日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブログ引っ越し




よろしくお願いします。

開く コメント(0)

超久々の更新です



先ずはじめに、

男女群島出発2日前、禁猟区でハンターが鹿と間違え

猟銃に撃たれて亡くなられた私のワカ仲間のスガちゃんに

ご冥福をお祈り致します。

彼は秘伝オフ会にも顔を出し

ギョウジャニンニクを提供してくださったりしてくださいました。

さらに、私とほぉすけさんを引き合わせてくれた恩人でもありました。

後ろ髪を引かれる想いではありましたが

彼が私とほぉすけさんと引き合わせてくれた事もありましたので

感謝と共に男女群島へ出発を決意いたしました・・・・



1ヶ月前のお話ですが・・・

2018.11.22出発!

あらかじめ、荷物は

釣れた魚用55リットルクーラー、

20リットルの飲料、食料用のクーラー、

ダンボール160サイズ2個を福岡のクロネコ営業所留めで送っておりましたので

当日はロッドケース、リュックの軽装で出発。


福岡へ着き、デミオのレンタカーを入手

その足で釣り具のキャスティングに向かいます

たまたまあったジグにむいている

パワーロッドがありましたのでほぉすけさんへ相談の末

レイジングブル98xs-2を即購入!

いままでのミュートスアキュラ100HHのみの釣行では不安を抱えていた

私にとってロッド2本と言う

この上ない安心感。。



その他もろもろ購入し

クロネコヤマトさんへ荷物を取りにいきまして・・・・


当然、箱からバラし、パッキングしないと

二人分の荷物はデミオには積まさらない事。。。


お互いの160サイズダンボール4個をその場でバラし、

コンパクトにまとめあげ、なんとか車載。



後ろ見えません笑


イメージ 20



これじゃ、車中泊も出来ません笑


次回は、ミニバンクラスにしたいですね〜。。


っと、いう事で急遽、その場でじゃらんでホテル検索・・・

佐世保のホテルへと向かいます。

私の運転免許違反累積5点で、ほぉすけさんの配慮もあり

ほぼ、今回の運転はほぉすけさんが運転してくれましたので感謝しております。

すみません、、

佐世保着は午前0時過ぎ、、

ホテルではいつものリーダーを組む作業、

自宅でリーダーを組む手立てもありますが、

ここは少しでもラインの鮮度を重視致します。


翌朝、

8:30くらいに佐世保を出発、

途中、スーパーに立ち寄り

食料、飲料、お菓子を買い込みます!

あまり買い込みすぎても男女群島の最終日の朝と、

その前の夜に白米とお漬物が配給されますので

レトルトカレーとか・・・



北海道と違って九州はグーグルマップどうりの時間に着いてしまいます。。

すなわち・・・距離が大した事ないのに曲がりくねった道、細い道やら信号機が沢山あるやらで

Googleマップの計算した表示時間に到着します。

北海道なら、Googleなら3時間表示であれば実際は2時間くらいで到着したりで

短縮する事も・・・。

あじかには10:30くらに到着。

イメージ 2



14:00出発なんで11:00くらいに到着したら安心かなー、、っと思いきや、

結構、人が既にたんまりいるし、駐車場も車の置き場もない状況、、

なんとか、おかみさんの配慮で駐車場を確保しつつ、一安心。。


前回来た時は1ヶ月早めの10月初めの釣行日程では

青物があまりいませんでしたので

あえて、今回は11月末の選択。

そして、夜はクエ狙い。。

あじかさんでイワシの撒き餌と餌を4kg、7kgに分けて

一人合計11kg購入。

クエ釣りは餌代が高価ですねー(笑)


さて、準備万端!

イメージ 1



前回と違い、2度目ですので要領を把握しておりますので

スムーズに船内に荷物の積み込みのお手伝い・・・

その後、船内の寝床へと向かう。

イメージ 3


あとはゴロゴロしながら爆睡すること4時間・・・


来ました!男女群島!またもや!


どこに乗せられるかは船長次第。

クエもやる事も伝えるが、ここはあくまでルアーメイン!

なんと、男女のシンボルの帆立岩に乗せられた。。。笑

イメージ 5


いや、乗せていただいた!!

下の赤い矢印

イメージ 7





まじかっーーー!

これもまた、船長さんの配慮である。

そして、私たちの普段の行ない・・・。。

(釣り場ではゴミを捨てませんし、外道は極力丁寧にリリースしたり・・・)



さてさて、

風と潮の具合は・・・

イメージ 4







釣れそう。。

薄暗くなる中、

先ずは帆立岩で200gのジグ振ります!

