が弱まったタイミングでやって来てくれたおかげで撮影出来ました。
もう周囲は濃い霧でボヤぁ〜っとした光景。4輌編成と短いにもかかわらず、列車の後方も霞んで見えます。

直後にやってきた下り1429Mはというと、たださえ逆光アングルな上に霧で陽光が拡散され撮影してみたものの完全なお手上げ状態。
順光側の後追いは?と言えば、


イメージ 5
1429M A304+A314 SD05+SD06(後追い)  2019.3.20 名手−粉河
430Mの時よりさらに霧は弱まってきましたが、霧の流れていった粉河方はまだまだ霞んだままのようです。
(430Mと立ち位置や撮影焦点距離が違います)

「こら、あかんわ!」ということで移動。上の写真にも少し写り込んでいる、京奈和道への連絡道に向かいました。
クルマを離れた場所に停め(駐車可能な場所がちゃんとあります)、脚立を担いでエッチラオッチラ。これが今の小生には結構堪えるんですね。(だったら撮影なんかに出かけなければいいのに・・・)
この連絡道、和歌山線を跨ぐわけですが、おあつらえ向きに?粉河方には立派な歩道が設けられているため、安心して?撮影出来ます。というわけで、改正前平日限定で117系A111運用として運行されていた1435Mを狙うつもりでやってきたんですが、お試しのつもりで待ち構えていた1433Mを見てビックリ!
227系2連でやってきたじゃないですか!☟


イメージ 6
1433M A301
SD07
2019.3.20
名手−粉河

朝一の1428Mの五条到着
が早められたのは、どう
やらこの為、即ち1433M
と1435Mの運用を入れ替る目的だったようですね。
1433Mはもともと土休日
105系2連ですし、橋本
界隈の通学事情を勘案する
と2連で充分と判断したの
かもしれません。
(要は117系4連だと輸送
力過剰だった、ということ
でしょう)
このあとの1435M・105系
4連に後ろ髪を引かれつつ
病院に向かう為、この日は
これで撤収です。







その昨日は病院の後は大阪市内に出て、夕陽が丘にあるお寺にお彼岸のお墓参り。
今日21日は雨予報だったので、昨日中にお墓参りを済ませ、今日はゆっくり自宅で休養・・・。な、わけではありませんでした。
昨日は帰宅後夕刻もそして夕食後もくたびれ果てて寝てばかり。
そのせいで?今朝は4時半起きです。
幸い?風は強いものの雨はほとんど降っておらず、「では!」とばかりにまたぞろお出かけ(滝汗)
今日も飽きもせず、西笠田詣りと洒落込みました。(いやぁ、京奈和道サマサマです・・・笑)

閑話休題。

巷ではすでに話題となっていますが、このダイヤ改正で105系の運用番号表示に300番台が登場しているのは、皆さんもご存知かと思います。
今年秋の全面置き換えまでに段階的に227系1000番台が投入されていくのは、公式にもアナウンスされておりますが、その途中段階での置換予定がこの運用番号300番台だと専らの観測なのは、既投入の227系1000番台の運用番号が300番台なのをみても明らかですね。
それはさておき、平日の117系朝のA111運用が一部運用列車変更を伴いながら、227系1000番台2連に置き換えられたのを見て、情報に疎い小生は「休日限定の105系M82運用・1428Mもひょっとしたら227系1000番台に置き換わってるかも・・・」と思い、名手−粉河間を走行中に追いつき、寺前踏切で出会った1428Mを見てガックリ。
105系のまま変わらず、でした。ただよ〜く見てみると、クハ側が”22”、クモハ側が”M22”の表示!
ネットなどにアップされてる写真、小生が見た範囲では”M”表示の300番台は見かけなかったので、これはしめしめ!
撮影順序が前後しますが、こんな感じでした☟


イメージ 7
1433M A322?
SW013?
2019.3.21
西笠田−名手

「編成番号ぐらいちゃんと
控えておけよ〜!」
ハイ、ごめんなさい・・・。
反省してます。
つうか、SW010以外の10
5系の編成番号。
まったく頭に入らず、せっ
かく撮影してもチェック漏
れ続出なのがバレバレです
ね・・・。














