空が大好き!

悩みながら模型飛行機作ってます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
新しく製作した「ベル222」を持参してJR大会にお邪魔しました。
参加者50名近く。初級からF3Cまで数多く参加され充実した大会でした。
 
持参したベル222は2色有り、テーブルの上で展示。
フレームはJR最新のシルフィードE12、バーレス3軸ジャイロTAGS01、FBL-SW700&RUD700サーボを搭載。
F3Cと同じメカを搭載しました。
 
充電器は今まで間に合わせだったのですが、さすがに12セル仕様では真面目な充電器が必要になりハイテックのハイパワー充電器「マルチチャージャーX2」そして「Eパワーボックス30A」を準備。
短時間でしっかり充電出来ます。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
イメージ 3
ベル222は多くの方に見て頂けました。
ちゃんと写真を撮ったらホームページで紹介しますが美しい塗装仕上げはもちろん細かなパネルラインやヒンジ、エンジンカバーの網目もステッカーじゃなく網を貼って塗装されてます。
皆さんが「ほぉ〜〜」って食い入って見てられました。
 
で、フライト。
オレオ脚が間に合わなかったのでピアノ線脚ですが、ゆっくり引き込むのがカッコイイです。
イメージ 4
イメージ 5
ランプもちゃんと光ります。
 
まだ調整が完璧ではないので遊覧飛行程度のフライトしか行いませんでしたが、F3C機と違い迫力あるフライトです。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
昼のデモフライトのお客様たち。
クーとミニFOX-G2をデモフライト。
当日はチャンピオン伊藤クンとJRヘリ内田氏がデモフライト
昔は背面で草を刈るか・・・というデモでしたが、伊藤クンは機体を垂直に立ててテールローターで草刈。
ナイフエッジホバリングで草刈・・・・などなど。
F3Aの練習している時に傍でブンブンやっていたけど改めて皆の前でフライト見たら気合の入り方が違う。
 
そんなフライトに対抗するのは機体が何機あっても足りないので・・・とても落ち着いた飛行を行うクー。
一応、低空ローパスや水平旋回程度に。
ミニFOX-G2は高高度からの垂直降下と低空ロールだけ真似しておきました。
イメージ 8
 
大会は約50名の参加者。
初級〜上級までの参加者が多かったのは良かったです。
電動も増えており、時々エンジンの音を聞くとチョット懐かしく感じたりして。
 
今回はほとんど無風。
F3Cの静演技ではフラッグを外す方はマル判り。
皆さん遠くなってますよぉ。
風が無いから機体の下を見ればフラッグの向こうに吹き降ろし風が見えてます。
上空ではほとんどの方が図形が酷い状態。
F3C優勝した木村氏でも図形が合っていない減点が多かった。
2位の・・・名前忘れましたが・・・上空の図形はチャンピオン伊藤クンに迫ってましたよ。
私は一番良い点を付けていたと思いますが、コブラで見事な失敗して2位に落選。
それから大きなボディーを取り付けてましたが、演技にとても有利に感じました。
F3A機の機体がスケール機のように大きくなった時、演技にとても有利になりました。
例えばベル222は大きなスポンソンのおかげで機体の傾きが見やすく細かな舵を操作できます。
傾きの判断しやすいボディは演技に有利ですよね。
上空では太いテール、大きなボディは多少離れても見やすく多少離れてしまっても遠く見えない。
姿勢も見やすいので素早い修正舵が入ります。
 
今回のJR四国大会。
すこ〜し雨が降りましたが風も無く気持ちよく飛ばせる大会でした。
次は京都でJR大会。
皆さん集まるかな??
 
 
 
 
 

ベル222

700(90)サイズヘリコプターを作ってみました。
細かい細工が出来ており、プラモデルを大きくしたような仕上がり。
塗装はクリヤー仕上げで、本物より綺麗です。
 
イメージ 1
ナビゲーションライトも光ってます。
実機のタービン音のようにゆっくり回転を上げていき車輪をゆっくり引き込みながら離陸、上昇するのがとてもカッコイイです。
 
明日、明後日とJRヘリコプター四国大会に持って行きます。
 
COOもオレオ脚が出来上がり持参します。

2013/F3A関西予選

今年一年の結果発表。
イメージ 1
一生懸命、F3Aを練習したけれど結果は7位でした。
僅かなミスで順位が下がる世界です。
ラウンド毎に機体を見失っているようじゃダメですね。
ジャッジも僅かなミスを的確に見つけてシッカリ減点してくれます。
 
日本中を見て回っている茂平爺さんもすこ〜し失敗しただけなのにシッカリ減点してくれました。
イメージ 2
 
3ラウンド目は太陽に機体がキラッって光った途端、完全に見失いエレベーター操作したら向こうに飛んで行きました。
岡山/根古屋の久山ジャッジ、1点って書いたのを0点に書き直してます。
イメージ 3
まぁ。。これが私の実力です。
 
