ここから本文です
「さまよえる泉州人」のブログ
アレも阪和線、コレも阪和線。みぃ〜んな阪和線!時々貨物・・・なブログです。どうぞお見知りおきを。

書庫阪和紀勢線 -撮影記-

記事検索
検索
皆さん、こんばんわ。
今日は通常運行の平日休み(月休という名の有給休暇・強制?取得です)でしたので、「久しぶりにゆっくりと鉄三昧だぁ〜!」と計画していたのですが、昨夜になって緊急家族運用が一本入りまして、鉄三昧を断念した「さまよえる泉州人」です。(泣)
まあそれでも朝練と称してほんの少しばかり撮影はしてきましたが・・・。
というわけで、今日撮影した2アングルに未掲載画像を2枚ほどセットしてアップさせていただきます。

あまりの重量級に、普段持ち歩かない300mm+テレコンを今朝は持ち出しまして私の定番撮影ポイントにて撮影したんですが、その狙いとは・・・?
そう、225系5100番台による6連
以前から申しておりますが、わたくし、レトロ趣味などでは決してなく、新形式といえども大歓迎!(好みにもよりますが・・・)それが阪和線がらみならば、なお一層の事。「大」×3ぐらいOK!です。(笑)
前後して205系0番台もやってくるので、そちらも一緒に頂きました。で、「103系は?」というと、今日は2本ポッキリで終わっちゃいました・・・。悪しからず。

それだけだと寂しいので、上にも書きましたように、同じポイント・同じアングルで撮影した HK610 の未掲載画像を添えておきますね。ほんとはあとココに HK604 も加えたかったんですが、このアングルに限って撮影出来てないんです・・・。(滝汗)
なお、HK610 の運用番号はダイヤ改正前のものですから、くれぐれもお間違え無く。


イメージ 6
 3564H A25
 HK610
 2016.3.13 和泉砂川

 この場所(和泉砂川下りホ
 −ム和歌山方先端)から狙
 うことはチョクチョクし
 ていますが、600mmで
 狙うのは実はこれが初め
 て。
 いつも海側にある建物が
 気になっていたので、超
 望遠+縦アングルで左右
 は思いっきり削ぎ落とし
 ました。
 HK604 でも撮りたいん
 ですが、なぜかタイミン
 グが噛みあわないんです
 ね・・・。










イメージ 1 3530H A26
 HI601
 2016.7.28 和泉砂川

 え〜、実は下の225系撮
 ってから、この列車を撮
 影しているんで、順序は
 逆さまです。
 225系の時には朝日が雲
 の向こう側にお隠れにな
 られていたんですが、10
 分後のこの列車の時には
 お出ましになられた、の
 はいいんですが、今度は
 一部が影の中に・・・。
 困ったモンです。













イメージ 2
 3526H A72
 HF601
 2016.7.28 和泉砂川

 その225系5100番台6連
 の時には、なんとも言え
 ない光線具合・・・。
 それでも眩いHID光を輝
 かせながらやってくる姿
 には、新世代の阪和線を
 力強く訴えかけてくるモ
 ノを感じますね!

















205系の3530Hを撮影したあと、すぐさま移動。やってきたのはお馴染み鳳駅下りホーム末端です。

イメージ 3
3540H A24 HK610  2016.3.21 鳳
ここでも600mm撮影初列車は HK610!こんなイモムシばかり撮ってるから表現の幅が何時までたっても広がらないんですね・・・。(反省)
それにしてもAi-s300mmF2.8+テレコンは重い・・・(嘆) 三脚はおろか、このためにせっかく買った一脚も持ち歩くのが面倒くさくて、いつも手持ち。手振れ補正なんかも当然ついていないんで、神経(と体力)使います。
新しい300mmF4欲しいな〜。(でも旧製品と較べて高すぎ・・・)


