空が大好き!

悩みながら模型飛行機作ってます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ゼロ戦

 
実は・・・私はゼロ戦には詳しくないんです。
 
以前から作っていたゼロ戦がやっと製品レベルに出来上がりました。
まだ若干の改良が加えられますが、納得できる仕上がりと飛行性能になりました。
 
ゼロ戦に詳しい方はいっぱい居られ、ここまで作ったけれど実機と違う点をいろんな方から指摘されてしまいました。
でも試作段階でゼロ戦の詳しい方に聞いたらいろんな意見が出てきて・・・先に進まない(><)
 
でも・・・それなりに雰囲気は出ているんじゃないかなぁ。。。って
 
イメージ 1
 
この機体はスチロール機で、近くでよく見るとビューズが見えますが、ゼロ戦の雰囲気を楽しめる事を重視、ビューズは重量が増えるので諦めました。
でも、発泡機の気になっていたエルロンサーボや配線は裏側から見えないように内部に配線を通したり、重心位置が合いにくいレイアウトを改善する為に実機より長い目のノーズ、安定性を良くする為に一回り大きな垂直尾翼。
そして、1150mmの小型機を実機のように「ゆったり」飛行させる為に安定重視の翼形を採用。
 
この機体、翼に6サーボ搭載し、イルミネーションランプも取り付けているので、コードが二股コードを使っても5本の接続が必要なんです。
引込脚は左右にサーボが付いているので送信機の設定で実機のように別々に引き込む事も可能です。
爆弾も投下できるシステムを搭載しているので、爆弾競技も可能。
フラップを装備しており、離陸/着陸の味のあるフライトが可能です。
 
何と言っても小型機なのにハーフパワーでゆったり飛んでくれるのは、本当に良いものですね。
 
本日(1/21日) 雑誌の取材を行いました。
いろんな角度から写真を撮ってもらったので、雑誌の発売が楽しみです。
 
モノクロの写真が似合うかな??
 
イメージ 2
 
後姿も良いですね。
イメージ 3
 
緒元を紹介。
翼長1150mm 機体重量1020g 3セル2200mAhバッテリー搭載。
製造発売はカシオペア。
 
これから宣伝にかかります。
模型店に貼る準備している写真です。
イメージ 4
全長;950mm 全幅;1150mm 主翼面積;19.8d㎡
モーター・アンプ・サーボ・ライトシステム・引込脚・爆弾投下・各リンケージ済
機体素材;EPO塗装 推奨バッテリー;Lipo3セル2000〜2500mh
予価¥34.800-(税別)
 
本当はフライトビデオも撮りたいのですが・・・
小型のスケール機は手ごろなサイズが良いのですが、実際に飛び上ったらコロコロしたり音速スケールで飛んだりが多いのですが、今回のゼロ戦は、滑走が始まりハーフスロットルで離陸した時に「オォッ〜〜」って言ってくれたゼロ戦に詳しい雑誌会社の編集長が居ました。
取材では上空から爆弾を落とすシーンも撮影してもらいました。
 
飛びの良さをそのうちにビデオを撮って紹介しますね。
 
このゼロ戦、うちの製品で初めて「Cssiopeia」の文字が何処にも書いていないのです。
タイヤカバーの隅にでも書きたい・・・・。

アグスタA109

MD500Eヒューズに続いて550クラス・アグスタA109を発売準備中。
イメージ 1
先にJRから発売されるボディと基本的には同じですが、各部をバージョンアップ。
 
イメージ 2
アグスタと言えば4枚ローターですよね。
ヘッド、スワッシュ、専用ローターを作ってます。(写真は試作)
3D フライトには対応してませんが、MD500Eと似たような綺麗な音、重量の増えたスケールボディの重さを感じさせない浮きの良さ、舵の反応の良さが特徴です。
 
