ここから本文です

書庫全体表示

謎のドーナツ型降水域

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

西日本から東北地方にかけての太平洋側に大雪をもたらしている南岸低気圧が関東の南に
あった2月9日の19時から22時にかけて、関東平野ド真ん中のレーダー画面に妙な降水域
映し出されました。南岸低気圧の東進に伴って、多くの降水域が移り変わる中、微動だに
しない“ドーナツ型の降水域”…まずは論より証拠、問題の画像をご覧頂きましょう。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/29/otenki_bosai/folder/1493948/img_1493948_51935199_0?1202579405
(当ブログで引用している気象庁提供諸画像への加筆・加工については同庁へ届け出済みです)

気象レーダーは…レーダーアンテナからパルス状のレーダービームを発射し、降水粒子などに
よって反射され戻ってくる電波(エコーと言う)の時間や強度から「降水域までの距離」や「降水の
強さ」を判断する装置で、現在は突風の観測に有効なドップラーレーダーへの切替が進行中。
それにしても、このドーナツ型のエコーは一体何者なのでしょう?。

サーモグラフィー的に見れば…関東上空を飛行する“怪獣:ガメラ”の影ともとれる;…(^-^)v。


■レーダーアメダス解析雨量図でより鮮明に描画!

気象レーダーではやや不鮮明だったかも知れませんので…今後は同じ時間帯のレーダーアメダス
解析雨量図を御覧に入れましょう。“ワザとらしいくらい真ん丸”のドーナツ型降水域(直径約50)
が明瞭に認められます(下図)。ちなみに、ドーナツの真ん中には気象大学校(柏市)の気象レー
ダーがあります。東京の気象レーダーとはココを指します。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/29/otenki_bosai/folder/1493948/img_1493948_51935199_1?1202579405
(当ブログで引用している気象庁提供諸画像への加筆・加工については同庁へ届け出済みです)

この時間…関東の南海上にあった南岸低気圧は時速45劼播賈姪譴某覆鵑任い泙后E然のこと
ながら、降水域も低気圧の東進に伴って総じて東に移動しています。例外として、一部の山岳地
域には殆ど動かない地形性の降水域が見受けられますが、ドーナツ型降水域のある場所は関東
平野のド真ん中なので該当しません(地形性エコーは除去されている筈です)。


■しかし…アメダス降水量は全く対応せず;

本当に、このような中空のドーナツ型降水は地上で観測されていたのだろうか?。そこで
アメダスを調べてみると…全く対応していなかった。下図は20時のアメダス降水量で、同じ
時刻の解析雨量図も囲み内に合成してある。例えば、解析雨量図で強い雨(緑の領域)を観測して
いる伊豆諸島三宅島の場合、アメダスでも10mm/h以上(緑の数値)を観測しており両者は整合
しています。一方、ドーナツエリア(赤い円に沿った領域)の解析雨量図とアメダス降水量
は全く整合しません
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/29/otenki_bosai/folder/1493948/img_1493948_51935199_2?1202579405
(当ブログで引用している気象庁提供諸画像への加筆・加工については同庁へ届け出済みです)

確かに…気象レーダーのエコーにはブライトバンドやエンゼルエコー、シークラッターなど
「降水エコーの躍層」や「降水以外のエコー」の映り込む場合がある。特に南岸低気圧の場合、
層状性降雨域内にブライトバンドが映り込むケースは多い。バンド(帯)とは、レーダー画像を
水平方向に見た場合の見え方だから、真上から見た様に合成された(私たちにお馴染みの)画像
では、アンテナの仰角に対応してバンド(帯)⇒リング(輪)になるのかも知れない

しかしながら、解析雨量図はアメダス降水量と気象レーダーとのコラボレーションであるはず。
では何故、アメダスと整合性のない気象レーダーのエコーを解析雨量図作成の段階でオミット(
除外)できないのだろうか?(解析雨量図ではむしろ強調されてしまっている)。気象現象として
実際に観測されていないことが、何のフィルターもなしにそのまま発表されてしまう。
それが気象庁の提供とあっては心穏やかではない


      ≪Copyright (C) 2008 Twister. All rights reserved.