さてさて本題に戻りまして、今朝の本命。実は227系1000番台ではなく、SW010先頭の432Mだったんです。
まあその写真はいずれ?アップするとして、今回は今朝の227系1000番台撮影成果からに絞っておきましょう。
1番最初にやってきた1425Mは曇天模様の暗さに加え、見事に?ハイビーム攻撃を喰らってお手上げ状態。ということで次にやってきた430Mを撮ったのがコチラ☟


イメージ 8
 430M A313+A303
 SR02+SD07
 2019.3.21
 名手−西笠田

 穴伏川橋梁を渡りカーブ
 を駆けてくるところを狙
 ってみました。
 このアングル、117系
 も撮っておけば良かった
 ・・・(悔)
 SD編成SR編成による
 4連、小生は初お目見え
 でした。
















イメージ 9
1429M A304+A314 SD03+SD04  2019.3.21 西笠田−名手
17日日曜日は西笠田側から撮影したので、今度は名手側から。
水量の多い時にも狙ってみたいけど、増水はやっぱ怖いしなぁ〜。あとこれからはヘビのシーズン!コチラ側はなかなか足が向かんだろうな・・・。

以上、改正後三日間の撮影記録でしたが、いかがだったでしょうか?
ついでに?今年に入ってから撮影した、阪和線内での227系1000番台の姿を3枚ほどアップしておきます。
先ずはコチラ2枚☟


イメージ 10

イメージ 11
試????M SR01+SR02+SR03  2019.2.4 上野芝
この日は家族運用と小生自身の私用とで事前に休みを取得。その合間にぽそっと鉄活していたのですが、その使用からの帰り道。乗車していた関空・紀州路快速の車内から見かけた東貝塚の光景。
この少し前に出場してきてた、シングルパンタのSR編成2連×3の6輌編成が4番線に停車しているではありませんか!
直観的に「試運転や!」と思った小生、そこは通勤定期券を持つ特権!熊取でまわれ右?をして直ちに北上。やってきたのは浅香です。
しかしかなり薄暗く、しかも浅香は被られ確率が非常に高い。
そこで待ち構えていた方に折り返し時刻を恐る恐る伺うと、どうやら653Hの続行のようです。
前後の列車時刻なども勘案して、「上野芝での653H追い越しは無い」「むしろ653H続行という事はかなり減速して中線通過の可能性が大」と判断。
上野芝に再移動して撮影したのが、上の2枚です。
後にも先にも、営業運転ではあり得ない6連を撮影出来たのはこの時だけでした。
情報ご教示いただいた方、遅まきながらこの場を借りてあらためて御礼申し上げます。

その2週間後。この日は月一度の平日月休日。
既に体調を崩していたため、午前中は通院。夕刻、回6882Hが設定されてないかな?と自宅近所の旧上に出かけたところ、なんとも都合よくやってきたのがコチラ☟


イメージ 12
回6882H SD02  2019.2.19 新家−長滝
この日は悪天候によるものか、和泉砂川で追い抜くくろしお24号が十数分遅れており、半ばあきらめかけていたんですが、くろしお通過後、長滝場内信号1番線が変わったのを見て「あっ、走っとる!」
しのつく小雨の中、待ち構えて撮影したのが上の写真です。

以上が今回取り上げた内容です。
117系が去り代わって登場したのが、奇しくも117系と同じくやはり末尾に”7”を持つ227系1000番台というのもなにかの縁でしょうか?
そんなことを感じつつ、タイトルをつけてみました。
撮り溜めた117系105系はまたあらためて、ということで。
今回はこんなところで。
ではまた。



