全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

眼科医おとぼけ

イメージ 1
 
 
 
 
内科認定医を更新するためには
学会に一定の回数以上出席する必要がある。
参加費を支払って出席証明を受け取り、それを5年毎に提出するシステムだ。
 
関東なら良いのだが、それ以外で行われる場合は
学会参加費用だけでなく旅費も宿泊費もばかにならないなぁと思ったりする。
大体、東京、神戸、九州、北海道などで行われるが
それ以外の地域にお住まいの先生方は結構大変なのだろうなぁ。。。
 
なので、おとぼけにとっては
東京、しかも有楽町の国際フォーラムで行われる学会は
ぜひとも参加しておくべきなのであった。
 
先週の土曜日は嵐になると予報だったが、ここで行かないと
次は神戸?九州?
天気なんかに負けず行かなければ。。。
 
有楽町に着くとすでに学会参加証をぶら下げた先生たちが
フォーラム内を足早に移動している。
おおっ!朝っぱらから勤勉ね、みなさん。
もしかして受付は混んでるかもしれないなぁ。
どこなんだろう?
 
総合案内で参加費受付場所を聞いて
参加費を支払い、出席証明を受け取る。
へーーー今年は普段とちょっとデザインが違うんだ〜。。。。
第○回 眼科学会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
え?????
 
 
がんかがっかい????
 
 
す、すみません、ここって眼科学会の受付場所ですか?????
 
 
間違えました!私、眼科医じゃないんです!!!!
 
 
 
 
 
 
逃げるように受付をあとにし、総合案内でもういちど聞いてみた。
あーびっくりした!同時開催なのね、眼科学会と内科学会は。
 
 
「あのーーー・・・・内科学会の参加受付けはどちらでしょう。。。?」
 
「あ、ごめんなさい。
内科ですね。内科は。。。えーーと。。。えーと。。。。。」
 
 
受付でわからないほど奥まったところでやっているのか?
受付のおねーさんは、方々に電話してくれていた。
 
 
「お客様。。。。。申し訳ありません。
 
 
 
は、はい?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「内科学会は来週でございます」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
嵐のようにひどい雨の中
とぼとぼと家に帰るしかないおとぼけなのでした。。。。ううう。。。
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(46)

最後の最後まで。。。

イメージ 1
 
今までの記事はこちら↓
 
 
 
 
国際線と国内線を往復しているうちに飛行機においてきぼりをくらうとは。。。orz
 
めまいがしそうだったが、こうしてはいられない。
カウンターで確認する。
 
「セブ行きに乗り遅れたみたいなのだけれど、どうすればいいでしょう?」
 
チケットを見せてカウンターに尋ねてみた。
 
「457便はもう出ちゃったけど、あなたのは459便でしょ?
ゲートが変わっただけでまだ出ていないわよ。」
 
へ???(^0_0^)
 
どうやらおとぼけが国際線に行っている間にゲートが変わったらしい。
どうりでロビーが空なわけだ。
いや。。。でも。。。もう18時で出発時間過ぎてるのになぁ??
 
急いでゲートに移動中思い出した!
 
そうだ!1時間時差があったんだ!
日本時間で18時ってことはまだフィリピンは17時なのだった。。。
 
 
 
おとぼけはめでたくセブに到着!パンパカパーン
 
 
 
本来なら喜ぶところだ。
だが、バゲージの件がおとぼけの心をどんよりと曇らせていた。
もしも荷物が出てこなかったらカウンターで行方を確認しなければならな。。。
 
 
あれ?あれれれ
 
まだターンテーブルが回ってもいないのに、ぽつんと見覚えのあるスーツケースが
置き去りになっている。
これっておとぼけのだよね?目印のうさぎついてるし。
 
ビジネスクラスよりも先にスーツケースゲッーーーーート!!!
どうやら色々と混乱があって、荷物だけ前の便でセブに到着してしまったらしい。
 
 
えっと。。。これって結局ラッキーだった。。。の。。。?
 
