空が大好き!

悩みながら模型飛行機作ってます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

Runaをやっと発売。

今年の初めにラジコン技術に載せてもらった「ルナ」
やっと発売できます。
 
現在、説明書を作ってます。
写真はHPと同じです。
イメージ 1
 
元々のLunaは胴体がもっと胴体が太いのです。
イメージ 2
胴体を一回り太くしてステルスモーターが入るように変えました。
太くなっても、これでも抵抗が増えない形状よりやや細め。
イメージ 3
ノーズコーンの中にモーターが収まってます。
 
そしてメカルーム。
イメージ 4
5セル2500mAhバッテリー、70Aスピードコントローラー、11-6ペラの組み合わせです。
 
機首はメカプレート、ノーズコーンが入り、キャノピーも外れます。
イメージ 5
機首を長い目に、垂直尾翼も一回り大きくしました。
モーター、バッテリーを搭載して重心が丁度になってますが、ピュアの場合は先端に受信機バッテリー、レシーバー、メカプレート先端にサーボが収まります。
機首を長くしたのでバラストがほとんど不要になり、軽い機体になりました。
 
今週末はイベントがいっぱいです。
航空ページェント/四国グライダー/高知スタント大会/九州70スタント大会/玄岳スロープ大会。
今週金曜日は名古屋の問屋さん販売店さんに出かけ、土曜日は東京の問屋さんと販売店さんまわり。
航空ページェントに行きたかったのですが・・・日曜日は早く帰りたかったので、伊豆の玄岳スロープに出かける事に決定。
 
ルナとASK21を持って行きます。
イメージ 6
イメージ 7

大会終わって・・・・

イメージ 1
ホームページと同じ写真と内容ですが、皆さんに手伝ってもらって無事にカシオペア大会が終了しました。
 
参加選手58名。
名簿通り欠席者なし。
参加者が多いので日暮れまでに終わらせるには時間がギリギリ。
 
少しでも早く一番機を飛ばす為に、会場の入り口で警備員??のジャッジ上田氏に立って頂き、会場に入ってすぐに受付をお願いしました。 ここで約30分の節約。
 
受付の終わった方にはひと口ケーキをサービス。
 
そして朝の挨拶と共に、先にジャッジの傾向とフライト方法などの説明。
 
海に飛び込んだら諦めて下さい。 まだ一機も落ちてないので一番機は誰か・・・などなど。
 
東に向かって飛行するので、朝日が眩しいので特製の日よけを前日に製作しました。
イメージ 2
 
フライトエリアに太陽が有るので、これが意外と重宝。
皆さん経験有ると思いますが機体が太陽に入ると目が眩んで暫く機体が見えなくなりますよね。
これなら太陽に入っても扇から出てくるのを待って、対応した舵を操作できます。
 
でもこの中でストールターンはやらない方が良いみたいです。
  ↑目慣らしでやってしまいました。
 
ここの飛行場、KMAがカシオペア大会に間に合わせてくれた新飛行場。
最初の栄誉ある大会になりました。
 
各地から集まった選手。
たった4分のフライトで終わるのは申し訳ないって思い、何とか2ラウンドやりたい!! と各役員にお願いし、一人116枚のジャッジ。
休憩などを入れると10時間の大会。 
8時半から始めたら18時半。
夜間飛行になってしまうので、選手の交代などを考えタイムスケジュールを制作。
何とか5時半に最終選手が飛び立ってくれました。
 
何とか最後まで出来たカシオペア大会。
普段の練習を発揮できた方、不本意に終わった方。
賞品も今年は少し少なくなってしまいましたが、来年もやります!!
 
景品が少ないので来年は皆に賞状作ろうかなぁ。。
 
 
そして新しい飛行場。
広さだけでなく、美しい海や航行する船を見ているだけでも景色が良い場所です。
イメージ 3
 
これからここが、関西の大会の中心になる事でしょう。
海の上は上昇気流の発生が少なく、多少風が強くても飛行機もヘリコプターも揺れないで綺麗に飛んでくれます。
駐車場も広く、催しには最適。
ヘリコプターも飛ばしてみましたが、空域は充分。
風が吹いても気流が安定するという事は、静演技の止まりが良いって印象です。
イメージ 4
 
海の海流は凄く速い場所です。
船を準備しても動力無しでは遭難します。
それに大型船も何キロか先を航行するのでゴムボートなど出せば惹かれます。
 
墜落はすご〜く残念な結果になりますので普段の整備は充分に。
 
ホームページにも結果を紹介しました。
 
KMA新年総会で、やっぱりやる事に決めたスタント大会。
去年の参加者48名だったのですが、今年はどれくらい集まるか心配いっぱい。
 
少ない方が気楽で良いかな??
 
