ここから本文です
いまここにあるもの
カメラ・自転車・アニメ・映画好きのオタクが管理する闇鍋ブログです。
イメージ 1

オルガという半身を失い三日月がどうなるか気掛かりだった『鉄血のオルフェンズ』第49話。
しかしこれが意外なほどきちんと意志を継ぎ鉄華団を纏めていて驚き。
オルガ専用機と思われたユニコーンの劣化コピーっぽい機体はユージンに譲渡されましたが、どうやらこいつはガンダムフレームじゃないみたいですね。

今回のハイライトは反逆者の意地を見せるマクギリスの特攻だった訳ですが、よくもまぁあの状況で本隊と合流できたもんだ。
小物界の大物トドが手配したシャトルで宇宙まで上がったとの事ですが、あの包囲網を突破されただけでも問題なのにギャラルホルンは何をやってんすかね?。

よく出来た幼な妻を残し、1人で戦況をひっくり返し革命を成就させようと目論むマクギリスの前に立ちはだかるガエリオ。
ガンダムシリーズの系譜であるMSの戦いと平行して展開する舌戦は「俺を見ろ!!」と叫ぶガエリオから若干のヤンデレ臭がしたものの、櫻井さんと松風さんの演技が素晴らしくてグイグイ引き込まれる。
友と居る事で復讐心が薄れる事を恐れ、自らそれらを断ち切ったマクギリスの本心を聞き、やるせない気持ちを吐露し涙するガエリオ。
「お前の言おうとしている言葉が俺の想像通りなら(中略)、お前を赦してしまうかもしれない!!」と叫び「頼む言わないでくれ。カルタの為に…アインの為に…」と続けるガエリオの姿を見て、言い掛けた言葉を飲み込み絶命するマクギリスが印象的ですが、これが彼にできる唯一の贖罪だったという事でしょうか?。

最後まで見せ場が無かったハッシュくんも戦いの中で命を落とし劣勢に立たされる鉄華団。
オルガと交わした約束を果たすため、バルバトスのリミッターを解除する三日月。
戦線に復帰したジュリエッタが火星に降下したという伏線も張られ、物語は最終話へと続く…。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

以前はスタージュエルが貯まったそばから回していたのですが「ここぞ」という時に温存するスタイルに変更し、この度SSRアイドルの出現率が2倍になる「シンデレラフェス」が始まったので一気に使い切った私です。

以下、4回回した結果をば。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

最初の2回で運を使い切ったようで後が続かず残念無念。

イメージ 6

初っ端に幸子が出てテンションが上がった事は言うまでもない。

イメージ 7

無課金だからこれで打ち止めだけど、デレステ眼鏡勢の筆頭・上条さんも迎える事が出来たし良しとしよう。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

「かたくりの里」に向かう道中出会ったカワセミ。

イメージ 2

おひとり様。

イメージ 3

発電所。

イメージ 4

橋本の高層マンション群。

イメージ 5
イメージ 6

城山湖。

イメージ 7

西武ドームが見えた。

イメージ 8

前は鳥が沢山止まっていたのだが…。

イメージ 9

遠方の山が雪化粧。
手前は津久井湖。

イメージ 10

菜の花。

イメージ 11

乗れないスワンボート。

イメージ 12

一瞬日が射した城山ダム。

イメージ 13

ここから一気に天気が崩れた。

この記事に

開くトラックバック(0)

「城山かたくりの里」

イメージ 1

駐車場脇のカワヅザクラ。

イメージ 2

開花時期だけ一般公開される「城山かたくりの里」
入園料500円なり。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

メインの「かたくりの花」は寒い所為かまばら。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

酷い名前だ。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

突然変異のアルビノ種。
全国でも数本しかない超レア物らしい。

イメージ 20

イメージ 21

満開はもうちょい先になりそう。

イメージ 22

イメージ 23

津久井湖の「桜まつり」に合わせて再来週また撮りに来ようかな?。

この記事に

開くトラックバック(0)

今日はOFFだったのでタイトル通り城山方面まで行ってきました。
目的は「かたくりの里」だったのですが、所用で昼前に出発する運びとなり、この段階ではよく晴れてたのですが、時間が経つに連れ雲が広がり、現地に到着する頃にはすっかり青空が隠れてしまいガッデム!!。
最高気温10℃越えるとか言ってたのに普通に寒いし、久し振りに天気予報にしてやられました。

イメージ 1

せっかくなので城山湖なう。
ヒメヒメダンシングをもってしても登りがキツイ…。
山の上なので風当たりも強く、そそくさと撤退。

イメージ 2

どうせならと津久井湖畔までやってくる。
再来週「桜まつり」があるみたいなので、その時にまた来たい。

この時点で16時近かったので暗くなる前に帰ろうと走り出したのですが、途中で雨にガッツリ降られ苦笑い。
家を出る時は雨マークなんて無かったのに今見たら内容が変わってて、事後報告で良いなら私だって天気予報できますわ…(;一_一)

本日のサイコンデータ
走行時間 : 3:08:12
走行距離 : 51.17 Km
平均速度 : 16.3 Km/h 
最高速度 : 39.2 Km/h
積算走行距離 : 16400 Km