潮の流れやばい感じ、お久しぶりです。。

しかしながら、私には何も反応せず日没で終了、、


早速、クエ釣りにシフトチェンジ!

まき餌のイワシからぶつ切りにし、

ミュートスアキュラ100HH

&

キャタリナ6500H

PE6号

スペーサーPE12号

ショックリーダーナイロン150lb

にクエの仕掛けに餌イワシ1一匹

オモリ50号

ロッド手持ち・・・・

撒き餌を撒きながら・・・

どんなモンスターが潜んでいるのか未知の世界。


ティップが・・・

ツゥンツゥン、、

来たか・・・!?

クエは向こう合わせらしいので待つべし。。

待つべし。。


NOフッキング、、

イワシの頭しか残っていない、、

魚影はある。

しばらくして...

なんか、乗ってる。。


ウツボ、、動き回るのでこれが限界写メ

イメージ 6



クエ狙いでウツボが連発するとは聞いておりましたが、

実際、釣り上げると

蛇みたいで怖いです。

自分が噛みつかれない様にハリを外すのも一苦労、


しばらくすると・・・・


ほぉすけさんが

「本命かもーーーっ!」

ロッドがぐんにゃり、、

そして、見事に本命のクエを釣り上げておりました。

私もクエ釣るぜっ!


むこう合わせ、むこう合わせ、

ツンツン、、

ツンツン・・・・・


ぎゃーーーーーーーっ!

バッコリロッドがぐんにゃり、、


私も「本命来たーーーー!」


ほぉすけさんが横でギャフを用意してくれて

徐々に魚体が浮いてきます・・・


ん!??

し、しゃーーーく!?



イメージ 8



サメです。。

ʕʘ‿ʘʔ


軽く1m50は超えている。。汗

申し訳無いですが、ギャフをうってもらいました。。




ある意味、持ってる男のまさかのデカサメ(笑)



まぁ、そんなこんなでホタテでの底物は潮止まりのワンちゃんで

潮が動き出したら、仕掛けが凄い勢いで流されて

挙げ句の果てに根掛かり、

そして仕掛けロストのオンパレード。

初日なのに体力の消耗も著しく

寒い夜空の中、腰と背中にホッカイロを貼り付け

睡眠。。


翌朝、朝まずめの青物狙いでルアーにチェンジ。

イメージ 9


しかし、全く反応なし、

イメージ 11


私はいつもの如く(爆)

イメージ 10


ジグもダメ、ポッパーもミノーもダイペンもダメ、、

相談の結果、

磯替えを希望。


ホタテで無念、、

でも、魚が居ないと仕方在りません。


次に乗ったのは私には岩場の名前は分かりませんが、

青物もチャンスはありそうですし、

潮の流れも落ち着いていて、底物出そうな雰囲気。


まだ明るいのでルアーメインで振りまくります。

が、しかし、ここもルアーには反応ありません、、

もう、肩やら腕が限界、、


そして、ここでも私はおさぼりいたします。。

イメージ 12


そして夕暮れ、またクエ狙い。

イワシをキザミ、撒き餌作り。。



反応はありますが、なかなか乗りません。

私はまだクエを釣っておりませんので

何とかこの最期の夜のチャンスにクエを獲らなければと・・・・

そのうち、ほぉすけさんが睡眠タイム。

私はその間も粘ります!

ツンツン・・・・

ロッド、ぶち曲がります!

来た・・・


ほぉすけさんを呼びますが波の音にかき消されて

聞こえない様子・・・


なかなかの引き具合、

これこそ本命??


そして、1人でギャフ打つ事を覚悟、足場の悪い段差で

足を滑らせてしまい、右手でロッドキープ、

左手で手をつくが

左手の手をついた所が悪くてギャフのアルミシャフト。


「ボキッ!!」

ほぉすけさんのギャフの柄を折ってしまい、焦る私。


でも、このクエを上げなければと、魚を浮かせ・・・・


え”っ!