でも、どうせやるならいっぱい集めて盛り上がらないと。
 
    ・・・・で、昨日の締め切りに申し込まれた参加者総数 56名。
     ↑集計ミスで58名でした。
参加申込み頂いた皆さん、本当にありがとうございます。
 
50番以降のゼッケンは袋に入った新品です。
 
KMA新飛行場。 
最初に作った滑走路は40m×60m
 
フラップを装備したCOOでは難なく離着陸しますが・・・・
 大会をやるには滑走路が短すぎる!! って勝手なことを言ったのですが。。。
 
なんと、カシオペア大会に合わせて滑走路を広げてやろうとKMAさんが拡張工事を行って頂き、
面積が約3倍。60m×120mに広げてくれました。
 
10月5日に飛行場整備に行ってきました。 
早速、スタリオンのラダー先端にカメラを取り付け撮影してきました。
 
滑走路は台形ですが、これは南側の堤防上に釣りに来る方が多いので、海に向かって離陸、海上から着陸進入してもらう為です。
初めての方にも離着陸しやすいようにセンターラーンも引きました。
 
会場の飛行は気流が安定しており上昇気流なども少なくパターンを行った時、機体が揺れないので気持ちよく飛ばせます。
 
ジャッジは昨年に続いてKMA曲技部門委員長の神戸氏、関西F3Aトップフライヤー坂本氏。
そしてF3A、F3C国際ジャッジの上田氏に今年は加わって頂きました。
56名、何とか2ラウンドやりたいのですが・・・・
 ジャッジには一人112枚、総数336枚のジャッジをお願いしました。
すごーい重労働をお願いしてます。
参加者の方でこのページを見た方、会場に早い時間に来てくだい。
7時には会場を開けてます。
8時に一番機が飛ばないと日が暮れてしまいます。。。
  ↑可能なのかなぁ????
 
今回の参加者傾向として、F3Aフライヤーよりサンデーフライヤーが多く参加いただきました。
これからパターンをやってみようと考えてる方、スタントフライトに興味持っている方。
手に届く演技を見事に決める選手権クラス・フライヤーの演技を見、挑戦して頂ける良い機会だと思ってます。
 
 でも・・・カシオペア製機体の参加が少ないけど・・・
                   それだけ買ってもらえるかも。。。って人が多く集まったんですよね。
だいたい日本中探しても、スタリオンは売り切れてしまって買えないから仕方ないですよね。
 
イメージ 1

やっと出来たASK21

秋ですねぇ。
空の青さが透きとおってきましたね。
 
キィ〜ンと飛ぶのも良いけれど、サーマル探して自然に高度が上がるって嬉しいですよね。
イメージ 1
最近のプロポは高度計も有るので、勘でサーマル探すより確かに見つけられる。
浮かなくなったらモーターを回して。。。
イメージ 2
どうせ飛ばすならスケールがカッコイイでしょ。
 
ツインアクロやカーエイトはOK模型とサーマル工房さんに任せて、やっぱり日本で一番多く飛んでいるASK21がカッコイイです。(好きです)
イメージ 3
 
以前販売していたASK21は全て日本製だったのですが・・・さすがに工賃が高くて、最終価格が5万円以上になってしまいましたが、今回のASK21は翼が中国製で¥34.800-です。
胴体や小物パーツは良い物が出来なかったので日本製。
特に胴体は中国の工場の自信作でも仕上げは良くても軽さ重視のASK21では不合格でした。
電動ユニット搭載しても1250g、ピュアならメチャ軽く1000g以下で仕上がります。
ステルスモーター装備で作ったので、飾っている時は「ヒゲ」が無くなります。
イメージ 4
イメージ 5
 
昇り過ぎた時や着陸時にはちゃんとスポイラーを出して思った場所に帰ってきてくれます。
イメージ 6
 
今回はノーズも車輪を装備したのでコンクリートの滑走路も大丈夫です。
だから車がほとんど通らない、舗装された山奥の林道でスロープフライトが楽しめます。
イメージ 7
 
キャノピーを外し、メカ部分です。
イメージ 9
 
機体は主翼二分割、尾翼も外れるので小さくまとまります。
箱に入れて電車やバスでグライダーを飛ばしに出かける事ができます。
家族とお出かけの時もコッソリ車に積み込めます。
イメージ 8
人形もついてますが・・・写真の人形はアストロホビーで販売している人形です。(塗るのが苦手で・・・)
主翼の模様は実際は翼端の端まで赤色になってます。
 
