全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今日は寒いですね。昨日、ビクターの4チャンネルレコードプレーヤーJL-B31が届きました。前からほしかったのですが中々てにはいらなくて、アクリルケースに4チャンネルのゴロが入っていますね。ディスクリート4チャンネルレコードCD-4方式を再生するには、このプレーヤーが必要なります。CD-4レコードは30Kzから45Kzまで高い周波数帯域にサブキャリアのリヤチャンネの合成差信号(FMステレオ放送と同じ方式)で記録されているので、レコードプレーヤーも高い周波数帯域を低減させない低要量シールドケーブルを用いたフォノコード(アームコード)が必要となります。最近それを知りました。普通のレコードプレーヤーと比べると音の違いが分かりますね。ただステレオモノフォニックレコードを再生するには 高い周波数をひろう訳ですから 排除、軽減が必要となります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事