全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

年も押し妻ってきました。ビクターの4チャンネルレコードプレーヤーJL-B31が 来てから色々試したのですが、普通レコードプレーヤーだと、CD-4レコードを再生すると高域成分が 失われこもった音なりやすくなったのですが。B31を使って再生すると、高域の延びがいいですね。プレーヤーに使われている、抵容量シールドのおかげですね。写真は岩崎宏美のCD-4レコードロマンチックコンサートとの再生の様子です。音場の広がりが一層よくなりました。ビクターの4チャンネルレコードプレーヤーはJL-B31.33.41.44まで見たいでJL-B37になると4チャンネルのゴロは付いてないですね。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

当時の4チャンネルは真剣に聴いた事が無いのですが、デジタルとは
異なりアナログの4チャンネルは、音に包まれそうですね!
そういえば昔、マトリックス4チャンネルでYMOを聴いてたのを
思い出しました 音がグルグル回ってました (^_^)

2008/12/30(火) 午前 0:25 くぅ〜 返信する

顔アイコン

いい写真ですね 左には パイオニアのオープン ビクターがミニコンポとやらを出した頃から 危惧してました 電音がいわゆる ハイコンポを出しつずけてる デノンのラジカセ見たことありますか? ビクターの社員はプライドを持ってください 80年代 VHSのおかげで 電機業界は生き延びました あの方が松下幸之助さんにプレゼンしたから ミスターVHS 決してビクター日立シャープではありません VIDEO HOME SISTEM

2010/8/9(月) 午前 5:31 [ asdf ] 返信する

顔アイコン

正誤 。
SISTEM 多分 SYSTEM

2010/8/9(月) 午前 5:34 [ asdf ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事