ロックショアヒラマサ狙い対馬遠征釣行

久々の更新です。。

ワカサギ釣りの最終釣行のワカ様への感謝記事も書いていないし、

その後の日本海サクラマス釣行のバラシ記事も書いていないしで

おさぼりしていたら、どんどん記事にしていない物語が

積もり積もって今に至っております。


単純にめっちゃ、忙し日々でした。っと、一言です。

さてさて、今回の本題。。





〜ほぉすけさんとの対馬遠征釣行〜

日程は4月12日〜4月16日

まずはじめに、今回の釣行をご一緒させて頂いたほぉすけさん、

並びに職場のスタッフ、

そして、快く送り出してくれた自分の奥様に深く感謝を申し上げますm(__)m


本来、男女群島への渡船を予定しておりましたが

天候が味方してくれなくて出航中止になりまして。

急遽、ほぉすけさんの提案で対馬に渡ることに致しました。


ここで一つ、問題点。

釣り具の荷物を二人合わせて

最大サイズダンボール4箱、

50リットルのクーラーボックス一つ

60リットルのクーラーボックス一つ

20リットルのクーラーボックス一つ

を事前に北海道から平戸に送っておりまして、、

その荷物を取りに行かなければ対馬へ行っても釣りになりません。


福岡空港からレンタカーそして平戸

平戸から博多港のフェリー乗り場

フェリーの受付まで

タイムリミットが4時間でしたのでハンドルを握る手はガクブルです。

先月、ワカの阿寒釣行でスピード違反で捕まった私にとって緊張感と

責任重大な裏腹なハンドリングさばき。。(笑)



無事に平戸へ到着、荷物をレンタカーに積み入れ

いそいそと引き返し、何とか対馬行きのフェリーに乗り込みます。

いつも、余裕を持って行動する私にとってギリでした。(汗)



私が運転してる間にほぉすけさんは対馬の渡船へ連絡を取り

手配を済ませてひと段落。

博多港から対馬までは直行でおおよそ4時間

イメージ 1


その間にノットを組みまして

寝まして・・・


半端ないハードスケジュール(笑)

4月13日

am4:00対馬へ到着。

そこから暗闇の中レンタカーで上対馬を目指し

イメージ 4


渡船業者さんと合流

コテージ風な寝床に荷物を置き

イメージ 2


すぐさま近くの磯へ 乗せてもらいました。

イメージ 3


am8:00からpm17:30までルアーを投げ続けますが全く持って魚影は感じられず



終了。

ホントにヒラマサ居るの??



宿に帰り夕食をしながら

まだ水温が低いので厳しかもね〜

なんて言われつつ、明日の朝勝負する地磯のポイントを教えてもらいます。

食後に近くの港へエギングに行くも

数キャストで体力の限界を感じ宿へ帰り就寝。



翌朝4月14日

am3:30起床

2人で暗闇の中、車でポイントへ向かいます。

初めて来る磯は未知の世界。

立つ磯などは

ほぉすけさんにお任せ致します!


九州は北海道と違い、日の出が 超遅い、、

薄っすらと明るくなって来てからアプローチ致します。

私は頑張って急いでルアーセッティング致しますが、



ほぉすけさんはもうキャスト!


「サカナいるーー!」

「まじっすかーー!」


私も準備し終えキャスト開始!

事前に魚のサイズが小さいとの情報でしたので
3本のルアーを持って行きましたが
そのうち、一本しか
フックサイズが小さめのがなくてミノーのそれ一本で勝負いたします!


時合い・・・今・・・


ほぉすけさんは1本釣り上げます!



私も必死にキャスト繰り返し


ヒット!


引きは強いが3キロの小さいヒラマサをずり上げまして、

シメてからすぐさまキャスト!

バイトするがイマイチ乗らない、、

焦りが出て来ます。。


すると・・・


「ぎゃーーーーーーっ!」

ドラグがジリジリ出される引き具合。

半端ねー!!

バットからロッドが曲がります!

安全な立ち位置を確保しつつ、伸されないようにファイティングポジションをキープ。

こちらも根に突っ込む習性があるヒラマサへは強引なファイトへと持ち込みますが

引きが強烈でやすやすと根に潜られ

何も動かなくなり、まるで根掛かり!?的な

やべ〜状態に持ち込まれ

どうする?

落ち着いてラインテンションを少しだけ緩ませ

しばらく待ちます・・・

待ちます・・・


すると、突如、また走り出します!

今度は負けねーぞ!って、ドラグをチリっとシメ

再ファイトします!

