ここから本文です

書庫全体表示

日本海上の雲に注目!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

北日本は一雨ごとに・寒冷前線の通過の度に気温が下がっています。上空500hPaでは切離低気圧(
カットオフロー)内部の低気圧性循環に乗って寒気が南下し始めています。また日本海では、沿海
州〜北海道西部に掛けて、及び日本海西部〜中部に掛けて帯状の雲域が形成され、一時的に冬の
表情を見せています。寒気の底は28日夜から29日にかけて…と予想されます。


■日本海上に現れた等圧線の凹みと雲域

26日21時の地上天気図を見ると、日本海上の中西部(B)と北部(A)に等圧線の凹んだ部分が解
析されています。地域性を無視すれば…これらの凹みは『ポーラー・トラフ』と呼ばれますが、
寒候期における大陸と日本海の熱的コントラストの差や、山脈による地形性収束に着目して
日本海収束帯と呼ばれることもあります。これらの海域では冬に『帯状の雲域』が出現します。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/29/otenki_bosai/folder/1464942/img_1464942_55545096_0?1225041626
(当ブログで引用している気象庁提供諸画像への加筆・加工については同庁へ届け出済みです)

27日00:30の赤外画像を見ると、その2箇所に対応して帯状の雲域(A−A'及びB−B')が、
また、日本海と黄海には寒気の流入を示唆する筋状の雲域も見受けられます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/29/otenki_bosai/folder/1464942/img_1464942_55545096_1?1225041626
(当ブログで引用している気象庁提供諸画像への加筆・加工については同庁へ届け出済みです)

今日以降、新潟県以北の日本海側を中心に曇りや雨の愚図ついた天気が続き回復が遅れますが、
この原因は日本海中部にある帯状の雲域(A−A')の先端がこの地域に掛かり続けるためです。
その分、北日本・東日本の太平洋側は晴れることが多くなります。また、同じ晴れでも先島諸島
の場合は未だ太平洋高気圧に覆われており、引き続き真夏日になるところがありそうです。


■更に強い(?)寒気が…

26日21時の500hPa高層天気図によると、北海道の北には−36℃以下の強い寒気(寒気A)があって
ゆっくり北上しています。一方、シベリアの上空にも強い寒気(B)があり、こちらは北よりの風
に乗って南下しています。これらは切離低気圧(カットオフロー)内部の低気圧性循環に乗っかって
反時計回りに移動しながら互いの位置を変えているだけです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/29/otenki_bosai/folder/1464942/img_1464942_55545096_2?1225041626
(当ブログで引用している気象庁提供諸画像への加筆・加工については同庁へ届け出済みです)

従って、切離低気圧を含む巨大なトラフ全体が東に過ぎ去らない限り、寒気の堂々巡りは長く
続くことになります。特に寒気Bは28日夜〜29日頃に厳しい寒さをもたらすと予想され、北日本
の山岳地域や北海道の一部の平地では雪になる見込みです。


      ≪Copyright (C) 2008 Twister. All rights reserved.

  • 顔アイコン

    おはようございます。丑三つ時の更新ご苦労様です。北ほど寒気の影響を受けやすい、とのお話。日本海が証明してくれていますね。寒気の通過で湯気立つ日本海をイメージしております。 削除

    [ 四季彩々 ]

    2008/10/27(月) 午前 9:10

    返信する
  • 四季彩々さん>…コメントありがとう御座います。
    特に日本海側の天気については、寒気の強さだけではなく『日本海の海面温度』も強く影響します。現在のところ、日本海は平年よりもかなり暖かく、寒気の南下によって雲の発生し易い状況にあります。

    Twisterさとう

    2008/10/27(月) 午後 1:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事