  HK604の先延ばし、いったい「どんだけ」
   おあとがよろしいようで・・・滝汗



皆さん、こんばんわ。
”アッと驚く為五郎”ではありませんが、三が日もあっという間に過ぎ去り、明日は早や五日。
「明日出て、また休みなんやったら、五日も休みにすりゃいええのにぃ〜」とぼやく「さまよえる泉州人」です。
「オレは今日から仕事や!(怒)」
「ワシなんぞ正月休みなんかあらへんわ!!(怒怒怒・・・)」
というお方、まあそんなに怒らんといてくださいまし。
ねっ、世間でも言うでしょ!
”笑う門には福来る”
おあとが全然よろしくないようで・・・。

さてさて、ちょっとばかし阪和線から離れた話題続きだったので、ここらで我が地元・阪和線をひとつ取り上げましょう。
あっ、「回想・HK604」は一応次回かその次で段取りはしておりますので、忘れたわけではありませんぞ!
(お正月休暇、終わったやんけ・・・汗)

前々回の冒頭でぼやいていたように、昨年末はほとんど鉄活無しの日々が続きましたが、それでも全くというわけでもなく、ほんの合間にポツリポツリとは撮影していました。
特に12/3は休日出勤振替で休みを急遽GET出来たので、日がな一日ウロウロとしとりました。
もうここ最近のお目当ては”HE401”、こればっかり!
「パンダ」はどうも小生休みと相性が悪く(結構暗くなってから帰阪する”臨くろ”に入ってましたし・・・)、ほとんど捕獲出来ずじまい・・・。
てなわけで、昨年11月から今朝の撮れたてホヤホヤ?のカットまでを、まとめてアップしてみました。
よろしければ、以下☟ご覧くださいませ。



イメージ 1
4112M C149+C161 HE401+HE418  2018.11.11 紀伊中ノ島
ようやく休みと日の出時刻とリンクして、中之島カーブでHE401が撮れました!
昇ったばかりの陽光を浴びてカーブを駆け抜けていく姿は、HE401に限らずカッコイイですね!
この日のお供はHE418でした。


イメージ 2
3530H C142 HE401  2018.12.2 鳳
この日は日中、会社休みを利用して電気工事があり、「誰か立ち合いで出てくれんか?」という事だったので、半日ほどでしたが出社しました。無論朝も通常より重役出勤です・・・笑。
前々日11/30にHE401A187仕業に入っていたため、「今日は何処に入ってるんやろ?」と出社がてらチェックしていたら、C142仕業でやってきました!
というわけで、一枚念のため?パチリ!
「ちょっと待て!なんでカメラ持っとんねん!?」

それはさておき先程も書きましたが、翌12/3は振替で休みを取得していました。
「ん?ちょっと待てよ・・・。今日がC142ということは、明日は(差し替えさえ無ければ)A143仕業かっ!(嬉)」
これには深〜いわけがありまして・・・。



イメージ 3 553H A143 HE401
 2018.12.3
 美章園

 これなんです。
 「普通 東岸和田」
 いえ昔はいざ知らず、昨
 年3月のダイヤ改正から
 夜間だけでなく、平日の
 日中にも「東岸和田」行
 設定されていますよね。
 これがA143仕業で、な
 んともタイミング良く!
 HE401が入ってくれた
 という次第です。
 ちなみに以前休日朝の東
 貝塚折り返しを記事にし
 ましたが、この553H
 東岸和田到着後、一旦東
 貝塚に引き上げ、折り返
 し154H快速になる事を
 すっかり忘れてました。
 スミマセンです・・・滝汗






☝の写真を撮ったのち、そのまま乗り込んでやってきたのは、


イメージ 4
553H A143 HE401  2018.12.3 杉本町
杉本町。快速待避の合間にスナップショットを一枚。
時期が遅いのもありますが、今年は台風被害のせいか、色づきが今一つでしたね。

さらに進んで、鳳で後続の快速に乗り換え、さらにさらに、和泉府中で551H普通(つまり553Hの一本前です)に乗り換え、降り立ったのは・・・、


イメージ 5
553H A143 HE401
2018.12.3
下松

下松。
此処の下り線駅進入手前
は、線路と架線柱の間隔
が少し広く、113系デカ
メの頃からよく狙ってい
ました。
というわけで今回も滅多
に無いチャンスを逃さぬ
よう、ここでもしつこく
「東岸和田」表示をGET!
こういう時は、この日の
ように小雨ないし曇天の
方が、表示が飛ばなくて
いいですね。