イメージ 4
3534H A21 HI602  2016.7.28 鳳
で今日は205系0番台と225系5100番台(と103系)を同アングルで狙うことに。
私がコチラに戻ってきた年に本線スジから転入。一旦、転出したものの再度転入してきた0番台の活躍もあとわずかなんですね。
この決して長くはない活躍期間に、3つのバリエーションの帯色や、本線にもなかった8連編成の姿など、バラエティに富んだ姿で楽しませてくれました。
恐らく次の活躍ステージはおおさか東線だと思われますが、まだまだ頑張ってほしいものです。

イメージ 5
536H A71 HF602  2016.7.28 鳳
で、最後はやはり新鋭225系5100番台で。
現在運用に就いてるのは、HF601(5103)・602(5104)・603(5107)の3本のみ。
HF604(5108)は試運転、HF605(5111)は森ノ宮区にて研修教材(?)を確認。HF606(5112)は日根野区にいるようです。
全編成が出揃うのにはもう少し時間がかかりそうですね。Xデー(6連・4連ともに)はいつになるのでしょうか?

以上、今回はこんなところです。
あ、それから、「終わりと始まり」の章で運用番号・加筆しておきました。
去年といい今年といい、何のためにほとんど撮影もせずに一日潰して運用調査しているのか、自分に腹を立てています!(爆)
皆さんもメモを失くすような事態だけはご注意くださいませ。
ではまた。

皆さん、こんばんわ。え〜、今日も頭痛が治らず仕事を休んでしまいました「さまよえる泉州人」です・・・。
午前中どころか3時ぐらいまで寝ては覚めの繰り返し。布団が腐ってしまいそうな勢いでして・・・。まあ、ちょっと調子が良くなったような気がしております。
さて前々回、7月1日のダイヤ訂補による動きを225系5100番台を中心にお届けし、前回はアーカイブとして、225系5000番台が投入されたときのことを取り上げました。
今回は前々回の続編として記事を一つ。

225系5100番台も所要本数がまだ出そろっていないため、暫定的な運用で運用開始となっています。
その影響は103系6連のみならず、205系1000番台によるA51〜54の4運用にも今回押し寄せてきまして、こちらはこの日一挙に置き換えられました。
A54運用は前日鳳滞泊のため、数日前(6/27には確認、6/26夜から?)から鳳に回送されていた HE403 を充当。
前日A53だった HH404 は鳳出区のA47に。そしてあおりを喰らった前日A46の HJ403 はそのまま鳳疎開留置となっています。
なおA41〜47運用は3月の改正前もそうでしたが、「103系または205系」と乗務員の運転時刻表にも書き込まれている通りもともと共通運用なので、こちらは表面上は変化があったわけではありません。ただ205系1000番台が職にあぶれて流れ込んでくるおかげで?、103系を見かけるチャンスはぐっと減りました。

以下、当日の様子を幾枚かピックアップします。


イメージ 1
 3507H A51
 HE401
 2016.7.1 鳳

 置き換え第一弾は実はこ
 の列車から。日根野発が
 4:33発の504Hですから
 当然なんですが・・・。
 その一番列車には223系
 トップの HE401 が充て
 られました!
 阪和線内の定期列車で、
 「普通 和歌山」は久しぶり
 じゃないでしょうか?















イメージ 2 鳳派出遠望
 2016.7.1
 左から
 A41出発待機 HJ402
 運用休止中  HL101
 運用離脱疎開 HJ403

 で、合間に鳳派出の方を
 覗いてみると、視界には
 103系がいっぱい!
 富木方面にもコチラに向
 かってくる103系がチラ
 リと。(HJ408)
 これだけ見ると「103系ま
 だまだ頑張ってるなぁ!」
 となるわけですが、「現実
 はずっと想像の上をいく」
 わけでして・・・。











イメージ 3
 509H A54
 HE403
 2016.7.1 鳳

 私の目の前に現れた置き
 替え2本目は、A54に充
 てられた HE403。
 前段でもふれましたが、
 数日前から鳳に留置され
 ているのに気づきました
 が、「羽衣線訓練?」など
 とトンチンカンなことを
 想像していました。(汗)
















