ここから本文です
「さまよえる泉州人」のブログ
アレも阪和線、コレも阪和線。みぃ〜んな阪和線!時々貨物・・・なブログです。どうぞお見知りおきを。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

年の初めの阪和線

皆さん、こんにちわ。
先刻は昨年はたまた一昨年(汗)のHK610&604お見送りをピックアップしましたが、なに、小生ただただひたすら103系にノスタルジーを感じているわけではありません!
というわけで、せっかくなので新年三が日にちょこっと撮影した分をアップしておきますね、ハイ。
「2018年新年の御挨拶にかえて」のところでも2枚ほどアップしておりますが、そこからも一枚再掲しておりますので、ご了承のほどを。

 ※よろしければ拡大してご覧ください。どうも以前にも増して、圧縮画像の色が綺
  麗にでないのと、鮮明さに欠けるような気が・・・



イメージ 1
814H A11 HL102  2018.1.1 東羽衣
まだ日の出には少し早い午前七時前。西の空も明るみ、美しく紫色に染まってきたところを一枚。
この光景もあと数えるほどに・・・。

イメージ 2
 817H A11 HL102
 2018.1.1
 東羽衣

 東の空、低く垂れこめる
 雲に阻まれ拝めなかった
 御来光。
 それでも時間とともに雲
 の隙間から徐々に射し込
 む新春の光。
 その燭光を背負いながら
 HL102がゆら〜りゆら
 りと終着駅に・・・。
 こっちの方が良かったか
 な??














イメージ 3
 3544H C48 HE401
 2018.1.1
 東佐野(再掲)

 HE401がこの日48運用
 に入っていることは事前
 に判っていたため、大急
 ぎで南下。
 なんとか東佐野でお出迎
 えに間に合いました。
 223系もいまや幌無しは
 HE401HE417そして
 なんとも中途半端な状態
 のHE432、3本となって
 しまいました。














イメージ 11
3562H C23 HI601  2018.1.1 新家−長滝
あとは冬のこの時期、4ドア編成が撮影出来る貴重な3562H(と3540H)を撮影して
2018年初撮りを終了。


イメージ 4
 2909M C174 HE417
 2018.1.2
 長滝−新家

 続いて日が変わって正月
 2日。
 この日の1枚目は、前日
 173運用に入っているの
 を見かけたHE417から
 スタート!
 山の端から太陽が顔を出
 すタイミングとドンピシ
 ャ!のはずだったのに、
 肝心の時に雲隠れするの
 はご勘弁ください・・・。














イメージ 5
 3517H C23 HI603
 2018.1.2
 長滝−新家
 
 しばらく待って、今度は
 4ドア下り運用の3517
 Hを。
 6輌編成だとカツカツに
 なるので、4輌立ち位置
 よりやや外側から。
 またしてもお日さまは雲
 にお隠れになられまして
 ・・・(嘆)

 あっ、ちなみに37kmポ
 スト205系37番とのコ
 ラボのつもりなんですが
 お判りいただけました?
 










イメージ 6
51M「くろしお1号」 HB602+HB632  2018.1.2 長滝−新家
前日遠目に三軒家踏切あたりで51Mと2056Mの和歌山方先頭車がすれ違うのを見ていたため、この日も並ぶのを期待して待ち構えていたら、なんと!
こんな時に限って51M、およそ1分半遅れてやってくるとは・・・。
太陽が顔を出してくれたことがせめてもの救い。

イメージ 7
4726H C133 HE419  2018.1.2 新家−長滝
すぐさま場所移動して、待ち構えたのはHE419!幌がついたとはいえ、2次車で統一されたその編成美はやっぱりいいですね!

イメージ 8
3556H C49 HE401  2018.1.2 新家−長滝
あいだに2058Mを一本挟んで続行してくるのは、昨日の48運用から順当に流れて来たHE401
なんとも美味しすぎる運用でした。

そして今日。朝から非鉄を決め込んでいたものの、昼過ぎの通り雨の後、日射しが戻り始めたのを見て気が変わり、急遽出動!
お目当ては・・・、


イメージ 9
72M「くろしお22号」 HB631+HB601  2018.1.3 和泉鳥取−和泉砂川
天王寺方イルカちゃん増結の「くろしお22号」。
夕陽ギラリのつもりがやっぱり肝心な時にはお隠れになられるお日さま。
ちょっとビミョーな一枚となってしまいました・・・。

イメージ 10
4588H C175 HE417  2018.1.3 和泉鳥取−和泉砂川
そのあと待つこと暫し、やがて和歌山方からやってきたのは、昨日から順当に175運用でまわっているHE417
ここでもやはりお日さまは雲の隙間からほんの少し、チラリと顔を覗かせただけでした。


以上、三が日の撮影はこんな感じで終えました。
まあタイミングも良かったとはいえ、幌無しばっかり狙っているのがバレバレですね・・・(滝汗)
今年もこんな感じで阪和線をゆら〜りゆらりと撮っていこうかと思っています。
今回はこんなところで。
ではまた。


皆さん、こんにちわ。
皆さんはこの年末年始、「鉄活」の方は如何なされていらっしゃいますか?
小生住まう地域だとおそらく毎年恒例の”阪堺電車・初詣輸送”に向かわれる方が多数いらっしゃると思いますが・・・。あっ、ちなみに小生は一度も行ったことがありません!
本当は事前の計画では今日2日は日帰りで「山口線に行こう!」だったんですが、なにせ年末にインフルエンザに罹りまして、6日も寝込んだものですから、体力気力ともさらにガタ落ち。欠勤扱いで来月のお給料がガクッと減ることも考慮して断念しました・・・。
まあでも、せっかくのお正月休み、「家でゴロゴロしているぐらいなら・・・」と、溜りに溜まっている写真でも少しぐらいはと思ってちょっくらアップしてみます。

