全体表示

[ リスト ]



2017.10.07

車中泊から目が覚め、いよいよ

男女群島に出航の日。


思い起こせば、ほぉすけさんの背中を追い、

ワカサギ釣りからスタートし

釣りを始めて3年目

ついにこんな所まで来てしまった・・・

最初の頃はほぉすけさんの言っている釣り用語が

外国語にしか聞こえなくて

ちんぷんかんぷんだったあの頃、

リールハンドルは左で巻くといいよと言われれば、

左で巻く特訓をし、

サクラマス釣行では、10時間振り続けるのはよくある事と言われれば

10時間振り続け、

ワカサギ釣りでは、ペグダウンの方法や釣果UPする為の手返しを教わり、

そしてそして・・・・・


数々のほぉすけさんの教えが今の私を突き動かしている・・・

彼は私の・・・救世主!!


まさか、、、こんな短期間で
憧れの男女群島に立てる日が来るとは・・・・

一期一会

まさしく、今この瞬間は私の冒険心が最大に増幅し
今でも胸が張り裂けそうな勢い



・・・・・・


・・・・


・・・


来たーーーーーーっ!!!

イメージ 1



あじかの看板が目に入った瞬間、
あまりの緊張感に押しつぶされそうになり、

吐きそう。。

気を取り直し、


よしっ!やるぞ!

ここにある神社で釣果の祈願ではなく、
2人とも無事に帰れる祈願を私は致しました

イメージ 2




予め北海道から荷物を送っていたので

ダンボール箱を開けてパッキング

ヘッドライトに電池を組み込み

荷物には1つ1つ名前を大きく見えるように書き込み、

余計な荷物はレンタカー に置き


周りの方々を見よう見まねで2人分荷物を一ヶ所にまとめる。


イメージ 3


今回釣行スケジュールは

一泊二日の釣行で申し込んでいる。。

実質の所、一泊二日と言えど磯止まりは2泊になる。


各自の荷物を「ブラック カイザー」に積み込み

イメージ 4


いよいよ、出航の時が来た。

予め酔い止め薬は飲んでおき

他の常連の釣行者の
流れ通り船内へ潜り込む。。

男女群島へはおおよそ3時間半か4時間

到着は16時頃予定。

ここで少しでも体力を温存するのに寝ます。。

イメージ 5



私達ははルアー組ですが、

ここの男女群島では、アラ(クエ)、口グロなどフカセ釣りや

撒き餌しながらのエサ釣りも楽しめるポイントみたいですねー。




時が経ち、高回転だったエンジン音が静かになる

周りの方々がざわつき始め、私も慌ててライフジャケットを着て

靴を履き、

甲板へと出ました所・・・・



来たーーーーーーっ!!!

イメージ 6


だだだ男女群島っ!!


初めて見た私の印象はワクワクと恐怖心とが混在し

撃投DVDでの世界がここにある!

まさしく、「絶海」・・・

・・・


各自のパーティごとに磯乗りしてゆくのですが、

船首を岩肌にぶつけて、そこで船をキープしながら

ポーターさんと共に他の釣行者も荷上げのバケツリレー

みんなで協力しあうんですね。


私も勝手が分からないなりにお手伝いします。

私達は釣行名簿に「初」男女群島と書いたせいなのかどうなのか分かりませんが


最後の最後に乗磯。

「沖の赤瀬」

イメージ 7


先ずは男女に乗れた事に感謝します


渡船は13回、朝、昼、夕方と見回りにやって来てくれます。

その時に釣果があれば、船に予め用意してあるクーラーボックスに移し替え、

ポーターさんが氷を入れてくれると言うシステム。。

って事で、

8:00くらいに見回りに来るまでが勝負です。

足元は滑るのでジオロックピンフェルト履いて来て正解!

イメージ 16




さて、夕まずめ勝負!


ジグ、ダイペン、ポッパーなどを投げ続けますが反応ありません。。

って言うか、、

磯際がないやらオーバーハングのせい?でラインブレイク半端ない、、

暗くなり、ブルスナにシマノ4000番装着。

PE3号にショックリーダー30lb

ロックフィッシュゲームに切り替えチャレンジしますが

イメージ 8


根掛かり半端なく、シンカー無くしまくりで

あたふたしていた所・・・


なんか、来たーーーーーーっ!!!


ショアブリに使っているブルスナが曲がります。

結構、引きます。。

沖に向かう潮のせいなのかドラグが結構出されるのでドラグ締め直したり

あたふた・・・

しばらくポンピングして寄せて来て

足場悪いのでヘッドライト点けて一段足場を下がろうと・・・

「ぽんっ!」

 ブレイク・・・


おそるべし・・・

どんな大物だったかは見れませんでしたが、ここのポテンシャル、おそるべし。。

その後、リールをキャタリナ4500に切り替え

PE4号ナイロンショックリーダー80lbで挑みますが、
反応なしで、終了。。

ちょっと腹ごしらえしてから

イメージ 9


この磯の比較的平らな所を探し、そこしかないので

お互い川の字で就寝・・・

空の星空が印象的でした・・・・


2017.10.08

am4:30

薄暗い中、ジグからスタートします

すると・・・・

ほぉすけさんのロッドがぶち曲がります!