この記事に

  • 顔アイコン

    どうもです。
    それをチーム森田に質問したが誰も回答なし。
    ただ、プログを見ているとその中の地域は雨でその外は雪のような気がする。

    konnyhaame

    2008/2/10(日) 午前 3:31

    返信する
  • 顔アイコン

    それは考え難いです。仮にそうであれば、ドーナツ内部のエコー強度の方が大きく表現される筈ですから。

    Twisterさとう

    2008/2/10(日) 午前 3:46

    返信する
  • 顔アイコン

    ちっちゃな低気圧が発生した、とか。…素人が口挟んでゴメンナサイ。でも、私は、このドーナツ内にいたので、日立柏サッカー場周辺の状況なら、お答え出来ます。

    私の方の関連記事をトラックバックしておきます。

    ubi*ui*ou*_budd*

    2008/2/10(日) 午前 4:53

    返信する
  • 顔アイコン

    雪の反射強度は雨より弱いが、みぞれは強い。大きな雪の表面が溶け、レーダーは大きな雨粒に反射したようになるため。 削除

    [ 関東人 ]

    2008/2/10(日) 午前 7:14

    返信する
  • 顔アイコン

    教えて貰い今朝、JMA 解析雨量・降水短時間予報を見ました。ドーナツ状のエコーが時間と共に東へ移動して行かないのが説明できないです。

    Twister さん、遅れましたが、今年もよろしくお願いします。よそで道草してました。 削除

    [ 北の風 ]

    2008/2/10(日) 午前 9:11

    返信する
  • 実は、私はこのドーナツ型の降水域に入っていたのですが、殆ど雨は強く降りませんでした。
    しかも、この現象は以前の2月3日の時もありました。
    又、それ以前もあった記憶があります。

    カンテン

    2008/2/10(日) 午前 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    気象レーダーは[CAPPI]処理していますから、画像処理の過程でこのような画像が現れることがあります。ドップラーレーダーでも原理は従来のレーダーと同じです。

    [CAPPI]の過程でたまたまビームがブライトバンドの高度に近い場合にこのようなドーナツ状のエコーが現れることが多いです。気象の世界も観測機器の特性を知った上でデータを読み取る必要があります。 削除

    [ ひよこぴよ ]

    2008/2/10(日) 午前 9:45

    返信する
  • 顔アイコン

    比較のため、同じ時刻頃の他のレーダー画像を探していて、東京電力 雨量・雷 観測情報(過去データ表示)にたどり着きました。
    ドーナツ状らしきもの確認できません。皆さんも既にご存知かも。 削除

    [ 北の風 ]

    2008/2/10(日) 午前 10:25

    返信する
  • 顔アイコン

    ひよこぴよさん>…それは『発表する側の責任』です。例えネット上であれ、発表する側は「誤解を招くような表示」に対して解説を設けたり、予め取り除いておくべきでしょう。まして、系統的に生じ得ることが判っている現象であるなら、公的機関の発表であるなら…尚更のこと。

    Twisterさとう

    2008/2/10(日) 午前 10:44

    返信する
  • 顔アイコン

    ツイスターさん もちろんそのとおりです。

    ただ速報画像であるためにすぐに画像処理することは困難で一般の人々には誤解を与えてしまいますね。これはどんな分野にも昔から言われていたことでしょう。かつてレーダーがアナログ時代の頃もブラウン管にドーナツ状の雲がかかったように映っていたものでして私も写真や気象台で見たことがあり、最初はブラウン管の老朽化の「エミ減」かと思ったものでしたよ。全てを万人に誤解無く伝えることはなかなかむつかしいものですね。 削除

    [ ひよこぴよ ]

    2008/2/10(日) 午前 11:37

    返信する
  • 顔アイコン

    ひよこぴよさん>…某ブログの記事で、正真正銘の気象予報士が「このレーダー画像」に基づいて『…念のため竜巻に注意…』などと書いており愕然としました(笑)。しかし、ネット社会は「この解釈」すら世界中に配信されてしまいます。予報士の発言とあっては…真に受ける閲覧者は勿論、それをバラ撒いて混乱を招こうとする輩もいるでしょう。

