全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

レーザーターンテーブルが来てから、色々調べていくと、普通のステレオレコード盤を、CDー 4レコード用ディスクディモジュレターを、phono イコライザーとして、通すとレコードの音質が向上しているのが、わかります。

ディモジュレターには、一番目の写真のように、phono 信号を、スルーするout端子があります。そこを通さず、4チャンネル出力をアンプに接続すると、通常phono信号より、信号レベルが、2倍に、SN比と、ワイドレンジがあがているように感じます。高域と低域が前に出てきていることがわかります。

微弱な、CDー 4レコードの信号を、ノイズリダクションなどで軽減、変換、増幅などしますので、ノイズ軽減などステレオ信号にも、効果的に働くのでしょうか。
 
ご注意
PHONO(フォノ)端子には、CDなどの音声入力を接続しないで下さい。
入力感度が違いますので、壊れることがあります。レコードなどPHONO端子は3mV
CDの端子は170mVですのでご注意を。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事