イメージ 4
左:3520H A30 HK603 中:1104H A161+A177 HE412+HE433
右:2101H A171 HF410                2016.7.1 鳳
103系に223系、225系と現在の主役が一同に会した、朝の鳳駅での一コマ。
この光景もあと僅かなんでしょうか・・・。いまだ実感が湧きません。

イメージ 5
304H A53 HE402  2016.7.1 鳳
205系1000番台の見せどころ、朝の区間快速運用もこの日から置き換えられました。
コチラには0・100番台スッキリ編成唯一の転落防止幌付編成、HE402 が入ってました。
223系の区間快速幕は特に珍しいわけでもないですね・・・。もっとも折り返しの「熊取」表記はNewVersionかな?

イメージ 6
左:304H A53 HE402 右:1522H A52 HE404  2016.7.1 鳳
というわけで「ふりかえるといるよ」。そう、そこには残るA52運用が鳳折り返しで待ち構えているのでした。
こんなふうに、快速でもない223系が鳳(に限りませんが)で同方向に向かう列車で並ぶ光景が、これからは当たり前になるんですね・・・。これを見ると103・205系の終焉を実感します。
こちらA52には HE404 が。これでこの日のA51〜54運用には順序こそバラバラですが、HE401〜404が揃って充当されたわけです。
7/1から7/11までの観察では、223系0・100番台スッキリ編成を中心に223系ばかりがA51〜54運用に充てられているようです。
どうやら225系は当面お預け?

イメージ 7

イメージ 8
3526H A72 HK602  2016.7.1 鳳
まだ詳細を把握できていない段階で目の当たりにしたのが、A23運用だったはずの3526Hに入っていた HK602 の運用表記!なんとA72
事前に私より手前の地点で撮影していたNRSさんから「HK602がA72になってる!」と連絡を頂いてたので、余裕をもってお迎えできましたが、これとこの4本後(日根野基準)の538Hで内容が把握できました。
それにしてもコチラは和歌山滞泊で振り替えなかったんですね。新在家に入庫しないからかな?
いいモノを見させていただきました、御馳走さまです!(笑)

イメージ 9
3534H A21 HK601  2016.7.1 鳳
最後はコチラ。この日のA21運用を最後に離脱。早くも7/5夜には吹田に向けて回送されたそうです。
こちら中間車にM'102-666というゾロ目ナンバーが入った編成。中間車が体改40車、両端がN30更新車だったので、何度となく「HK607とクハ入れ替えたらええのに・・・」と思ったことか・・・。
Tc103-149側はそれなりに撮影しましたが、反対のTc103-220側はあまり撮影しなかったのが申し訳なかったですね。
先の6/2夜に吹田に向けて回送された HJ401 ともども、「長い間お疲れ様、ありがとうございました」


今回はこんなところです。
ではまた。

(こんな調子じゃいつまでたっても去年の記事が書けませんね・・・嘆)

皆さん、こんばんわ。この数日、なんとも暑い日々が続き、正直ぐったりしている「さまよえる泉州人」です。
既に10日も過ぎてしまい新鮮味がなくなってしまいましたが、さる7月1日に行われた225系5100番台の営業運転開始と、それに伴うダイヤ訂補の話題です。

103系の置き換えと225系5100番台投入の事は、もう既に皆さんご存知の事と思いますが、その全面置き換えを前に行われたのが今回のダイヤ訂補。
阪和線にこだわり、阪和線に目が無い私としましては、この225系5100番台も見逃せますまい。
というわけで、運用初日の7/1と今日7/10の2回、早速ご対面とまいりました。
もう車両の詳細は省きますが、外観上の特徴でいくつか挙げると、
・ 先頭車フェイスの変更
・ フルカラーLEDによる車外表示
・ 運用番号表示廃止
・ 転落防止幌取り付け → 4連: 6連:
・ パンタ搭載中間車が1パンから2パンに。
・ クロスシート車初、女性専用車の設定 等々
といった感じでしょうか・・・。

