旅日記

ギョパンくずれ、昔の海外旅行のまとめ、育児の日記。ホームページはhttp://www.geocities.jp/gyopan/

全体表示

[ リスト ]

中国旅行のはじまり

イメージ 1

1998年8月23〜27日20歳 大阪

 すっかり一人旅にはまってしまい次は中国に行くことにした大学2年生の夏休み。中国へは安く船でいけるらしいという情報を東南アジアを旅をしている時に旅行者から聞いたのだ。中国といえばまず思いつくのが、万里の長城。これは見てみた。しかし、とにかく中国は広すぎる。北はモンゴル、西はシルクロード、南は桂林、チベットなど行きたいところがありすぎる。ということで、とりあえず北京へ行って、その先は中国へ行ってから決めることにした。
 中国に行くまでが長かった。
 23日札幌の家から父に小樽まで送ってもらった。そこからフェリー「ニューあかしあ(2等部屋学割で5370円)」に乗り込み午前10時出航。お風呂、サウナ、スポーツルーム、ビアガーデン、プール、映画のスクリーンなどの施設があり豪華客船のようだが、30人部屋で雑魚寝。夕食は持参したカップラーメン。
 24日午後5時京都の舞鶴に到着。列車で大阪へ。カンボジアで知り合ったTくんの家へ。Tくんの友だちが帰郷していて関西人8人とお酒を飲むが、関西の乗りについていけず。
 25日昼頃起きて夕方に活動開始。Tくんのバイト先のバーで夕食、お酒をご馳走になる。
 26日昼頃起きて夕方に活動開始。またTくんの友達たちと飲む。せっかく大阪にきたのに全然観光をしていない。帰りのタクシーでちらっと通天閣を見たぐらい。この日は6畳もない部屋で7人が重なり合うようにして寝た。
 27日午前8時大阪を出発して神戸港へ。やっと中国へと旅立つ。中国に行く前にすっかりだらけた生活を送ってしまった。大阪という不思議な国を旅をして人間的に駄目になりそうだ。
 神戸港で出国手続きをして船に乗り込んだ。中へ入ると中国人が片言の日本語で出迎えてくれて、私の部屋に案内してくれた。寝床は「ニューあかしあ」よりも狭く大変驚いた。布団と布団の隙間がなくびっしりと敷かれていた。しかもその布団が細い。荷物を置くスペースすらないので、布団の足元に無理やりおくしかない。
 船の名前は「燕京号」。神戸から天津へ2泊3日かけて行くのだ。二等室Bでオンシーズン学生料金で23000円。当たり前だが飛行機よりも明らかに安い。でもやっぱり中国に着くまで長い・・・。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ランダムでお邪魔しました。

二等室Bでオンシーズン学生料金で23,000円ですか?今は、はるかに安いですね!空港を選べなけれな茨城辺りから1万円位で行けちゃうでしょう。

2011/10/28(金) 午前 0:44 kirigakiri

顔アイコン

あらそんなに安いんですか。しばらく放浪していないので、悶々としております。

2011/10/28(金) 午後 7:34 [ 佐藤 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事