今回は東貝塚折り返しはパス!
その間に先回りして・・・、


イメージ 6
154H A143 HE401  2018.12.3 三国ヶ丘−堺市
折り返し4連快速はここで。8連・4連問わず、未撮影ポイントを潰していきます。
ここもやたら線影が気になる場所なので、こんな小雨ぱらつく日は大歓迎!


イメージ 7
331H A143 HE401  2018.12.3 上野芝
金岡第二踏切から戻る途中、パラパラ雨からしとつく雨に変わってきたので、安直に屋根のある上野芝に。
定期券があると区間内は、いつでもどこでも乗り降り自在でラ〜クラク!


イメージ 8
338H A143 HE401  2018.12.3 浅香
雨天の難点は、撮影箇所がすごく限られてくること。
さんざ逡巡したあと、返しの撮影は結局ココへ。しかもお目当てがやってくる頃になって、雨はすっかり上がってしまったとさ・・・。


イメージ 9
349H A143 HE401  2018.12.3 杉本町−浅香
雨が上がったとあらば、とやってきた3線区間。8連でも狙いたいところですが、今回はまず4連から、ということで。

このあと一旦HE401追っかけから離れて、ひたすら南下。
「ひょっとしたら回6882Hがあるかも・・・」ということで、やってきたのは六十谷。
ギリギリの時間でしたが、予想通り☟


イメージ 15

イメージ 16
回6882H SD002(1002)  2018.12.3 六十谷(上下共。DXモードで撮影)
この頃頻繁に回6882Hならびに回6881Hで行われていた、227系1000番台の回送。
心の中で「4連で来んかいなぁ〜」と淡い期待を抱いてましたが、現実はそう甘くないですな。

このあとそのまま和歌山に。
改札を出て、遅い昼食を摂り、少しの間時間つぶし。そのあとまた改札を抜けて、


イメージ 10
2155H A143 HE401  2018.12.3 和歌山
たまには夜のお姿もね!と理屈をつけて、夕ラッシュの始まった和歌山駅3番線に滑り込んだ姿を一枚。
また雨がしとしとと降り始めていました・・・。


イメージ 11
2155H A143 HE401
2018.12.3
和歌山

到着後、直ちに前面表示
は”回送”に早変わり!
一旦引き上げ、夜の紀勢運用に備えます。
ここで今日はオシマイ。
小生も帰宅の途につきま
した。



















次の出動は、去年最後の公休日となった12/8。
以前にも記しましたが、ようやく再入荷したインフルエンザ予防接種を受けるのに医院が飽くまでの間、チョロッと出撃。


イメージ 12
 4118M C169+C175
 HE401+HF414
 2018.12.8
 東佐野

 以前も一度アタックした
 熊取−東佐野の縦うねり
 撮影。
 その時はなんかもう一つ
 ピシッ!とこなかったの
 で、あらためてチャレン
 ジを。
 条件は結構厳しかったも
 のの、なんとかモノにす
 ることが出来ました!
 この日はこのあと東岸和
 田でパンダを捕獲してか
 ら、帰宅の途につきまし
 たとさ。











で、この後はもう全くと言っていいほど非鉄が続き、そのまま大晦日に突入。
「阪和線撮影」に限って言えば、このまま年を越してむかえた新年。
元日は横浜から帰った後、家族でお正月のお祝いをして、その後は爆睡!
今年初撮りは翌2日に持ち越しです。
友人からの見たまま情報で、元日はC128という事が判っていたので、どこで狙うか迷うことなく☟にやってきました。



イメージ 13
112H C129+C135 HE401+HE402  2019.1.2 津久野−上野芝
後ろの方はマンション影になってしまいましたが、前3輌あまりは朝日を浴びて眩いぐらいに輝いてくれました!
しかも前日の4116Mから続いてHE402とのコンビ!0番台オンリーの綺麗に揃った編成美です。
そう考えると、やっぱマンション影はもったいなかったなぁ〜。