足場を確認しながら、ずり上げポイントの左まで誘導し

あと少し、、

あと少しの所でまた潜られ3ヒロの130lbのナイロンショックリーダーが

岩に擦られこれまたガリガリとヤバイ状況。。

このままじゃ、ただリーダーの磨耗を指加えて見ていつか切れてしまう。

そこでブレイク覚悟で強引にロッドを起こし引き上げます。

「ゔりゃーーーーーーっ!」

そうしたら運良く魚は上に浮きあがり、波の勢いを読み

タイミングを合わせて

ずり上げポイント上がって来まして、

無事にキャッチ!!

イメージ 5


私の非力な筋肉は痙攣ですね


サイズはメーター越え

イメージ 6


重さは7キロ

ありがとう!!


すぐさまシメてキャストするもボロボロのショックリーダー

急いで組み直すももう既に時合いが通り過ぎてしまい

反応無し。



チャンスタイム30分でしたねー

のちにほぉすけさんが釣り上げた青物はブリだったことに

二人して驚愕。。

残念でなりません。

その後、一度、宿へ戻り作戦会議。。

波、風、雨が上がる予報でしたので

昼から撃てる場所を探します

買い出しを済ませて午後の部

雨風の中、撃ち続けますが

イメージ 7


やはり、反応ありません

夕方になり撤収

宿に戻り夕食をべながら明日はさらに酷くなる予報でしたので作戦会議

4月15日

am3:00起床

昨日と同じ磯を目指します!

が!

予報通り雨はやみましたが波、風がさらに酷くなって

立ち位置の確保すら難しい

ほぉすけさんは波をかぶり、それでも撃ち続けます。

しかし、反応もなく

だんだん波が高くなり危険と判断し撤収することになりました。

イメージ 8


am7:30撤収



まだ午前中、ほぉすけさんはさらなる釣り場をさがして

対馬を2時間かけて南下

帰りのフェリー乗り場近くの磯にアプローチ

ここ、絶対、ギャフないとダメでしょポイントですね


イメージ 14


しばらく振るも反応なしで終了。。

フェリーの時間が来まして博多を目指します!

イメージ 9


pm20:00くらいでしたか博多港到着

そこからエギングかメバリングでもしようとほぉすけさんはグーグルマップで港を探します!

目的の港の途中で食事を済ませて

イメージ 10


ほぉすけさんのメバリングロッドをお借りして

初チャレンジ!

1.5gのジグヘッドに小さいワーム・・・

飛ばない・・・笑

ほぉすけさんはメバルを一本釣り上げた。

私も頑張ります!

テトラに乗りながらロッドの音だけが響き渡る・・・

来た来た・・・

軽くアワセを入れて

釣り上げたのはアジ・・・

イメージ 11


初めて釣りました^ ^


その後、港をぐるりと探索いたしますが、

見えるが食ってくれないもどかしい釣り。。

釣れたら楽しいだろーなー。。

って、寒さと眠気がやってまいりまして終了。。

二人は最終日の宿で就寝。。

自遊空間。

私は爆睡でしたがほぉすけさんは読みあさっておりました・・・

つくづく、ほぉすけさんの体力に驚愕いたしました。。。

4月16日

翌朝、北海道に荷物を送り、レンタカーを返して

空港へと向かいます!



今回はJALを利用しましたが

事前に釣れた魚をクーラーボックスごと

預ける事が出来ましたのでここに書き記しておきます

3辺
50×60×120センチ以内であれば
(3辺の合計230センチ以内かどうかは不明です。確認甘くてすみません)

魚、氷を入れて預けられます

もちろん、魚は袋に入れて密封

氷も外に漏れ出さないように密封

ドライアイスの場合は2.5キロ以内。
(ドライアイスの場合は重さをチェックされますのでご注意)

トータルの預け荷物が20キロ以内であれば無料
1キロオーバーごとに1000円金額が増えて行くシステムです。


帰宅後、魚屋さんで綺麗に捌いてもらい

美味しく頂きました!

イメージ 12



そして、私の携帯のホーム画面はこうなりました^ ^

イメージ 13



また行けたらいいなぁ(^.^)




その他の最新記事

すべて表示

2018.03.13 だいぶ前のお話になりますが・・・ この日は接待釣行でした 天馬街道が雪崩で通行不能 占冠で高速に乗り阿寒をめざします! 硫黄山側です。 去年もご一緒した方々と私含め3名の釣行 先週、来た時はネット際に設営して失敗でしたので ...すべて表示すべて表示

2018.03.07 3連戦最後のフィールドを塘路湖に選びました。 小さめの魚体を釣りたかったからです。 今季、このフィールドは3回目、 1回目の釣れ方が良かったイメージですのでひょっとしたら?? (爆)?? かもしれませんので気合十分! am5:00過ぎ ア ...すべて表示すべて表示

2018.03.06 遠征二日目。。 前日のデカサギで指先がやられてしまっているので まったり出きそうな 今年不調の 阿寒湖硫黄山側 寝坊してしまい、 am7:00にアプローチ ネット際に設営 開始はこんな時間 2月6日に来 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事