ここから本文です
いまここにあるもの
暫定で移転先ブログを立ち上げました→https://imakokoniarumono.hatenablog.com

書庫全体表示

イメージ 1
 
面倒臭いんで基本的には纏め記事にするのですが、気に入った作品は単発で上げる方針の私です。
 
青春群像劇の隠れた名作にして御当地アニメの先駆け
×
今日のアニメ業界で良質な話題作を作らせたら右に出る者が居ない
『とらドラ!』『あの花』長井龍雪&田中正賀
によるドリームチーム製作の完全オリジナル作品。
(公式タイアップではないので言及されてませんが何気にこれも御当地アニメみたい)
 
赤毛で眼鏡で天然でナイスバディの宇宙人?なヒロインと主人公が同棲するという展開からしておねがいシリーズにガッツリ嵌まった身としてはニヤリとせざるを得ない。
主人公に想いをよせる快活な幼馴染や、おっとり系の同級生にイケメンな悪友。
まりえ的なマスコットデバイスに、極め付けが田村ゆかりさんの演じる檸檬の「凄い事するわよ」という譲りの殺し文句。
苗字も山乃と森野で明らかに狙ってるし、これは確信犯的にスターシステム導入してるね。
(もしかしたら同一世界の話なのかも?)
 
健全なサービスシーンやクスッと笑わせるオチ、自然豊かな地方都市を舞台にしていたり、I'veサウンド全開の爽やかなテーマ曲も懐かしく
ホント
「『おねがいティーチャー』をセルフリメイクしているのでは?」
と思ってしまう。

夏という季節感や、それを謳歌する若者たちの姿が生き生きと描かれていて凄く良かった!!。
主人公と不可抗力で彼を傷付けて(殺して?)しまった宇宙人のヒロインという『鉄腕バーディー』的な2人の関係が今後どの様に発展していくのか?。

恐らく自主製作映画の撮影と並行して物語が展開していくと思うのですが、現時点では『あの花』的な「お別れEND」になるか、『おねティ』的な「ずっと一緒END」になるか解りませんね。
 
「その夏の思い出が、僕たちの永遠になる」
 
というキャッチコピーから前者になる可能性が高そうですが、個人的には皆が笑顔で迎えられるハッピーエンドを希望したい。
(あとドラマCDなんかでまたはっちゃけて欲しいですww)。
 

  • 顔アイコン

    冒頭は鉄腕バーディーかと思いました(笑)。おしかけ女房の古風なアニメだなあと思いましたが、ヒロインの素性が気になるのでしばらく様子見でv

    たかむね

    2012/1/11(水) 午後 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    たかむねさん、出会いのシチュエーションはモロ『鉄腕バーディー』でしたね(笑)。
    あんな美人とお近付きになれるならボクは幾らでも命を差し出しますよ!。

    [ otaku4160 ]

    2012/1/12(木) 午前 0:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事