で、昨日3日は全くの非鉄で1日を過ごし(半日爆睡・・・)、今日4日は年末行けなかったお墓参りも兼ねて朝から出動。
お目当てのHE401が順当にA131・4316M(コチラはお尻です)に入っているのを確認後、やってきたのは久しぶりの今宮・環状線内回りホーム。
折り返し4133M先頭でやってくるのを待ち受けます。
その結果は?☟


イメージ 17
4133M A131+A141 HE401+HF419  2019.1.4 今宮
まぁサイドが潰れるのは仕方ないとして、あまりの好天に前面表示が吹っ飛ぶは、外回りの323系にお尻齧られるは、散々な結果に終わりました・・・涙。
早くもリベンジ決定です。

一応、”HE401撮影記”としておりますが、☟にオマケとしてもう1枚。
昨年暮れ、HE401に続いて更新出場。12/10のA141運用・回253H〜4316Mから運用復帰したHE404
ず〜っと撮影チャンスが無いまま年を越してしまいましたが、今日ようやく撮影することが出来ました!
撮影順序は☝のHE401と逆でこっちが先ですが、その成果がコチラ☟


イメージ 14
2111H A142+A126 HE404+HF425  2019.1.4 上野芝
あまりの好天にコチラもまだらになってしまいましたが、何はともあれ無事GET!出来ました。
これからはHE401に加えてこのHE404もドシドシ狙っていきたいんですが、果たしていい具合に運用まわってくれるかな?
あと入場中のHE407が何時出てくるかも気になりますね。

以上、いかがでしたか?
先にも記した通り、最近はもっぱらHE401を中心に、時折283系オーシャンアローそしてパンダ狙いばっかりになっています。
いずれにしても、”103系ロス””205系ロス”などという事とは小生は無縁。
まだまだ頑張ってまいりますよ〜!
てな具合で、今回はこんなところで。
ではまた。



205系 こぼれ話

皆さん、こんにちわ。
鈴木善幸、もとい前稿にあやかり、勢いあまってもう一本!な「さまよえる泉州人」です。
せっかくなので、205系国鉄時代の写真でスキャン済みが4枚ほど有るのをアップしておきます。
なぁ〜に、皆さんもご存じの通り、いつもの如くたいした写真ではありませんので期待せんといてくださいな・・・。
では以下☟に。


イメージ 2

イメージ 1
上下共:近車出場試運転 南ヤテ・18となる編成  1985.9.19? 放出?
こういうのに限ってデータが無いんですな・・・。それまでも近車はもちろん川重からも続々出場しているのに、なんでこの日に限って撮影したのかちょっと意味不明ですね。
関西ではありえない通勤型車輌の10輌長大編成は、そのステンレス車体の輝きとも相まって、羨望のまなざしで見ていたような記憶があります。

 ※南ヤテ・18 ↼徳庵・大阪                  吹田・東京⇀
          T'c18+M’M54+T36+M'M53+T35+M'M52+Tc18 
 


イメージ 3
右:近車出場試運転 南ヤテ・18となる編成
左:大阪環状線外回り 大モリ・9(Tc249他)  1985.9.19? 大阪
その後、追っかけてやってきたのが大阪駅。たぶん最初から大阪環状線の103系との2ショットを企んでのことだったと思います。
写真のTc103-249はS48年8月に森ノ宮に新製配置された生え抜き車で、H18年4月に日根野に転属してからは阪和線でも馴染み深い車輌でした。


イメージ 4
?C 大アカ・A1(35)  1987.3.27  舞子−垂水
来るもの拒まず!よう撮ってましたな・・・。
この日は国鉄分割民営化を目前に控え、EF58150マイテ492復活運転を果たした日。
往路を須磨海岸で撮影したのち、折り返し列車を待つべく陣取っている合間に撮った一枚で、明石のA1編成、すなわち関西トップナンバー・35番編成です。
余談ですが、折り返しEF58150復活列車は、見事被られ撃沈しました・・・涙。