来たーーーーーーっ!!!


ギャフなしでブチ抜き

巨大なタイが上がって来た。。


ス、スゲー、、


釣って見たーーーい!
(ジョークではなく本気)

北海道とは違い、日の出が遅い、、

1時間は違いますね、、

ですので630からようやく明るくなりますので

朝の勝負が短いです。。



ほぉすけさんと相談し、せっかく来たから、色んな磯に乗りたいので

瀬替わり希望・・・


青物爆釣イメージでしたが、後で分かりましたが、

10月は青物の時期じゃないそうです(汗)


お次に乗ったのは女島とハナグリの間の水道。

イメージ 10


その名の通り水が通る。。

って、イメージ的には本流の濁流の川って感じの見た目

200グラムのジグを投げて40カウント・・・すごい流される・・・

8畳くらいなスペースですね〜(笑)

多分、30度くらいの炎天下だと思われますが、

北海道育ちの私にとってはとにかく体力が削がれまくります。

この段階で私はボーズでしたので必死に200グラムのジグを振ります!



来たーーーーーーっ!!!


潮の流れが半端ないので結構〜ファイトが強め。。

カンパチ来たー!

イメージ 11



しかもスレ、、

しかも、小さ過ぎてカンパチと言えるサイズではない、、(笑)

でも、一本は一本。

今夜の夕食に決定でキープさせて頂きます!


ボーズ免れ、一安心。。

私が一休みしていると・・・

ほぉすけさんがマグロ回遊しているのを発見、

すると、ほぉすけさんのロッドがぶち曲がる・・・

高台でしたのでブチ抜きは無理。。

「ギャフいるーーー??」

シイラでしたのでどうするどうする状態。。

足元でモジャモジャしていたら、勝手にフックアウトしてくれてました。

私の目測でしたが、1メートル50はあったと思います。。


とにもかくにも潮が止まらないとトップも難しいし、ましてや

ジグなんかは着底まで行くのにライン出され過ぎてもし、

かかった時に走られて も困る釣り場。

私のタックルバランスでは潮が変わるほんの少しのタイミングでしかできない感じ。。


昼にカイザーのお迎えが来て、さらなる瀬替わりの選択。。

イメージ 12


次の瀬はおそらく吉田瀬の4番(ほぉすけさんのブログチェックで知りました)


ここも激流ポイント。

イメージ 13


深い。。。200グラムのジグで50カウント(汗)


この段階で、私の体力ゲージがカスカスです、、

逃げ場のない炎天下、魚影反応なしのまま、重いジグを振り

ただただ、削がれて行く体力、気力・・・・

それでも、北海道からせっかく来たんだからと思い、

この軌跡の奇跡を信じ振ります!

休みます。。

振りますの繰り返し

私は体力ゲージ赤点滅の

絶体絶命のピンチに追い込まれる。。


丁度、陽が傾きかけた頃合い、

ようやく、命を繋ぐ日陰ポイントが出来た。

そこに私は体力温存の為、隠れます。。

その間、ほぉすけさんはひたすら振り続けます・・・

イメージ 14



スゲー人とは知っておりますが、

ホント、スゲー人だな〜ってつくづく思いました。。

私は力尽き、ほぉすけさんの3分の1もロッドを振れません

時間だけが過ぎ行く・・・

全く反応無いまま、瀬替わり決定ですね〜って、、

この瀬が終われば

今日の夕まずめと明日の朝まずめのみの勝負しか残されてません。。

残すところ、後わずか、、

次の瀬替わりは

二重鼻?

イメージ 15


夕まずめトップでひたすら振ります!

相当振りますが、反応なしで終了。。

ここで夜を過ごします。。

つづく・・・

イメージ 17

この記事に

閉じる コメント(2)

川のような水道、すっ飛んで流れていく200g…何が出てくるかわからない。
物凄くワクワクします!!!
素晴らしいフィールド、磯泊まり…釣友との晩餐。
いや、ほんと素晴らしいですね!

私も北海道では150gまでは振りますが…200オーバーは未知の世界です。

2017/10/18(水) 午前 10:06 [ まこと ] 返信する

顔アイコン

> まことさん
ここの流れは悍しく恐れすら感じた瀬でした。
落ちたらまさしく死につながる水道。
ほんと、ドキドキしました。

200グラムのジグを振るには私のロッドではちょっと難しい感じでした。もっと硬い感じのが向いている気がいたしました。

ありがたい時間を過ごせたのは私の財産でした。。^ ^

2017/10/18(水) 午後 11:46 [ ぷーお ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事