イメージ 10
小さく分解できるので、350Bのトランクに楽に搭載できます。
 
 動画
ハナさんの解説付き動画
 
普通のサーマルフライトは・・・・
高度が高くて映らないのとユッタリ過ぎて・・・良い映像になりませんでした。
 
10月3日より出荷開始します。
ご注文お待ちしてます。
 
高知と言えばサーマル工房。
坂本龍馬やヨシオカモデルファクトリーも有りますが、日本のF3A機をほとんど生産しているサーマルさんと水上飛行機を飛ばそうって事でお邪魔しに行きました。
目的は「仁淀川ブルー」
でも、なが〜〜く続いていた渇水が一気に解決する大雨が続き、数日前は泥水危険水位の状態。
土曜日朝に谷村氏からの報告で「仁淀川ミルクティ」にまで回復したって事で土曜日の朝から仕事を片付け昼から出かけました。
イメージ 1
翼端を外すだけで積み込める機体って便利??
重心位置が悪いらしく、フライトは見れませんでした。
 
イメージ 2
メイン行事の夕食会。
世界戦帰りの新階氏と吉永氏、腕だけの坂東氏と有意義な時間。今後の日本の政治経済から隣のオネーチャンの話まで。
 
日曜日は、かなり仁淀川ブルーに近づいた川辺でフライト。
坂東氏のOKピラタス10セル/テトラ改造フロートのハイパワーフライト。
イメージ 3
 
一緒に持参したカシオペア・ベル222 ヘリコプター。
離着陸の場所が無いのでテーブルの上をヘリポート替わりに。
F3Cヘリパットくらいは面積有るはずですが・・・風が少し強く降ろしにくい。。。
 
続いてスポンソンに取り付けた小型カメラからの映像。
 
COOも元気に飛ばしてきました。
こちらは迫力ある映像になりました。
まずは地上からの映像。。
近くで何度かタッチ&ゴーを行っており、離水しにくい鏡のような水面から美しく離れる様子が撮れてます。
何度かフレームアウトしますが、この動画の次にアップする機体カメラからの画像でフライトを想像して下さい。
 
次に機体の垂直尾翼に取り付けた画像。
水面を低空背面飛行はとても迫力有ります。
 
 
今回、高知にお邪魔してハプニング3点。
 
一点目。
ます行く道の徳島道。
昼に家を出て日暮れまでに到着したかったので、ちょっと早いペースで走ってました。
土砂降りの淡路ではハイドロプレーニングが起こるとプリウスは横滑り防止装置が何度も作動。
さすがハイテク車。 横滑り装置使い放題で豪雨の中を安心走行??
そして雨も止んで片側一車線の徳島道。
前に大型トラック、ミニバン、そしてカシオペア・プリウスの順番で走行・・・そして2車線が現れ追い越し開始!!
ミニバン、トラックを一気に抜き去り速度が110km??で後ろに白いクラウン発見。
ミニバンもプリウスと一緒にトラックを追い抜いたみたいで私の後ろに。
なぜか制限速度70km。速そうな白クラウンについて行こうと左側車線で100km走行、クラウンが前に行くのを待つ。。。でも同じ速度で追いついてこない。。
 
変な車だなぁ。。。覆面パトだったら嫌だなぁ。。。 って思っていたら
 
突然赤サイレンがピカッ!!
 
あ〜ぁ・・・・・気づいていたのに。。 。
 
確か計測って赤サイレンを回してから一定距離を走って計測すると聞いていたから、計測が終わるまでに減速すれば間に合うかな??って、急ブレーキ。。。
でも先頭走っているから無理かな???
 
    ・・でっ、なぜか捕まったのは後ろを走っていたミニバン。
何で捕まらなかったんかなぁ???
不思議。
 
二点目。
帰り道も安全運転。
でも気になるのは覆面パトとオービス。
日曜日ってサンディドライバーさん、めっちゃ安全運転で70〜80km制限の高速道路を50kmで走る方が居られるんですねぇ。。
数百メートルの長い列を並び、2車線になった時にゆっくり安全運転されている先に出たいと加速。
 
    アレッ?? って思ったらオーービス。
またまた夜の高速で急ブレーキ。
 
ハイテク・プリウスのメーターがブレーキをかけた途端、メーターの証明が消えてしまいました。
イメージ 4
速度もシフトポジションも、燃料計もダウン。
 
困ったなぁ。。。 メーターヒューズ切れたかな??
  シフトを変えたら発進出来るのかな???
    急ブレーキのショックで配線の何処かが断線したかな??
ハイテク車は一旦壊れたら大変!!
 
とりあえず夕食に寄って考えよう  って事で、徳島のトンカツ屋さんに停車。
 
ヒューズボックス探しが始まったのですが。。。
 
しばらくして修理完了。
イメージ 5
原因は・・・
ハンドル前に置いていたゴムシートが電光板を急ブレーキで移動して隠してしまっていたのでした。
イメージ 6
 
最後の3点目。
 
これはとても残念な結果になりました。
 
自分では言いにくいのでこちらのブログのフライングボートの映像で。。。
 
 
 
 
みなさんの叫び声で終わりました。。
 
 
今頃、太平洋の沖合を航行中、 黒潮に乗って三陸沖くらいまで行ったかなぁ。。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事