空が大好き!

悩みながら模型飛行機作ってます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

最近のお出かけに活躍してくれているプリウス君
ドアロックが壊れてしまいました。
イメージ 1
以前、助手席が壊れ、ユニット交換に2万円ほどの出費。
今回も同じ症状でダメ元で分解してみました。
 
ドア内貼りを止めているビス2本を外し引っ張ると内貼りが外れました。 ピンを紛失しないように注意。
イメージ 2
 
ガラスレールを外し、固定ビス3本を外しコネクター、ワイヤーを外すとユニットが取り出せます。
イメージ 3
ニャンコのリリィも手伝ってくれます。
 
ロックを留めているビスを外すとロックが外れ、次に蓋を留めているビスを外しピンを外すと開きます。
部品が飛び出さないようにゆっくり開きます。
イメージ 4
一気に開くと部品がバラバラになり何処にどう組まれているか判らなくなります。
 
開いたところで、何が原因か考え込みます。。
部品はどれも折れていたり欠けたりしていない様子。
 
モーターかな??
イメージ 5
シャフトを外し、モーターを分解してみました。
 
イメージ 6
ブラシが真っ黒。 これかな??
 
ブラシをきれいに清掃しました。
イメージ 7
ブラシをきれいにして組み立てます。
 
イメージ 8
モーターにコードを接続し、動きを確認。
最初、動かない・・・って思ったらドアのボタンを押して閉まった状態にならないとドアロックは作動しないんですね。
とりあえず力強く動いてくれます。
イメージ 9
ユニットを組み立て・・・・
イメージ 10
元通り組み立て修理完了。。
 
作業時間は考えている時間が長く、約2時間の作業。
次に壊れた時は1時間ほどで修理できるかな??
 
クルマってユニット交換が基本の修理と考えられて構造を決めているのが判ります。
昔のクルマだったら、ドアロックユニット、リンケージ、コントロールモーターなどが別れてドア内部に取り付けられてました。
昔なら一つひとつ悪い部品を交換できたのですが・・・全部一つの部品にまとめる事によって組み立てコストを下げ、ユニットもビスを極力減らしワンタッチで組める構造になり。。。
良い物を安くの設計者の努力を感じますが、修理となれば本当に悪い部分を探している手間も省略する為にユニット交換が基本になるんですよね。
 
今回の作業、ユニット交換なら2万円と少し。
自分でやったら2時間の作業。
修理屋さんに同じ作業を頼んだら1時間4千円だったかなぁ??
 
浮いた2万円で・・・・
 
お盆で子供や孫が帰って来たので、みんなで すき焼き屋さんに出かけました。
総勢7名・・・・支払いは○○万円。
イメージ 11
お盆は出費が多い(><)
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事