ま、なにはともあれ、早速リポート?開始。


イメージ 1
試?H HF603  2016.6.8 堺市
或る日の夕刻。何気なく堺市駅にて電車を待っていると、突然現れた225系5100番台6連による試運転!
試運転がこの少し前から行われているのは知っていましたが、スジを調べることも何時試運転があるのかを調べることもなくいたので(ただ単に面倒くさかっただけです・・・汗)、「突然」だっただけでした。
ちなみに営業運転開始前の試運転はこれ一枚きりです・・・。(嘆)

そして迎えた営業運転開始の日!つまりは103系の置き換えがいよいよ開始となる日でもあります。
4連はともかく6連は推測が付かないので、まあ行き当たりばったりということで。
まずは和泉砂川初発電車の 2900M・B快速に乗り込んで向かうは鳳。ここが一番調査するには、便利かつ上り列車なら順光で撮りやすいという理由です。
北上途中、日根野で見かけた 3901M関空行シャトル始発に5100番台×2が!
という事は、折り返し直通快速1本目の 4302Mが確実に撮影一番列車かな?期待に胸を膨らませてそのまま北上を続けます。
到着した鳳で調査開始。5100番台以外の話題は別稿に譲るとして、鳳派出には5100番台の待機する姿は無し!
やってきた日根野出区の102H快速にもその姿はなかったという事は、やはり(3901M〜)4302Mが5100番台一番列車という事になります。
やがて6:20頃、富木駅彼方に眩いヘッドライトが見え、コチラに向かってきました。


イメージ 9
4302M A141+A132 HF432(5105)+HF431(5102)  2016.7.1 鳳
5100番台(上り)一番列車、参上!いや、いつ見ても一番列車は気持ちがいいもんですな。って言えるほど見たことありませんが・・・。
しかし初営業列車なんだから足元、もう少し綺麗な状態で来てほしかったですな!あと一番列車の先頭にはぜひともトップナンバーを充ててほしかったです。
え〜っと、運用番号不明なのはですねえ。先月せっかく汗と涙の結晶?だった運用調査を書き込んだ(平日は深夜の十数本を除くほぼ全列車分!です・・・)時刻表をどこかに落としてパー!にしてしまい、まだ再調査が出来ていないからです・・・。(泣)
こんな時、5100番台は困ります!運用番号の表示を廃止したからですね。JR西日本さん、表示やめるの勘弁してください。(あるファンのつぶやき)

イメージ 10
右:509H A54 HE403
左:4304M A?+A142 HF435(5110)+HF423  2016.7.1 鳳
で2番列車は?というと早くも続行の 4304Mの天王寺方に引っ付いていました。
左は、205系4連から223・225系4連に置き換えられた 509Hです。
103系ばかり注目されていますが、205系もいなくなるんです。

イメージ 11
4304M A136+A142 HF435(5110)+HF423  2016.7.1 鳳
え〜、先行列車がつかえているため手前で抑止を喰らっている間に、もうワンカット。
コチラは足元がおきれいなようで・・・。

イメージ 2
536H A71 HF601(5103)  2016.7.1 鳳
そしてついにやってきた225系5100番台6連一番列車!スジは日根野出区のスジ。
この日はこの4本前の 3530Hが103系6連(HK602)のまま、A23からA72表示に変わっていたので、どうやら103系6連運用のうちA22〜23が225系5100番台6連A71〜72に置き換えられたようです。
ちなみに、103系6連の運用はA21据え置き、A24〜32A22〜30に変わっています。(7/1当日、実車および乗務員運転時刻表で確認済み)

イメージ 3
モハ225-5103(HF601)  2016.7.1 鳳
ついに登場!クロスシート車初!の女性専用車。このようなことでも「一番乗り!」は嬉しいですね。
あとこの車両、フェイルセーフのためにダブルパンタになりましたが、たまには通常運行でもパン上げ走行してくれないかな?

イメージ 4
左:536H A71 HF601
右:1116H A163+A178 HF417+HF415  2016.7.1 鳳  
こうして並んでみるとフェイスの違いがよく判りますね。あなたはどちらがお好み?

