そらじい農日記

HPはこちら https://sites.google.com/site/sorafarm/

全体表示

[ リスト ]

田んぼの力とニワラ

「ニワラ(荷藁?)」というものがある。
脱穀が終わったワラを田んぼや庭先に巧く積んだもの。
ワラはイメージ 1こうしておくと雨が流れて、腐らずきれいに保存できる。
これにずっと憧れていて、
去年、近所のおじいさんに教えてもらって初めて作り、
ものすごく感動した。
 
今年、耕起した田んぼの脱穀が終わったので、
このワラでニワラを作ろうと試みた。
しかし、どうしてもうまくワラが上に上がっていかぬ。
夜には雨が降ってきそうだし早くしないと、、、
窮して田んぼから携帯でそのおじいさんにヘルプを乞い、
来てもらう。
そしてサクサクと積み上げていく。
これはいっくら想像してみてもできないな。
教えてもらわないと。
ニワラの頭にかぶせる笠があるのだが、これの作り方、出来栄えもすばらしい。
伝統知ってすごいなあ。
おじいさんは要領を教えて颯爽と田を去っていった。
どうかおれにすべての技を教え給うまでお元気で。
 
ニワラ積み、結構力のいる作業で、
ああ、「男」っていう字は田んぼの力と書くけど、
それは田んぼでニワラを積めて初めて認定されるのではないか、
などと一人ばかなことを考える。
でもきっと昔の男達も、自分の積んだニワラを見上げてそれに類する
感情を抱いたのではないか。
ニワラは稲作作業の中でもあからさまな”迫力”があるから。
 
これは一つの神なのではないか。
田んぼの稲の命を集めた稲ガミ、、、
でもとりあえず乗っかってみた。
お〜、なんか面白れぇ。
バングラでバスの上に乗車して風を切って進んだのを思い出す。
人間は高い所にのぼるとワクワクする性質があるんだな。
 
雨が上がったら自然農の田の稲刈りを本格的にやる。
それとモミスリも平行して。
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事