 ※大アカ・A1 ↼西明石                京都⇀
          T'c35+M'M104+T69+M'M103+Tc35


以上、いかがだったでしょうか?
まぁ、まだなんとかお見せできる写真は後にも先にもコレっきりでして・・・。
なかなかアップする機会も無いので、今回思い切って載せました。
今回はこんなところで。
ではまた。


皆さん、おはようございます。
新年、2日目が過ぎ去り早くも3日目に突入しておりますが、さてさて皆さんはこの年末年始の鉄活。いかがなされてますか?
「えっ?他人の事より、そういうお前はどうなんだ??」
え〜、そう言われますと返す言葉に困ってしまう「さまよえる泉州人」です・・・(滝汗)
なにしろ、昨年12/9以降まともに鉄活出来る時間がまったく取れないまま大晦日を迎えまして。
「ほう、なにがそんなに忙しかったのだ?」
いえ、12/16は毎年恒例の会社の勉強会&望年会(我が社では忘年会をこう呼びます)。
その次の日曜日は、さる御方のお誕生日祝いに駆けつけるべく、遠路はるばる”博多”にまで出向いておりまして・・・。
「誰のや?」
それは「12/23」「福岡マリンメッセ」のキーワードででも探っておくんなまし。
で、翌12/24は朝小倉を発って昼前に帰宅。そのまま年始に向けてお買い物&大掃除・庭のお手入れといった家族運用。
この間の仕事もほぼ毎日早くて10時頃、遅ければ”午前様”寸前帰宅でもうボロボロ。
ようやく12/30からお正月休暇となったわけですが、その12/30も丸一日、目一杯家族運用をこなして、いよいよ迎えた12/31大晦日!
もうこの日が待ち遠しくて待ち遠しくて、前夜は子供のようにほとんど寝付けないまま朝を迎えました。(今年52歳になるオッサンが、です・・・笑)

さてさて、そうやって迎えた大晦日当日、日根野までいつものようにクルマで出向き、「くろしお4号」そして新大阪から「のぞみ212号」に揺られ揺られてたどり着いたのは新横浜
彼の地でまず最初に向かったのは・・・。
駅ビル3Fにある高島屋内テナントの崎陽軒。家族、にではなく会社のお姐サマ方に今回のミッションで横浜に行くことがバレた(自らバラした?)途端、「シウマイ!」と返され、泣く泣く?ご機嫌取りを兼ねて購入に走ったものです・・・。
それを済ませたのちは夕刻まで時間がたっぷりあったので、さあ何をしようか?と思い、まず向かったのが根岸駅。
年末大晦日と云えど、旺盛な年末年始需要に対応すべく石油輸送が行われているのは毎年の事。確認に行ったのですが・・・。
居るにはいました。が、どの列車が運転されているのか、つまり何時列車が走るのかという肝心なことが皆目判らず、早や諦めモードに。
そこで思いついたのが、首都圏205系訪問ツアー!(?)
首都圏に残存する205系達を訪ねて回り、ついでに時間の許す範囲で乗りつぶしもしようという作戦です。
というわけで、以下に、今回出会った彼らの姿を(ほぼ)時系列順にアップしてまいります。
先ず最初に向かったのは・・・、


イメージ 1
1203H 横ナハ・ワ2(1002)  2018.12.31 尻手
南武線川崎から一駅立川方に進んだ尻手
ご存じ、浜川崎までを2輌編成でコトコト走る南武支線です。
一応貨車ファンのくせに、鶴見線ともども一度も出向いたことが無いという、なんとも恥ずかしい限り。さらにまだ17m旧国・クモハ11+クハ16が居た頃にも素通りしてしまったという、今振り返っても悔やむに悔やみきれない十字架を背負っておりまして・・・。
そんな南部支線そして鶴見線も、今や101系をも吹っ飛ばして、205系の天下となって久しいのは皆さんも既にご承知でしょう。
そんな両線を走る205系ですが、端正な?関西の205系を見慣れている小生から見れば、中原所属の205系は写真を何度見ても、そして今回初めて現車を目の当たりにしても「ええっ!」というシロモノですね。
”のっぺらぼう”というのは正にこのことです。