イメージ 5
4316M A122+A140 HF433(5106)+HF416  2016.7.1 鳳
この日の運用調査&撮影はこの列車で〆!朝、日根野から和歌山に送り込まれ直通快速としてやってくる 4316M。
この列車には223・225系運用トップのA122運用(A121は検査運用)が組み込まれているので、やはり5100番台運用開始には相応しいですね。
さあ、この後は超特急で仕事、仕事!(えっ?)

職場に向かうべく飛び乗った122H和歌山方にも HF434(5109) が組み込まれていたので、初日から早速試乗出来ました。
感想はというと、天井のLED照明がむき出しになっていたのがやたらと気になりました。
長寿命かつ明るいんだからこそ、照明カバーを付けてほしかったというのが率直な感想です。そのほかはまあまあ、さほど乗車する身からすれば変わりなし、ってところですか。マニア目線ではなく・・・。


ココからは撮影日変わって、本日分の一部です。
今日は前日頂いた情報をもとに、7/1のダイヤ訂補後動きが止まっていた HK610 が動きそうだ、という予測をもとに朝から出動!
今日のターゲットは HK610 と HK604、そして未撮影の225系5100番台編成を片っ端から、です。
日根野区横を通りかかると新A22ではなくA29運用に入るべく、HK610 が出発線に待機していたのを確認!
「よっしゃぁー!」と気合を入れなおして北上しながらプランニング。
最初の目的地を浅香上りホームにセットです。


イメージ 6
3524H A72 HF602(5104)  2016.7.10 鳳
和泉砂川で既に確認していたA72運用の HF602。こちらは未撮だったので、まずはゲット!です。この前後に HK604 や HK610 なども撮影。改札を出て・・・、


イメージ 7
1527H A72
HF602(5104)
2016.7.10
杉本町−浅香

折り返し、大和川を渡る
姿を撮影。
真横から撮影した方がよ
かったかな?




















イメージ 8
右:531H A21 HK609  
左:4118M A140+A149 HE403+HF431(5102)  2016.7.10 浅香
後続の HK610 を撮影後、乗車する HK609 の侵入を撮影するため構えていたら、背後から関空快速が。
並びで撮れるかな?と構えていたら、なんとも絶妙なタイミングで並んでくれ、しかも和歌山方には HF431(5102) が!
来りし者と去りゆく者との離合シーンには、胸がジ〜ンときます。

で、HK610 と HK604 を狙うべく久しぶりにやってきた東岸和田・葛城病院横の陸橋。
ここでまず HK610 を撮影したのち、上り列車を眺めていたとき、なにやら怪しげな列車がコチラに向かって・・・。
よく見ると HF604(5108) による試運転列車でした。

 
イメージ 12
 試?H HF604(5108)
 2016.7.10
 東貝塚−東岸和田

 これで6連は4本捕獲。
 HF605(5111)&606(
 5112)は出場間もないの
 で、もう少し先になって
 からかな?




















以上、225系5100番台を中心に先の7月1日ダイヤ訂補の話題をアップしました。
103系や205系にかかわる他の話題は、改めて稿を分けて取り上げます。

今日はこんなところで。
NRSさん、RAPID−Hさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
ではまた。

兵どもが夢の跡

皆さん、こんばんわ。
先日日曜日は久しぶりに好天に恵まれ、絶好の"鉄日和”になりましたね!
皆さんの鉄活はいかがだったでしょうか?
私は?と言いますと、これがまたまったくの「非鉄」で終わりました。せっかく晴れたのに、なにをやってんだか・・・。
ただこの日の午後から、「和歌山操」に出かける用事がありまして、せっかくなので30年ぶりの訪問を楽しんでまいりました。
「和歌山操」は客貨分離を推し進めるべく、東和歌山(完成時は和歌山に改称)の貨物取扱機能を宮前までの紀勢本線沿いに移転させて、1968年9月に開業した貨物駅です。
その後、国鉄民営化直前、1986年10月末日の貨物列車廃止まで18年あまり。その後しばらくはオフレールステーションとして、コンテナデポの役割を担っていましたが
これも移転。
そののち、出来上がったのが今回の訪問先である「ビッグホエール」
はてさて何しに行ったのやら。
写真はモノクロ3枚を除いて、いはゆるコンデジで撮ったモノです。