翌日、セブからボホール島に船で向かい、2日間のダイビングも予定通り。
良かった〜荷物があって♪
 
 
 
 
 
帰りは豪雨である。
ダイビング中は降らなくてよかったなぁなどと考えながらセブ行きの港に着くと
とんでもないことになっていた。
雨だけでなく風もひどくなり、波が高いために朝から船が
1便も出ていないらしいのだ。
cancel/cancel/cancel
すでにおとぼけが乗る直前の便まで欠航が決まっている。
 
ひえーーー
これが出ないと、次に船が出るのは明日の朝だ。
お願いだから船を出して〜!!!港で一泊はいやじゃーーーー
 
おとぼけの願いが通じたのか、1時間遅れで船が出ることになった。
しかし。。。これがもう。。。揺れるなんてもんじゃないんですよ。
船が、横転しそうになったりするならまだしも前転すらしそうな感じ。
叩きつける波で窓が割れそうになる。
悲鳴、怒号、嘔吐する人々。。。頭の中にはタイタニックのテーマが流れている。
救命胴衣をしっかり抱きしめているが、こんなもんじゃ助からないだろうな。。。
恐いよう。。。気持ちわるいよう。。。(T_T)
 
 
普段の倍近い時間がかかったがなんとかセブの港に到着した。
甲板にあった荷物はたっぷりと塩水を含み、倍くらいの重さになっているが
よく海に投げ出されなかったものだ。ありがたいありがたい。
 
その後どうやって日本にたどりついたのかあまり記憶がない。
渋谷行きのエアポートリムジンを降りると荷物を受け取り、荷物引換券を係員に
渡すと一目散に家へ向かった。
とにかくうちでゆっくり休みたかったのだ。
 
ところが。。。
走り出したおとぼけの後ろから背の高い外人がすごい形相で追いかけてきた!!
 
え!!!?何???
渋谷のど真ん中で追い剥ぎ?
物騒になるにもほどがある!!!!
 
おとぼけは力を振り絞りスピードを上げた。
 
外人さんは大声で
「ユアバッグ!?ユアーズ???!」
そう言っているようだ。。。?
 
決まってるじゃん!!このうさぎが目印。。。
あれ?うさぎ。。。????ない。。。
 
外人さんが持っているスーツケースには見覚えのあるうさぎが。
 
 
本当にごめんなさい!!
 
 
荷物。。。間違えました。。。
にこにこしながら許してくれた外人さん。
本当にごめんなさい。追いはぎは私でした。。。
 
私のことはキライになっても、日本のことはキライにならないでくださいね!!
 
 
 終わり 
 

開く コメント(22)

もう泣きそう・・・

イメージ 1
 
※今回はおとぼけ事件ではありません。期待している方はこのあとの記事をお待ちください(笑)
 
前話はこちら↓
 
 
やっとの思い?で国内線ゲートに到着し、ぶらぶらとおみやげ屋を覗いていると、
遠くの方で名前を呼ばれた気がした。
 
まさかね〜こんな異国で
 
またふらふらしているとやっぱり聞こえる。
なんとフィリピンエアのアナウンスで「Mrsオタッボケ〜」と
カタコトで呼ばれていたのであった。
 
カウンターに行くと「。。。呼んでいない」という。
 
いやな予感がする。これで安心してはいけない。何か絶対にあるはずだ。
誰に聞いてもわかるようになっていないのが異国の不思議なところである。
 
仕方がないので、トランシーバーを持ってウロウロしている係員に聞いてみた。
どうやら国際線に問い合わせをしてくれている模様。
 
すると、
「キミの荷物が国際線の荷物コンベア脇に置き去りになってるから
税関に確認に行って来い。」とのことであった。
 
んーーー。。。。?
荷物はセブまでお預かりのはずだったのに、マニラでおろされちゃったのね〜
 
しょうがないので、とりあえず国際線まで戻ろうとした。
するとセキュリティの係員が飛んできていきなり腕を掴まれた!
 
どこへ行くっ!!
 