この一年・・・って言うより仕事を怠けて2週間だけ練習して何とかしようという考えが間違っているんですよね。
 
関西から日本選手権に行く精鋭です。
イメージ 4
 左端は惜しくも4位(補欠)になった山崎氏。
もう少しだったのにぃ。
でもオールジャパンはトップです。
 
そしてオールジャパンに行くメンバーです。
イメージ 5
 
私もすこ〜しだけ他の地区で演技を拝見する事が有りますが、関西のレベルは確実に上がってます。
そして電動化も進み、エンジンで参加したのは3名だけ。
 
カシオペアF3A用のプロペラを使ってくれた参加者も何人か居ました。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
エア・グリップ プロペラは上昇力はAPCやカーボンと変わらないけれど降下ブレーキと音の良さが好評です。
今回、試作で作った3枚プロペラは一定速度演技は絶大な効果。
上昇の後半のネバリが良く、例えばクローバーでゆっくり登り始めながら頂点ではしっかりスピードを維持。
降下では横トップで速度が落とせるので下の水平をシッカリ表現。スクエアループでは降下し終わった時の速度を落とせるので余裕あるロールを見せ、ロール前後の直線を左右均等に見せやすい・・・などなど。
何といってもペラ音はすごく静かで気持ち良いです。
「電動がモーターのように飛ぶ」って表現されました。

Runa

Runaを作ってます。
もちろんシャーレ機で、オールマイティRunaです。
 
初代Luna
この機体、2mクラスで大活躍。
持っている方も多いと思います。
私はスロープ大会からサーマル大会まで使ってましたが・・・・
サーマル大会ではさすがに運任せ。
チャンピオンに助手を頼んだ時は「F3Bを舐めてる!!」って言われながらウィンチ発航し、満点/ラウンドトップも取った機体です。
イメージ 1
 
今回、主に胴体を新しく作り直しました。
太くなったので飛ばしていて姿勢が見やすいです。
(スタント機じゃないのですが、見やすいのは操縦の失敗も少なくなるでしょ)
並べて飛ばしても抵抗の差は全く変わらないみたいです。
先端も尖っているので初代より抵抗が少ないかも??
イメージ 2
 
大きな違いはモーターが取り付けられます。
初代は電動仕様が有ったけれど、ノーズを切断したスピンナー仕様。
今回はステルスモーターを搭載しました。
イメージ 6
 
分解図です。
ノーズはメカプレートにノーズコーン、キャノピーが分解できビスで組み立てる構造です。
イメージ 7
 
ステルスモーターを搭載したノーズコーン
イメージ 8
 
メカプレートです。
イメージ 9
 
バッテリーは5セル2500mAhバッテリーを搭載。
シャーレFOX2.1Sと同じユニット。
垂直に上がって行きます。
イメージ 10
 
垂直尾翼は初代より面積を増やし方向安定を良くしました。
イメージ 11
 
フラップ・エルロンなどは従来どうりですが、高翼の機体はフラップ下げたまま着陸できるのが良いですよね。
イメージ 12
 
大阪平野を見下ろし垂直降下から垂直上昇に移るスナップです。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
パワーの有るモーターを使い、キレのあるダイナミックなスタントフライトも楽しめます。
 
続きはホームページにそのうち入れます。
 
いろんな場所に出かけてますが、いつもほとんど観光せずに帰ってきますが、
今回ホテルの朝食を済ませてチョット観光地に。
イメージ 6
イメージ 7水がきれいで透き通って河底が見えてます。
何といっても、川の周りにゴミがほとんど無い。
多くの方に観光に来て頂くために、街の皆さんが川を大切にしているから美しさを維持できるんですよね。
 
四万十市の中心地から10分ほどで、この景色です。
 

 
以前から準備に大変だった吉岡社長。
大会も終わりに近づきホッとした表情が。。。
皆さんに楽しんで頂くための気使い、本当にお疲れ様でした。
イメージ 1
 
本部テントで送信器管理に大活躍の〇〇ちゃん。
来年も会いましょうね♥って言ってくれました。
イメージ 13
 
一日中、アナウンス&進行に大活躍のヨシオカモデルファクトリー大翔/久智さん。
二人共、笑顔がいいですねぇ。
イメージ 14
 って事で、来年も行く事に決定。。です。
 
 
今回、大活躍だった救援ボート。
風が強く、転倒、エンスト・・・参加者のほとんどの方がお世話になりました。
イメージ 8
 
風に強いノーススターで参加の羽田氏。
クーの空撮でちょっと写っている機体です。
イメージ 9
美しい絹張り仕上げをいつも見せてくれる稲葉氏。
今回は奥様と一緒に参加。
この大会の後に九州旅行だそうです。
イメージ 10
 
新製品DMS14を展示していたJRブース。
浦尻氏は実家に里帰り&出張だそうです。
イメージ 11
 
小川精機広報部/宮田氏。
OSモーターも好調に売れているそうです。
当社エクリプスに搭載されている方が多くなりました。
イメージ 12
 
ヨシオカモデルファクトリー大翔/技術部長。
当日は強い風の中、トルクロール/ラダー水面タッチを見せてくれました。
イメージ 2
 
大会も終わり。。。。。
イメージ 3
荷物を車に積み込み帰ります。
イメージ 4
帰り道は渋滞も予想してましたが、意外とスムーズに奈良まで帰りました。
四万十市まで奈良から460km。時々休憩しながら片道6時間と少しの距離でした。
 
次は6月16日KMA琵琶湖水上飛行機大会。
高島町/風車小屋の近くで開催します。
梅雨の季節ですが天候は・・・いつも良いので今年も大丈夫の予定。
イメージ 5
水面を滑走する飛行機はとても美しいです。 
 
皆さん ぜひ来て下さいね。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事