イメージ 2
左:1202H 横ナハ・ワ2
右:1257F 横ナハ・N17(E233系)  2018.12.31 尻手
せっかくなので横に並んだ本線のE233系と記念に「ハイ、ポーズ!」


イメージ 3
1213H 横ナハ・ワ2
2018.12.31
浜川崎

途中、3つの駅に停車し
ながら、コトコト揺られ
ること7分。
貨物線が錯綜する片隅に
ちょこんと間借りするか
のように佇む浜川崎駅に
やってきました。
せっかくなので、ここで
も一枚記念撮影?
















撮影後、案内に従って改札を通り抜け、次に向かうは同じ”浜川崎”でも道路を挟んで反対側にある鶴見線の”浜川崎”でした。
そこで小生の目に飛び込んできたのは?


イメージ 4
1208B 横ナハ・T11(1101)  2018.12.31 浜川崎
なんともラッキー!鶴見線用改造車トップナンバーが小生を待っていてくれたのでした。
しかし撮る場所が無い・・・。
ちなみにこのT11編成中、M'c204-1101+M205-26は国鉄時代の生まれです。


イメージ 5
1309 横ナハ・T11  2018.12.31 鶴見
仕方ないので終点鶴見で折り返すところを一枚。
このいかにも!な雰囲気を今も留める鶴見線用ホームと、この無表情”のっぺらぼう”とのミスマッチが堪らんですね!


イメージ 6 1309 横ナハ・T11
 2018.12.31
 鶴見

 結局折り返し海芝浦行と
 なって、駅から出立して
 行くところをお見送りが
 てら一枚。
 とても都会の中でのワン
 シーンとは思えない情景
 でした。


















イメージ 7
鶴見駅鶴見線構内から東
海道本線側構内を望む
2018.12.31

それには目の前にある、
鶴見線と東海道本線とを
分け隔てる、改札内改札
がひと役かっていたのか
も・・・。




















このあと一旦横浜に出て湘南新宿ラインで武蔵小杉に、さらに南武線で北上。やってきたのは、


イメージ 8
 1433E 
 千ケヨ・M34(16)
 2018.12.31
 府中本町

 そう、武蔵野線が分岐す
 る府中本町
 今や8輌の長編成(?)で
 大手を振って205系が走
 り回るのは、ここ武蔵野
 京葉線のみ。
 また色んなタイプが見ら
 れるいうのも、205系フ
 ァンには堪らないんでし
 ょうなぁ〜。
 府中本町到着時、最初に
 見かけたのがM34編成
 VVVF改造されたMM'車
 を組み込んでいる最大勢
 力の中の一本ですが、両
 端のTcT'c-16は国鉄時
 代の生まれです。
 今回は見かけませんでし
 たが、VVVF改造編成に
 は、オール国鉄生まれの
 M22編成という強者がい
 ますね!
 会ってみたかったです。


イメージ 9
1455E 千ケヨ・M51(101)  2018.12.31 府中本町
1433Eが出ていったあと、すぐさまホームに据え付けられたのが、引き上げ線で待機していたM51編成
こちらはVVVF未改造のままの一本。今乗車してきた南武線からの転入車でもあります。
101番だけど、100番台ではなく0番台の続き番中の一本です。


イメージ 11
1455E 千ケヨ・M51
2018.12.31
府中本町

Tc205-101近影。
コチラ、細かい相違が多
少あるとはいえ、関西で
も見慣れたお顔です。
オレンジの帯がちょっと
新鮮に感じるのは小生だ
け?



















