くびふり


必要以上の激しい反応に笑ってしまった
思わずカメラの出番
だけど頸椎は大丈夫?

続けていると動きはだんだんと緩慢になる
長くは出来ない
が、まだまだ

この記事に

ひまわり

お日様に向かって「はい、ポーズ」
イメージ 1
花も華も

我が家のひまわり娘は後一週間で12歳と10ヶ月

この記事に

器用な口

ふやかしたフードに、茹でたキャベツを混ぜ込んだものを朝夕の2回
長い間の習慣となっている華の食事風景

が、どういうわけかキャベツの一部を容器から出す
少量だが、ほぼ毎回
イメージ 1
ほとんどは食べてしまうから嫌いというわけでもなさそうだけど

「ここに落としたよ」
教えても匂いを嗅ぐだけ
口には入れない
イメージ 2
まだ生っぽい?
固い?

細かい選り分け作業のできる
器用な口を持っているんだね

この記事に

くすぐったい


湿疹に薬を塗りこんでいるところ
どうやら、くすぐったいらしい

そのまま走り出しそうだね

この記事に

サプライズ

宿のレストランでの華は大人しい
基本的には
イメージ 1
ここの料理はどれもこれも味はもちろん、見た目もおいしい

今回はパスタを食べた後なのに、パンのお代わりもお願いした
メインの子羊肩ローストは、食わず嫌いの向かいの席からこちらへ全部回って来て、2人前食べる羽目になった
最後のコーヒーとデザートで、もうお腹はいっぱい
食べすぎ

と、そこへケーキが登場した
意味が分からない
イメージ 2
前々日が誕生日だった連れ合いの為に誰かが、と、一瞬は思った
が、プレートに書かれた文字に???
イメージ 3
手紙も届いている

ケーキは華ちゃんも食べられますからご一緒にどうぞ
との事で切り分けてもらう
イメージ 4
「お父さんお母さんいつもありがとう」
「これは、私たち6人(子供3人、その連れ合い3人)からのメッセージです。」

便せん2枚
長めのメッセージが、誰かさんの号泣を誘ったのはご推察のとおり

ケーキの手配とメッセージだけではなかった
「お二人と華ちゃん分の宿泊代もいただいています」

お土産に、とさくらんぼは買ってきた
途中の農産物直売所でトウモロコシも買ってある
「後なんかない?」
「信玄餅とか、ですかねえ」
というわけでお土産が急きょもう一品追加されました、とさ
ちょっとしょぼいけど

我々がこの感謝の気持ちに値するかどうかは兎も角
わが子たちが随分と配慮、気配りの出来る人間に育ってくれたなあ、の思いは強い

これからも子供たちに心配や負担をかけないよう、できる範囲の応援はしつつ
元気に日々を過ごすべし
華ともども
だね

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事