スケール機の大事なポイント。ノーズギア・メインギア。
イメージ 3
イメージ 4
実機の雰囲気を・・・タイヤカバー付きメインギア、サスペンション付きノーズギアーを装備。
フレームを実機に近い前傾に搭載する事により、実機と同じようにタキシング出来ます。
エプロンから滑走路にタキシング、そして飛行機のように滑走〜サスペンションが伸びてから離陸する様子を再現できるように仕上げました。
実機アグスタA109 ↓
晴れた空では見えませんが夕方や部屋に飾った時にちょうど良い明るさのイルミネーションランプユニットも準備。 フライトだけでなく部屋に飾った時、自慢できる仕上げです。
 
イメージ 5
イメージ 6
実機のネット部分は同じようにネットで、給油口やドアハンドル、パネルラインも再現してます。
排気口の熱による焼け色も再現。
サイドのキャノピーも装備しました。
 
イメージ 7
メンテナンスとバッテリー交換が容易なキャビンの分割。
アライメントピンとマグネットで固定されたフロントキャビンは工具を使わずワンタッチで取り外し可能です。
 
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
 

ヘリフェスタ2014

2014年ヘリフェスタが愛知県/一宮で行われますが、当社も参加する事になりました。
イメージ 1
 
展示予定は3機
ベル222、AS350エキュレイユ
イメージ 2
イメージ 3
 
上記2機種は既に発売中ですが、今回、新機種 MD500Eヒューズを追加。
試作段階の写真です。
イメージ 4
まだ改良中ですが、各部仕上がって来ました。
只今、5枚ローターを作ってます。
ヘッドは部品を切削中。
ローターは仕上がりました。
 
5枚ローターはヒューズの雰囲気を良く表現してくれます。
旋回中や上空から降下してくる時は、やっぱり5枚ローターでないとね。
ライトシステムもスケールヘリでは必需品。
スキッドの先端が光るグリーンとレッドの光、テール灯、機体上下のストロボは美しい。。。
 
それから、ヒューズのボディは空力的にとても良いです。
当社のスケールボディは全てサイドウィンドゥを取り付けているので上空での走りは抜群。
特にヒューズは気流の流れが良いみたいで、ホバリングのスワリが良く、
上空でも走り、ストールターンの上昇の伸びはスタントボディ並です。
 
イメージ 5
F3C世界選手権 優勝機はヒューズを変形させたスーパーグレィシーですからね。
 全部仕上がったらホームページで紹介します。
 
イメージ 6

一里野スロープツアー

気が付けば9月も終わり。
今月はブログをサボってしまってました。
 
おかげで新しい機体が2機種、マイナーチェンジ機一機仕上がりました。
 
今回は全てグライダー。
 
3機を持って、CIVIL木島氏が幹事で集まる石川県・一里野スロープツアーに参加しました。
 
スロープフライトといえば息を切らして山を登り、着陸場所は山の斜面。
斜面着陸は草の比較的長い場所を狙いますが堅い木や岩が隠れていて機体を破損する事も多いです。
 
今回お伺いした場所はクルマでフライト場所に横付け出来、ゲレンデの平らな滑走路に着陸できる好条件。
フライトだけでなく、ペンションに泊まって温泉に浸かって、楽しい時間を楽しんできました。。。
 
今回、あまり写真を撮ってこなかったので、木島氏のサイトも見て下さいね。
 
イメージ 1
条件が良くなると一斉に飛び出します。
飛ばしている人数と、実際に飛んでいる機体の数が合わないことも。
そして・・・ノーコンだぁ!!って叫ぶ人。
 
イメージ 4
気流が変わり、スタートして浮かなくて帰ってくる事も。 
登山道のコンクリートに刺さってしまう事もタマ〜に有ります。
 
イメージ 3
失敗しても笑顔いっぱいです。
  でも・・・帰ってから修理が待っているのかな?
 