イメージ 1
宮前駅  2016.6.26 
ご存じ?和歌山駅から白浜方1つ目の駅が宮前駅。国鉄時代、この両駅間西側に和歌山操駅が広がっていました。
和歌山操からはこの宮前駅西側をすり抜けて、本州化学和歌山工場への専用線が一時期存在しました。今でも航空写真なら線路跡がよく判りますよ。


イメージ 2
宮前駅北西側光景  2016.6.26
こうして見てみても、かつてヤード等が広がっていたようには思えませんね。
「いや、そんなことはない!」なんてことは言いっこなしで。(笑)


イメージ 3
 和歌山ランドマーク
 ホテルの辺りから
 2016.6.26

 ホテルとパーキング
 エリアとの境界付近
 から、木立を縫って
 ビッグホエールを眺
 めます。
 まもなく沈む夕日に
 照らされてほんのり
 ガラスを赤く染めた
 ビッグホエール。














この写真を撮影した場所はというと・・・、


イメージ 10
5362ㇾ A11 EF15123+ワム・タキ他  1986.2.23 和歌山操
この撮影立ち位置からもう少し画面奥手に進んだ辺り。ワムハチ5輌目ぐらいでしょうか?


イメージ 4
パーキングエリアから  2016.6.26
もう少し近づき、パーキングエリア内からパチリ!このあたりには・・・、


イメージ 11
5365ㇾ A22+A21 ED607+ED604+ヨ・トキ・タキ・ワム他
                           1985.3.14 和歌山操
ED60重連の横に見えますが、操車係の詰め所がありました。当時の航空写真と現在を見比べてみても、ほぼ間違いないと思われます。


イメージ 12
 A205 EF5866
 1986.2.23 和歌山操

 で、肝心のビッグホエールの
 位置は?というと、左写真の
 EF5866 のお顔右手奥に見え
 る、車扱貨物ホームの跡地
 (とコンテナホーム跡地)に建
 てられました。
 せっかく許可を得て和歌山操
 に入ったのに、そういった場
 所を撮っていないとは!
 まあまさか今みたいになるな
 んて想像すらしませんでした
 が・・・。(笑)














イメージ 5
で、ビッグホエールに近づくと、何やらずいぶん多くの人たちが集まり、行き交っていますね・・・。
一体何なんだろう???

イメージ 6
さらにコチラにはグッズ販売コーナーが立ち並び、やはり多くの人たちが思い思いに買い求めている模様・・・。

イメージ 7
さらに奥に進むと・・・、

イメージ 8
こんな展示まで!

というわけで、もう
皆さんお判りですよ
ね!
そうこの日6/26[日]
(と前日6/25[土])は、
ここビッグホエール
にて、Perfume のラ
イブが開催されまし
て、実はわたくし、
それに参戦!してま
いりました。(滝汗)
で、無理やり鉄に引
っ掛けるべく「和歌山
操」を取り上げた次第
です。

肝心のライブ、
「6th Tour 2016
COSMIC EXPLORER」
はというと、
年甲斐もなくハジケ
てまいりました!
とだけ、ご報告させ
ていただきますね。



イメージ 9
 ※おまけ

 実は上の写真、時系
 列からいうと遡って
 撮ったモノです。
 左の写真は、ビッグ
 ホエールに向かうた
 め、和歌山駅で下車
 した際に見かけた光
 景。
 このとき時刻は14:3
 0頃でしたが(行くの
 が遅っ!)、改札内外
 はすでに大変な混雑
 ぶり。
 この一枚を撮るのも
 結構大変だったりし
 て・・・。(冷汗)

 








この夏の北米4ヶ所のツアーの無事と大成功、そして彼女たちの新たな目標である、
「マディソン スクエア2daysを埋めたい!」がきっと叶うことを願って、エエ歳こいたオッサンも応援します!