    気象庁からの情報は特に難しいですね。

    Twisterさとう

    2008/2/10(日) 午後 0:23

    返信する
  • 顔アイコン

    正真正銘の気象予報士がそのようなことをおっしゃられていたのですか・・・これは驚きです。

    昔から「気象は予報の前に観測あり・・・」と言われていたほど予報をするためには観測に熟達せねばならないものです。観測に熟達するには経験(地理・気候も含む)はもちろんのこと測器の静特性・動特性、最近ではエレクトロニクス化、デジタル化によってデータ処理もされていますから観測装置の表示するデータ、画像の見方・特徴(長所・短所・観測限界)なども知っておかねばなりません。自動化によって予報の質が落ちないようどうしてこのようなデータになっているのかと常に疑問を持ち奥の深い考える予報官が増えることを願うものであります。(私なんかテレビの天気解説で小学生時代から知っていることですよ) 削除

    [ ひよこぴよ ]

    2008/2/10(日) 午後 3:21

    返信する
  • 顔アイコン

    円の中心は東京レーダーですね。すなわち、電波の以上反射でしょう。高層雲で太陽や月にかかる暈と似た(といっても、反射と屈折では違いますが)現象ではないですか。少し前、秋田レーダーでも同じような現象がありましたよ。 削除

    [ おっちょこ ]

    2008/2/10(日) 午後 9:05

    返信する
  • 顔アイコン

    おっちょこしちゃいました。以上反射は異常反射の誤りです。 削除

    [ おっちょこ ]

    2008/2/10(日) 午後 9:06

    返信する
  • 顔アイコン

    想像するに、ビームの角度と反射層の高さと厚みの関係で、真上に近いと層が薄くて反射が弱く、多少斜めだと層に斜めに入るため反射する層がビーム方向に対して厚くなり、更に角度が低くなると、正面反射より他方向への反射が多くなるのではないでしょうか。「異常」の表現は適切でないかも知れませんね。 削除

    [ おっちょこ ]

    2008/2/10(日) 午後 9:18

    返信する
  • 顔アイコン

    秋田市に住んでいますが、市上空には南西から雲が流れ込むとこのような環状雲が映し出されることが多々あります。郊外豪雨と私は呼んでいますが、実際当たっていることもあるようです。市の北東背後に山があってそこの気流の乱れで発生しているとも考えられます。この地域の地形はわかりませんが、秋田市では頻繁に見られる現象です。

    [ ten**ngu0*48082* ]

    2008/4/6(日) 午後 1:17

    返信する
  • 顔アイコン

    今回の件で多くの専門家からの薫陶を頂きましたが『ブライトバンド』で間違いありませんでした。レーダーの権威でもある立平氏は『ブライトバンドは気象エコーですから除去すべきではなく、可能な限り正しく観測すべき。』という談話を寄せています。

    あとは提供する側のサービス方法次第というところなのでしょう。
    気象庁に限らずレーダー画像を二次配信している民間も含めて。

    Twisterさとう

    2008/4/6(日) 午後 9:58

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは
    まさかとは思いますが
    ここらあたりには「国立がんセンター東病院」がありますよね
    ttp://blogs.yahoo.co.jp/otenki_bosai/51935199.html

    参考に(j-parkもしらべるといいかと)
    セシウム汚染濃度
    ttp://www.asahi.com/special/10005/TKY201110230360.html
    有名な図ですがこの福島からの同心円の図と

    4月3日17時代の福島第一原発付近の雨雲レーダーの放射状の模様(2012年)
    ttp://mohariza12.exblog.jp/17731801/

    4月4日03時の雨量情報 (つないだ動画あり)
    ttp://ameblo.jp/64152966/entry-11545430164.html

    ttp://s.webry.info/sp/richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_27.html
    資料2. 「円の中心の近くで、4月1日23時4分頃に震度5弱の地震が起こっています。 削除

    [ とおりすがり ]

    2013/6/6(木) 午後 8:50

    返信する
  • とおりすがり さん>…

    >>> まさかとは思いますが…

    「まさか」もいいところ。何のことはない非論理的かつ荒唐無稽な『ファンタジー』に過ぎません。

    Twisterさとう

    2013/6/7(金) 午前 7:11

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事