「今さらなんやねん?」と皆さん思われるくらい過去ネタ?になってしまいましたが、昨年11月6日早暁、鳳に長期疎開していたHK610が吹田送りとなりましたね。
一昨年12月12日に宮原に疎開回送されたHK604と共にその際の写真を取り上げてみます。

もう彼らに関しては小生、色々と思い入れが強すぎて、島根から地元大阪に帰ってきて”復鉄”した2006年以降ずっと追いかけてきた身としては、あれこれ綴りたいことが次から次へと湧き出てきます。
なので今回は”写真に語らす”といった感じで済ませてしまうこととしました。
以下、HK604610の回送シーンを幾点かアップいたします。
撮影時点から随分と時間が経ってしまいましたが、よかったらご笑覧くださいませ。

 ※よろしければ拡大してご覧ください。どうも以前にも増して、圧縮画像の色が綺
  麗にでないのと、鮮明さに欠けるような気が・・・



イメージ 1
 回9836M HK604
 2016.12.12
 三国ヶ丘−堺市

 天王寺入線シーンを撮影
 する追っかけのことも考
 え、またHK604をここ
 で撮影していなかったこ
 とも踏まえて選択したの
 がこの陸橋。
 今更ながら、「区間快速」
 幕で撮っておけば良かっ
 た・・・。
















イメージ 2回9836M HK604
2016.12.12
天王寺(2枚共に)

通常、日中には在りえな
い、地平18番線への103
系入線シーン。
せっかくなので、鶴ヶ丘
待避中に追い越してお出
迎えを。


















イメージ 3
連絡線の高架を駆け下り
眼前に迫ってくるのを目
の当たりにした時、「これ
でもう二度と阪和線を走
ることはないんだ・・・」と
の思いが駆け巡り、とて
も切ない気持ちに・・・。






















イメージ 4
回9836M HK604  2016.12.12 天王寺
ラストラン、Tc825側ばかりでは思い返し、振り返ってTc832側も。
小生、少しばかり遅れてそのまま出社するため、ここでお見送り。最後のお別れとなりました。
HK604は現在も宮原に留置されたままですが、逢いには行っておりません。
年初には吹田送りとの噂も耳にしましたが、迷っております。


次いで、HK604が宮原に送られたあと、僅かなあいだながらも最後の活躍を勤めていたHK610
その後交番検査で日根野に戻ってきたことが幾度かあったものの、ずっと鳳に疎開留置されたまま・・・。
そんなある日、友人から衝撃の回覧板が!
鳳留置のHK610が日根野に戻ることなく、早暁、鳳から直接吹田に送り込まれるとの情報でした!
「せめて一旦日根野に送り込まれてから吹田送りとなるだろう・・・」と勝手に思い込んでいた小生には、正に青天の霹靂!それも二日後、となれば。
前日友人達から鳳庫内で移動が行われていたとの情報が次々と入り、小生自身、帰宅中にそれを確認。
そのXデー、出勤前にお別れを告げに日の出にはまだほど遠い早暁、鳳に向かいました。



イメージ 5
HK610 と HF611  2017.11.6 鳳派出
最古参と最新鋭(撮影時点で225系ラストナンバー)が、仲良く肩を並べて出区待ち。
どんな語らいがかわされたのか・・・。

この後、鳳から先回りで上野芝へ。鳳駅ホームにはなんと!NRS氏の姿も(驚)
皆、考えることは同じです・・・(笑)

上野芝を選んだのは、最後ぐらい阪和線内での走行写真を撮りたかったから。
上野芝だと中線通過で格好もつくし、ホームの灯りもあるから多少はましかな?と思ったんですが、小生の低感度デジカメでは想像以上に暗くて暗くて・・・(嘆)


イメージ 6
回9856M HK610  2017.11.6 上野芝
現像で補正してようやくなんとか見れるように。もうこれはレンズ様々です。
意外と速度を落として走り抜けたことと、運転士さん、ホームでカメラを構えている我々に気付いたのか、ハイビームから減光してくれたのにも助けられました。ありがとうございます。

ちなみにデータは、
 Nikon D3X & AI Nikkor ED 300mmF2.8S (IF) 
 1/250  f2.8   ISO1600  
 +2EV補正 アクティヴⅮライティング強め および  色調補正

です。ここまでせんと撮れないのは厳しいですね〜(嘆)
新しい機体が欲しい・・・。

でこの後は、例によって鶴ヶ丘待避中に先回り。さすがに天王寺進入は真っ暗で撮れないため、18番線ホーム新今宮方でお出迎え。 


イメージ 7
 回9856M HK610
 2017.11.6
 天王寺(2枚共に)

 乗務員交代のシーンをま
 ず一枚。
 何を語られているのか、
 ちょっぴり気になります
 ね。




















イメージ 8
天王寺4分停車の間に、
後方にまわってTc116
も一枚。
人影の無い早朝のホーム
にたたずむ姿を見ている
と、とても物悲しい気持
ちがこみ上げてきて仕方
ありませんでした。
覚悟はしていたとはいえ、
あまりにも突然のことだ
っただけに、まるで夢を
見ていたかのよう。
今もなにかふわふわした
感じを拭いきれません。

















以上、いかがだったでしょうか?
その後、風の便りに聞く話では、Tc115&116がお色直しされている姿が、などということも耳にしました。
はたして真為のほどは小生などには判りませんが、もし今一度その姿を見ることが出来たならこれほど嬉しいことはありません。

HK610そしてHK604の現役最後の頃の写真、まだアップ出来ていないのが僅かばかりあるので、そちらはまた稿をあらためて取り上げてみます。
今回はこんなところで。
ではまた。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事