え。。。あの。。。国際線に間違って荷物が降りたようなので
税関に確認に来いとアナウンスされて。。。
 
セキュリティはいぶかしげにおとぼけを一瞥すると
誰かについて行かせるから、ここで待っていろ!」と言う。
現れた警備員とおぼしきでっかい人について
おとぼけは国内線へ向かったのであった。
 
まぁ。。。あっちこっち自由に行き来できるわきゃないわな。。。ごもっとも。
係員がいるので、国内線に戻るのにいろんな場所を素通りできるのは
ちょっと快感でもあった。
このときまでは。
 
 
 
国際線に着くとおとぼけの荷物がポツンと取り残されていたので
「あれがそうです。」と指をさして係員に言うと、もう一度税関申告書を書けという。
ま、いっか。さっき書いたけど。
 
さっさと国際線に戻る係員に「荷物はこれでセブまで行くんですよね!」
というと、大丈夫!と答えられたが、荷物が同じ場所に最後まで置き去りになっていたのはちょっと気がかりではあった。
 
そして再び国内線ロビー。
 
「Mrsオッタボケ〜!!オッタボケー!」
 
またかいっ!!!!
 
「さっき国際線のターミナルの税関に荷物確認に行ってきたけど
今度は何ですか?」
「いや。。。まだ荷物があるようなんで、もう一回。。。」
 
もう〜日本ならありえないぞーーー
また係員に付き添われセキュリティを通り国際線。
 
ところが・・・・荷物がないっ!!!
え?さっき税関に荷物があるって言ったじゃん??
 
「荷物はどこに行ったんですか?」
「いや。。。ここじゃわからない。セブ行きの荷物はもう搬送が終わっているし
どこか違う線に乗ったかも。。。。セブに着いてみれば着てるかどうかわかるよ。
荷物番号は書いてあるから、セブに着いてから現地の係員に聞いてくれ。」
 
はぁぁぁぁっ????
セブについてみなきゃ、荷物があるかないかわかんないわけ????
 
がっくり肩を落とすおとぼけに
「税関申告書を書いて!」
もうこれを書くのも三回目だ。
しかも、荷物があるかないかもわからないのに
書かなければならないのか?
 
書かなければここから出られないようなので、しぶしぶペンを走らせながら
スーツケースに入っている荷物を思い出してみた。
今日一泊分の洗面道具と下着は
まさかのバゲージロストのために手荷物に入っている。
だけど。。。他は全部スーツケースの中。。。
 
もしスーツケースがあとから見つかったとしても
旅行日程が短いのでダイビングはとりあえず諦めざるを得ないだろう。
もしスーツケースが出てこなかったら。。。
お気に入りのフリース、あれと同じのはもうないんだろうな
 
 
 
 
 
 
 
5度目の国内線セキュリティを通ると
もう調べもしない。
「ワットハップン???」
「こっちが聞きたいですぅぅぅ〜
 
 
そして搭乗ゲートに戻ると。。。。
あれほどたくさんいたセブ行きの乗客が誰もいない。
がらんとしたロビーには清掃が始まっていた。。。。
 
 
 
 
 
へっ!!!!!
まさかまさかのおいてきぼり????
 
 
 
 
 
 
おとぼけはいつまでもロビーに立ち尽くしていた。。。。(続)
 
 

開く コメント(19)

方向音痴と呼ばないで

イメージ 1
海外での飛行機の乗り継ぎはちょっと緊張する。

今回のセブ行はマニラでの乗り継ぎ便であった。
マニラで入国審査が終わったあとセブ行きの国内線に乗り継ぐのには
一度国際線到着ロビーから外にでなければならず、
ちょっとわかりにくかった記憶がある。

んーとんーと。。。
おとぼけはかなりの方向音痴なのであるが
ここは野生のカンを最大限に駆使して?乗り切るしかない!
がんばれおとぼけ!
ところが。。。

「departure」

の看板を頼りにずんずん歩いて行くと、
意外にあっさりゲートを発見してしまったのである。

な〜んだ簡単じゃん

ゲート前に到着すると
エアチケットの呈示がないためにいれてもらえない乗客が他の係員ともめていた。

「これだよ、これ、これを見せなきゃ!」

係員は私のチケットを手に取りひらひらさせながら言った。

そうそう!
これを見せなきゃだめだもんね〜っ!

おとぼけがフン!
鼻を膨らませていると


フロムジャパン?
とチケットを見ながら係員のにーさんが言った。

イエスイエス!

ぶんぶんと首をふるおとぼけ。

そうよ!
成田から来たの!
セブに行きたいからここのゲートを通してちょうだいな。

するとなんとにーさんは
首を横にふったのである!

