全体表示

[ リスト ]

第6回 審査会

大会シーズンの真っ直中、審査予定日をいつ挟むかと四苦八苦しながら、合間に入れての開催となりました。
今回は、ポイント大会(第1回紫空連大会)サバキゲーム(主催大会)と次週より続き、選手参加優先の方向で
指示を出していましたので、今回の審査人数は少し減り、その分しっかりと見極めが出来たように思います。
白帯の初チャレンジの中では、和歌山大会入賞の自信なのか、小林が思いっきりの良い攻撃が出来るように
なり、成長を感じました。
前々回に9級合格を獲れなかったダイチは、直前まで動き、気持ちが変わらず見送りも検討していた中、居残り稽古の特訓で見違えるように型、コンビネーションが出来るようになり、見事昇級を果たしました。
同じく7級の合格出来なかったトシキも再チャレンジ、親御さんの熱心な思いが通じたのか今回は、見事課題点を
克服しての合格となりました。
イメージ 2イメージ 3
 
マサキの前蹴り上げは、お手本になるほど真っ直ぐに上がるようになり、ミズキとよく似たタイプなので、組手でも強くなれるように見習って頑張って欲しいと思います。
イメージ 4
リュウセイの茶帯チャレンジ、サキノの二人は、今回初めての基本稽古の項目、型、サバキも難無くこなし余裕の昇級をしてくれました。 今でこそ安定した強さ、うまさを持っている二人ですが、体格に恵まれずよく泣きながらも人一倍の稽古熱心さで、此所まで頑張ってくれたと思います。
更に黒帯の試練にも打ち勝ち獲れる日を目指し心折れる事無く頑張って欲しいと願います。
最年少のカズミ、先週大会で頑張ったサラサ、その他の子供達も今回は保留もなく無事昇級してくれました。
(甘い点は、いくつかありましたが・・・)
最後に今回、一人での一般参加になった立命館タイチは、サバキゲームルールにて黒帯二人に土を付け、最後は、同じ立命の先輩ナカガワと対戦、珍しくサイドからのハイキックを決めて元キャプテンの意地を見せて沸かせてくれました。それでも、組み手の成長を感じた事から、飛級の4級となり、今後サークルキャプテンの自覚も持って頑張ってくれたらと期待しております。
それぞれ昇級した者は、今の気持ちを忘れず更に精進して帯の値打ちを上げられるよう頑張って欲しいと思います。
 
 
イメージ 1
 
 
審査結果
 10級 佐伯 桝見 小林 福北 角田(知) 坂野(朝)
  9級 冨田
  8級 角田(知穂)角田(匠) 藤本(龍) 津田(更) 
  7級 池田 阪東 廣瀬 中本 坂野 
  5級 中澤(美)
  4級(飛級) 藤田(立命館)
  2級 堤
  1級 松本

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

昇級した皆さんおめでとうございます。
これからも頑張ってくださいね。

2011/11/29(火) 午後 6:27 [ 拳聖会 ] 返信する

おめでとうございます
みんないい顔してますね!

そして、試合、審査と引き続きお疲れ様でした!

2011/11/29(火) 午後 11:08 波濤真武会 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。頑張ってくれるから、こちらも頑張れます。
有難い事です。

2011/11/30(水) 午前 0:05 [ kyotaro ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事