ここから本文です
  • 書庫・コラム(時事ネタ)

    すべて表示

    ジャンプ競技場の体感温度

    イメージ1 自ら記事にした都合もあり10日夜のノーマルヒル(平昌冬季五輪)は最後まで 視聴したが、順位が決したのは翌11日00時18分頃だった。4年に一度の晴れ 舞台なのに選手たちには本当に気の毒だった。特にスイスのシモン・アマン は再三にわたるレッドシグナル(スタンバイのやり直し)にも拘わらず、ラン ディング後には笑顔とピースサインで観客の大歓声に応じた。冬季の季節風 を考慮し北よりに開いたジャンプ競技場(Alpensia Ski Jumping Centre)の スタート地点は折からの寒波によって向かい風が強く、ジャンプスーツ姿で 順番を待つ選手たちのWind Chill(体感温度)は−20℃を下回っていただろう。 葛西は『こんなの中止だろう…』と感じていたという。連休最終日(12日)の 日本付近は、その寒気の底が通過している。寒 ...すべて表示すべて表示

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

    • 寒波も参加へ…平昌冬季五輪

      2018/2/9(金) 午後 1:22

      【気象庁は12日04:30「大雪に関する全般気象情報 第6号」を発表】 国立楽団の参加・演奏と賑わった北朝鮮選手団の時とは対照的に、平昌( Pyeong Chang, ...すべて表示すべて表示

    • これまで当ブログで苦言を呈してきた『数年に一度の寒気(寒波)』なる表現 については、今般の立春寒波においてもNHKをはじめとする報道メディア や各局お抱えのウェザーキ ...すべて表示すべて表示

    • ⇒⇒⇒◆最新の大雪警報・注意報|気象庁(外部リンク) 北アメリカ大陸北東部の上空に長く極渦が停滞している。現在、ヨーロッパ 各地が(異常に)暖かく経過しているのは、本 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事