イメージ 10
 1455E 千ケヨ・M51
 2018.12.31
 府中本町

 せっかくなので、お見送
 りがてらもう一枚。
 府中本町を発つと、あっ
 という間もなくトンネル
 へと吸い込まれていきま
 す。



















イメージ 12
1482E 
千ケヨ・M62(146)
2018.12.31
府中本町

「ギョギョッ!」
あっ、さかなクンではあ
りませんが、これは関西
人からすれば、やっぱり
ビビってしまいますね?
京葉線に新車投入された
のと同じマスクのM42編
ただしコチラは武蔵野線
用として、1991年にトタ
に投入された205系最終
ロットの内の一本で、京
葉線向けとの違いは、額
ブチが白ではなく銀なの
がミソです。
う〜ん、今こうして見て
みると、お顔より未だス
カート無しな事の方が、
この御時世かえって新鮮
かも・・・。






イメージ 13
1483E 千ケヨ・M62  2018.12.31 府中本町
というわけで(?)、こちらも折り返し入線シーンを一枚。
さっきと切り位置が違うのは、単に立ち位置が変わっただけです・・・。


ややっ、もう午後3時前。これはイカン、早く新横浜に戻らねば・・・。
直後に入線してきた快速で立川、さらに乗り換えて八王子に。ここで横浜線に乗り込んで向かったのは、新横浜、ではなくずっと手前の橋本
それはなぜかと訊ねたら?


イメージ 14
1562F 横コツ・R6(506)  2018.12.31 橋本
やっぱりコレは外せないでしょう!
相模線オリジナル、500番台。「オマエは東京メトロか?」みたいなマスクがひときわ目を惹きますね。
もうちいっとゆっくり撮影したかったんですが、この後の予定が差し迫っていたので今回は断念。新横浜へと急ぐべく、橋本を離れました。

ついでなので、以前アップしたのを再掲しときます。


イメージ 15
668M 宮ヤマ・Y12(612)  2017.8.12 黒磯
小山に配属されている、湘南色帯を纏った東北本線用600番台8本中、2本しか居ないオリジナル顔の内の一本。
これを撮影した時の経緯はコチラを読んでいただくとして、京葉顔も一本ぐらい撮っときゃよかった・・・。


以上、いかがでしたか?
阪和線205系すらまともに記事にしてへんのに、なんやねん!」とお怒りの方もいらっしゃると思いますが、まあ新年の”お年玉”ぐらいに思っといてくださいな。(ちょっと違う、かな?)

で、一体 「YOUは何しに新横浜へ?」
皆さん、紅白歌合戦見られましたか?いや、見てない?
小生、横浜アリーナに行ってきまして、Perfume紅白ライブ中継観覧、そしてそのあとのカウントダウンライブに参戦してまいりました!
いやぁ、もう爆上がり!チョー、楽しかった〜♡
実は12/23の博多行も、Perfume「Future Pop」ツアー・福岡公演初日参戦のためなのでした。
誰のお誕生日だったかって?まぁそれはググってくださいまし。
てな具合で、今回はこんなところで。
ではまた。
(お後がよろしいようで・・・滝汗)



2019年 新年の御挨拶

皆様、新年あけましておめでとうございます。
皆様には、この極めて不定期かつ気まぐれに綴ってまいりました小生のブログを、
日頃より御訪問頂きまして誠にありがとうございました。
あらためて御礼申し上げます。

小生がこのブログを開設してから早くも6年の月日が流れ、また一方で30年の歳月を重ねてきた平成という時代がまもなく終わり、それに代わって新しい時節が始まろうとしている2019年というこの年。
この先、いったいどのようなことが私たちを待ち受けているのでしょうか?
そんな一つの時代の節目にあたる当年ですが、皆様にとって新年が素晴らしいものとなります事を祈念して、新年の御挨拶とさせていただきます。
どうか本年も変わりませず、なにとぞよろしくお願いいたします。



イメージ 1

 ※撮影データ:
  回9830ㇾ DD511183+「サロンカーなにわ」5車    2018.7.22 浅香−杉本町
  NikonD3X & PC-NIKKOR 35mmF2.8
  1/400  f4  ISO1600 WB5880K



全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事