げげげ!
なんで?なんで?
一人だからまた密輸と疑われたの?
それとも南国だっちゅうのにフリースを腰に巻いてるから怪しまれたの?
こ、これは機内が異様に寒いからであって。。。

焦るおとぼけに
にーさんは言った。。。

デイスイズインターナショナルエントランス!

あのな〜
ここはインターナショナルのゲートだから
こっから入ったらまた成田に戻ってしまうよ〜(英語)

笑いながら
にーさんが指差す方向に
セブ行きの国内線乗り場はあったのでした。

あーびっくり〜
来たばかりで成田に舞い戻っちゃうとこだったぜい!
あははは
 


そしてこのあと。。。
事件が起きたのです。

開く コメント(35)

イメージ 1
 
 
 
「すみません、成田まで空港宅配お願いしたいんですが」
 
すぐ近くのFマートで声をかけると
 
「クーコー宅配ですかぁ
。。。うちはクロネ@宅配しかやってないんですぅ〜」
 
若い女の子がもうしわけなさそうに言った。
 
「あ、クロネ@さんの空港宅配でお願いします。」
 
「クロ@コタクハイのクーコータクハイ???」
目を白黒させている若い子の後ろから
 
「宅急便ですね。どちらまでですか?」
と主婦バイトとおぼしき女性が応対を代わった。
 
「え。。。と。成田空港です。」
 
「えーと集荷は明日になりますので、明日以降にお送りすることになりますが
大丈夫でしょうか?」
 
へ????
まだ朝の10時なのに、もうクロネ@さんは荷物の集荷を終えるのか?
そんな朝っぱらから荷物を送る人ばかりじゃないと思うが。。。
 
集配が明日でなく、
今日はもうクロネ@さんが荷物を集荷しに来ないということですか?」
 
念のため聞いてみた。
女性は目を細めてレジをじっとみつめ
「そうなりますね。」
 
うっそだろーーー?
 
「そういたしましたら、いつ成田空港に荷物は着くのでしょうか?
 
「今日が5日で、クロ@コが明日荷物を取りに来たとして
中一日あれば届くとは思うので。。。。
8日くらいには届いてるんじゃないでしょうか?(*^_^*)」
 
 
んな想像なら私にもできます(笑)
。。。。普通、そのレジのバーコードに入力すると
いつ届くかを調べられるはずなんですケド。。。
 
だめだこりゃ
 
 
おとぼけは諦めてその店を出た。
ネットで調べているのでこの時間に出せば明日届くことは間違いない。
だが、ここで荷物を預けて本当にクロネ@さんに引き渡してもらえるのか
とてもとても不安だったのだ。
 
 
んー。。。。。
 
他にこの周りのコンビニは〜
 
 
 
そうだ!ローソ@がある!!
 
「すみません。成田空港まで宅急便を送りたいのですが」
「うちはゆうパックだけの扱いになりますが」
そうだった。ローソ@はクロネ@宅急便の扱いをしていないのよね〜
 
「いいです、いいです。空港ゆうパックで。」
 
「クーコーユーパック。。。。?」
 
 
 
ここもかい!!!!
 ( ̄□( ̄□( ̄ □ ̄;)!!ガーンガーンガーン
 
 
 
 
あうーーーもうどうしよう。
もうだいぶ歩きまわったし。。。
 
 
 
 
 
 
おおおおおっ!!思い出した!
クロネ@の店舗がどっかにあったはず。
ちょっと距離があるが確実だ。
 
えっちらおっちら荷物を運んできたおとぼけの住所を見て
クロネ@店舗のおにーさんは
「ここまで来るよりも、近くにFマートありませんでした?」
と不思議そうに言った。
いや。。。それにはわけが。。。(笑)
 
 
 
。。。。しかも考えてみると、荷物を持って歩き回った距離は
空港まで荷物を持って歩く距離の倍近くになっていたことに
その時おとぼけはまだ気付いていないのでありました。ははは。
 
 
 
 
※もちろんうちで荷物を集荷してもらう手段があることも知ってたんですけれど
なんかもう無性にどっかで出してしまいたかったんです〜(笑)
もうこうなったら意地でもどっかに出してやる!って感じ。
 
 
 

開く コメント(17)

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事