今回は変てこな記事になってスミマセン・・・。
ではまた。

ホロ電 散見

皆さん、またまたこんにちわ。今度は今日の一枚と+αということで。

今盛んに取り付け工事が進められている、先頭車への転落防止幌。阪和線の223系ならびに225系への取り付け、さらに新車への装着も徐々に進んでおりますが、今日も一本釣り上げてまいりました。


イメージ 1
4724H C139 HE418  2016.6.19 和泉鳥取−和泉砂川
223系2500番台一次車先頭の2編成の内、先日検査出場したHE418です。
昨日RAPID-Hさんから「HE418が運用再開している」と連絡がありまして、16日の木曜日には阪和線内でほぼ全数見た限りではまだ未稼働だったため、一昨日の金曜日から稼働し始めた模様です。(もし違ってたらスミマセン・・・)

というわけで、せっかくですからもう数枚。


イメージ 2
4316M A174+A150 HE411+HF407  2015.12.1 紀伊中ノ島
223系0・100番台で一番最初に取り付けられたのが、確かこのHE411編成だったと思います。
「なんじゃこりゃ〜?」と最初は違和感バリバリでしたが・・・、

イメージ 3
1113H A177+A161 HE402+HF402  2016.6.16 美章園
こちらはいまだ0番台唯一取り付けられてるHE402編成近況。ひとつ前の記事にも”上から目線”の一枚をアップしてます。
にしても、一体どんな基準で取り付けてるのやら・・・。(入場順ではありますが)
HE401〜9はHE402のみ。一方2500番台混編成のうち、HE410〜6はHE412を除いて全部。また同じく混編成のうちHE422・423・426・427〜30が完了。
2500番台一次車組み込みは今回のHE418が初。2500番台2・3次車のみの編成はHE420だけが取り付け。
いずれ全部に付くにしても、なんか意図的なものを感じるのは気のせい?ですかね。


イメージ 4
105H C152+C160
HE415+HE427
2016.6.5 上野芝

で、アップにするとこん
な感じです。
























イメージ 5
4116M C155+C133 HF401+HF405  2016.6.5 上野芝
こちらは225系トップのお顔。223系と比べるとさらに”昆虫顔”になったような印象を強く感じるんですけど。


イメージ 8 2909M C157
 HF402
 2016.6.12
 日根野−長滝

 同じくこちらは225系で
 最初に取り付けられた、
 HF402編成。
 有名なムンクの「叫び」?
 にも見えなくはなかった
 りして・・・。(笑)

 もうすでに皆さんご存知
 ですが、225系5100番台
 の4連は幌付で出場しま
 したが、6連は併結運用
 が設定されないため、幌
 無しなんですよね。
 またまた阪和線の車輌は
 バラエティ豊かになって
 来ましたぞ!









ここでもう一つおまけ。

イメージ 6
 798T 運用番号不明
 B12+B?
 2016.5.8
 島本−山崎

 まだ奈良区の写真が無い
 ので、本線系統からの一
 枚。
 こうして見ると、223系
 より厳つく感じるのは、
 更新工事により前面が厳
 めしい面構えになってい
 るからでしょうか?

 まあそれよりも221系12
 連はそのカラーリングと
 編成美も相まって、いい
 ですね〜!
 6連や8連はほとんど見
 向きもしない(ごめんなさ
 い・・・)んですが、12連が
 やってくるといそいそと
 カメラを向けてしまいま
 す。





さらにもう一つ。

イメージ 7
741T 運用番号不明 B10+B?  2015.12.13 山崎−島本
というわけで(なにが?)、幌無し・更新車12連をもう一枚。
う〜ん、やっぱりかっこいいなぁ〜。

とまあこんな感じのゆる〜い記事でした。
ではまた。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事