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

『シン・ゴジラ』のBD発売に浮かれスルーしていたテレ東で先週放送された『CSI:科学捜査班』の本当の最終回を録画視聴。

シーシェパードみたいな活動をしている我らがグリッソムが戻ってきたり、しれっと退場したブラス警部の再就職先が明らかになったり、キャサリンが自分のカジノを爆破されたのでFBIの仕事を放り出して事件に介入してきたり、彼女の娘であるリンゼイがちゃっかりCSIに就職していたり、サラが相変わらず私情を挟んだ取り調べを行ったり、人間関係を引っ掻き回すレディ・ヘザーがまたしても事件を呼び込んでくれるなど、「シリーズを総括するような内容にしよう!!」というスタッフの意気込みが伝わってくる反面、真犯人は「誰お前?」ってな感じのオッサンで脱力感が半端なかった
グリッソムとの因縁を匂わせておきながら「単なる逆恨みでした」ってなんじゃそりゃ?。
呆気なく説得される上、テメェは自爆する覚悟もないとか、こんな骨の無い奴が最後の犯人で良いの?。

オリジナルメンバーが再登場した所為でラッセルが空気だったのは仕方ないとして、負傷離脱していたフィンがそのまま殉職していたとか流石に無いわ…。
荷造りシーンで申し訳程度に描写されるとか途中参加とは言え扱いが雑過ぎるし、シリーズ皆勤賞だったニックが顔すら見せないもんだから間に合わせで作った感ありあり。

イメージ 2

んでラストは主任に昇格したばかりのサラがグリッソムと復縁して彼の船で大海原に駆け落ちする「お前仕事どうすんだよww」END。
そもそもサラって精神面に問題抱えたままなんだから主任とか無理でしょ?。
マイアミで言えばウルフに任せるようなもんだよ?。

ファンサービスと言えば聞こえは良いが何とも微妙な最終回で、アメリカのドラマって人気があれば何が何でも継続し、落ちれば問答無用で打ち切るジャンプマンガ方式だからグダグダになるのが常なんだけど、15年も続いたシリーズでさえこういう終わり方になるのは何か悲しいね…。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

久し振りにfigmaを購入。
みんな大好き『艦これ』の鹿島さんです。
タイミングを逃し未だに提督になれていない私ですがローソンでの一件やコミケに溢れた薄い本など彼女の人気は聞き及んでおりますハイ。

イメージ 2

パッケージ裏はこんな感じ。
価格は税抜き8,148円なり。

イメージ 3
イメージ 4

figmaだけあってさすがのプロポーション。
服の装飾なども綺麗に塗り分けられている。

イメージ 5

「微笑み顔」
かわいい。

イメージ 6

「流し目笑顔」
かわいい。

イメージ 7

「ダメージ顔(中破時)」。
エロい。

イメージ 8

艤装など完全武装。

イメージ 9

「手持ち鞄」と「双眼鏡」もよく出来ている。

イメージ 10

「肩掛け鞄」もちゃんとあるよ。

イメージ 11

艤装に付いた大きい砲塔は砲身などがフレキシブルに可動。

イメージ 12

小さい方は無可動かつ裏側は肉抜きされてるけど、これはまぁ仕方ない。

イメージ 13

パンチラを狙うローアングラーな提督。

イメージ 14

鹿島可愛いよ。鹿島。
久し振りにフィギュア撮りしたけど、しばらく撮らないと感覚が鈍るなぁ…。
ライティングとかもダメダメだし…。
つうか、ここぞと言う機能なのにE-M1 markⅡの「深度合成」使い忘れた(汗)。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

TOKYO MXで『楽園追放』が放送されていたのを今し方知って後悔している私です。
本日は生憎の天気でしたが、アニメイトカードの景品ポイントが廃止されるとの事で交換してきました。
ぶっちゃけ欲しいグッズがないのでどうしようかと思っていたのですが、ここに来て500円の商品券が登場したので無くなる前にチェンジ。
(現物が無くて引換券対応だけど)
来月MYTH & ROIDの1stアルバムが出るからその時に使うとしよう…。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 3

『キングコング:髑髏島の巨神』鑑賞後に撮影した三井アウトレットパークの「菜の花」花壇。

イメージ 1

まさに見頃って感じ。

イメージ 2

桜(品種不明)も開花してた。

イメージ 4

晴れといいつつ、割と雲の多い土曜日でした。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

ガチオタなジョーダン・ボート=ロバーツ監督の日本文化へのリスペクトに応えるべく公開初日の『キングコング 髑髏島の巨神』を観て来ました。
昨夜急遽思い付いて、前売券を持ってなかったので締め切り時間ギリギリにAmazonでムビチケを発注してGO。

イメージ 2

グランベリーモールの109シネマズが休止中なので、ムビチケに対応している映画館で都合の良い上映回があって距離が一番近いという消去法でまた南大沢のTOHOシネマズになる。
1時間程度で辿り着けるのだが問題は駐輪場がない事。
厳密に言えば近隣に駐輪場はあるのだが提携していないので映画を観ても無料にならない。
これは本当に何とかして欲しい。

イメージ 3

MX4DとかIMAXとかいろいろあるけど、今回は通常上映回をチョイス。
この手のお祭り映画は吹き替えで映像をメインに楽しみたいのだが、例によって酷い配役なので渋々字幕版にしました。
客入りは半分くらいだったかな?。

イメージ 4

劇場を出たら半券で抽選会が出来たので回したら残念賞で「うまい棒」を貰った図。

イメージ 5

通例となったパンフのみ購入。
作品に関する映画評論家様のコラムとかネタの引用元とかキングコングシリーズの年表など充実しておりました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事