ここから本文です
  • 書庫・空のショータイム

    すべて表示

    イメージ1 2017年、東北の梅雨入りは平年より9日遅れの6月21日で 夏至 と重なった。 元より多くは梅雨空の只中に在るので「日の長さ」を実感できる晴天は 稀なのだが、夏至の前後も日の長さに大きな違いはない。それゆえ特に 既に未明とは言い難い「午前4時の明るさ」などを目の当たりにすると “三文の徳”以上のポテンシャルを寝過ごしている我が身に罪悪感すら 抱いてしまう。多分、この慨嘆は「冬至の暗さ」を身をもって知る北国 育ちが影響している。 ■あまり使われない気象衛星画像が面白い… 北東−南西に長い島国:日本の両端付近における夏至の日の出時刻は、 北海道根室が03時37分、沖縄県那覇が05時38分で、両者の日の出には 2時間もの差が生じている。その理由は下の“全球画像”で判りやすい。 下の画像は根室の日の出時刻に近い 03 ...すべて表示すべて表示

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

    • 氷点下の認識は確か…か?

      2017/6/15(木) 午後 0:27

      暦の 入梅(6月11日ころ) を過ぎると 夏至 まで秒読みになってくる印象がある。 実際は夏至の後にこそ「熾烈な夏」が待ち構えているというのに…人は「 日が短くなる」 ...すべて表示すべて表示

    • 迫る上空寒気とサクランボ

      2017/6/10(土) 午前 9:41

      北日本の上空に−24℃以下(500hPa)の寒気コアを持つ寒冷渦が迫っている。 その前面には発達した対流雲の塊が形成され、対応する降水レーダーには 80mm/h相当の ...すべて表示すべて表示

    • 等圧線に語らせ過ぎると…

      2017/5/14(日) 午後 6:30

      仙台国際ハーフマラソンが開催された5月14日、レースコースの仙台市東部 は未明から雨模様のままだった。午前10時の気温は仙台管区で13.5℃(気圧 1014.5hPa ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事