イメージ 2
持参した新型セラ。
胴体は共通ですが特性の異なった主翼、尾翼を装備します。
 
イメージ 5
泊りはケリエ山荘。
夕食はおいしいフランス料理
そして気持ち良い温泉。。
 
イメージ 6
一日目は皆さんが帰る寸前に現地到着しワンフライト。二日目はとても良い天気の中を楽しみました。
 
二日目は風が弱く風向きも変わり易かったのですが、新しい「セラ・セーリング」はモーターを外し、フラップ・エルロン装備で300gで仕上がっており、浮きにくい条件でも浮いてくれ楽しめました。
フラップ付きは足元に着陸も楽ですねぇ。
 
 
阿蘇・大観峰と言えば熊本県を代表する観光地の一つ。
そこはスロープグライダーをやっている方なら聖地とも言える有名な場所です。
 
こんな多くの観光客が訪れる場所でラジコングライダーを受け入れて貰えるって全国でも無いですよね。
マナーの良いフライヤー、何処から来ても受け入れてくれる地元のマニヤ。
そして土産屋さん。
これだけオープンなスロープフライト出来る場所って他には無いです。
 
 
この場所で行われた「阿蘇・大観峰スロープ競技会」
今回はRunaとASK21-7.5を持参して参加しました。
イメージ 1
 
2mクラスから競技開始。
午後から雨の予報なので、何とかラウンド成立させようと急いで開始したのですが・・・・
 
2mクラス中盤から雨。。。。
イメージ 2
雨など関係無い。飛行できる  って事で競技は進行します。
 
イメージ 3
待機する参加者も雨に濡れ・・・・
イメージ 4
雨に濡れないように抵抗する・・・・カシオペア、裏社長
 
イメージ 5
水に強い?? シャーレ機は濡れ放題。。
 
イメージ 6
胴体はグラスで大丈夫ですが、バルサ・オラカバフィルム仕上げのASK21-7.5は・・・見事に内部までビショ濡れに。。。(><)
一番弱いスポイラー部分にビニールを張り付けましたが・・・
    猫に小判。。。じゃない、馬の耳にネンブツ・・・じゃない。 何だったっけ??
 
集計用紙も雨に濡れて大変!!
イメージ 7
総勢、びしょ濡れの大会でした。
 
今回の大会賞品に、送信機カバー(¥4.800-)を準備しました。↓
イメージ 8
↑モデルはうちの娘です。 ベル222を飛ばしてます。
 
寒い中でも飛ばせると思い準備しましたが、雨カバーとして先に渡せ!!って意見も。(モットモデス)
 
今回は雨にも負けず大会を行い2mクラスとオープンクラスが成立。
今回は郵政大臣杯も係っており、何とか大会は成立しました。
 
私???
2m、オープン、スケールの三種目に参加。
オープンクラスは最後のフライト予定でしたが・・・霧で棄権する事になり、結局2mクラスで飛行したタイムが成績となりましたが・・・ぎりぎり入賞圏外の4位に終わりました。
 
でも、「雨にも負けず」の大会、とても楽しんで帰って来ました。
 
当日のフライト写真は何も撮ってなかったのですが、前日土曜日に飛行した様子をホームページ動画に挙げました。
 
雨で濡れ、冷えた体を温めるために温泉に直行。
こんなところも、さすが阿蘇。。。
 
土曜日に泊まった宿です。
イメージ 10
部屋はとても広く、和洋室で、食事は部屋食、温泉は源泉かけ流し、もちろん露天岩風呂、蒸し風呂、そして家族風呂や混浴まで。
他なら2〜3万円クラスのサービスが1万円ほどで泊まれ、次も行きたい宿が一つ増えました。
 
今回は往復飛行機、現地はレンタカー。
熊本空港から大阪まで1時間ほどのフライト。
イメージ 9
イメージ 11
いっぱい楽しんで、夕方4時ころ阿蘇を出発。
空港でお土産いっぱい買って夜8時頃には帰宅。
 
最近は飛行機も早割で往復3万円。レンタカーも二日間で7千円。
早くに予約すれば宿とセットで2万円台のツアーも有ります。
 
飛行機で往復は楽ですっ。
 
※ちなみに、大観峰でフライトする時は、おみやげ屋さんに名簿が有るので必ず記入、飛行する場所は展望台の先で人の上には近づかないように。ゴミは他人の物でも持って帰る。
(当たり前のマナーですよね。)
 
地元、阿蘇グライダークラブをはじめ九州の方々、本当にありがとうございました。
また時間が出来たら遊びに伺います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事