デカイウツボやん、、しかも、自身で身を絡ませて団子状態


だから、重たかったのかと、、

何とかぶっこぬき、

ドデでかいウツボをリリース

(写メ撮ってません)


そして、私にとって緊張のひと時・・・・


それは寝ているほぉすけさんを起こして

ギャフを折ってしまった事の報告。。。

辛い報告。


ほぉすけさんの寝ている元へ行き

ツンツン・・・


「すみません、、ギャフを折りました」

(まるで怯える子犬気分)

謝りました。


すると、彼は私の身に怪我が無いかを確かめ、

快く許して下さいました。。


どうも、すみませんでした。。m(_ _)m


そして、私も体力の限界がやって来て寝袋を広げ就寝。。

さらに追い討ちで

1時間も寝てないうちに雨。。

寝袋濡れてるしーーーー!


で、すぐ起きてクエ釣り。


やがて、朝まずめのルアーの時間がやって来ます。。


朦朧としている中、

ルアーのキャスト!


肩、脇がパンパン、、全身疲労困憊。

そして、青物居ません、、

ベイトはいる様子ですけど、ルアーには反応ありません


行きどうおりを感じます、、


もうすぐ迎えの船が来ますそれまで荷物をまとめておかなけばなりませんが

時間の許す限り、振り続けます!

そして、時間が迫り撤収準備

イメージ 13






そう、不甲斐ないですが、仕方ありません。

男女群島、またいつか来たいですね。。



4時間かけて平戸へ到着。


渡船代の支払いを済ませて、クロネコヤマト前でパッキングをし、

荷物を北海道へ送ります。。


ほぉすけさんの提案で平戸でエギングでアオリイカを狙う事になり、

エギングロッドをスタンバイ!

2人とも疲労困憊ですが、来たからには遊び切る所存、、

私なんか、コンビニのイートインでおにぎり食べてたら、

財布を落とした事すら気付かずイート。

食べ終わってからコンビニの通路に自分の財布が落ちている事に気づく。。(笑)

食事が終わり、

とりあえず、去年行った平戸の漁港でちょこっとエギングをやりました。

もう時期がおそいのかな?


反応が薄いが何とか一本!

イメージ 14



体力も時間も限界・・・


そこから、車で福岡を目指します!


福岡の自遊空間で


寝床がフラットなのに幸せを感じつつ爆睡!


次の日家路にたどり着き、早速、自分で釣ったアオリイカを

奥様に食べてもらいました。


その次の日かな?

ほぉすけさんからクエの半身を頂きましたので

刺身、

イメージ 15

甘み、程よい脂、筋肉質な歯ごたえのある食感、、


そして待望のクエ鍋を頂きました!

丁寧に昆布に焼きを入れてクエのアラを入れ水からダシを取り、

白ダシをちょいと加え、すった生姜を少々入れて鍋完成!!

イメージ 16



って、白菜メイン(笑)


パンチあるダシではありませんが食べたことが無い

高級なダシが出てとても美味しかったです。

身も酒処理で臭みを消す処理をしておりましたので、

奥様にも大絶賛!!



ほぉすけさん、ありがとうございます!


今度は青物の爆釣やりたいです!


そして、早く弁償のギャフの柄をお返ししたいです・・・

イメージ 17



では、また。


イメージ 18


イメージ 19



開く コメント(14)

久々の更新です。。

ワカサギ釣りの最終釣行のワカ様への感謝記事も書いていないし、

その後の日本海サクラマス釣行のバラシ記事も書いていないしで

おさぼりしていたら、どんどん記事にしていない物語が

積もり積もって今に至っております。


単純にめっちゃ、忙し日々でした。っと、一言です。

さてさて、今回の本題。。





〜ほぉすけさんとの対馬遠征釣行〜

日程は4月12日〜4月16日

まずはじめに、今回の釣行をご一緒させて頂いたほぉすけさん、

並びに職場のスタッフ、

そして、快く送り出してくれた自分の奥様に深く感謝を申し上げますm(__)m


本来、男女群島への渡船を予定しておりましたが

天候が味方してくれなくて出航中止になりまして。

急遽、ほぉすけさんの提案で対馬に渡ることに致しました。


ここで一つ、問題点。

釣り具の荷物を二人合わせて

最大サイズダンボール4箱、

50リットルのクーラーボックス一つ

60リットルのクーラーボックス一つ

20リットルのクーラーボックス一つ

を事前に北海道から平戸に送っておりまして、、

その荷物を取りに行かなければ対馬へ行っても釣りになりません。


福岡空港からレンタカーそして平戸

平戸から博多港のフェリー乗り場

フェリーの受付まで

タイムリミットが4時間でしたのでハンドルを握る手はガクブルです。

先月、ワカの阿寒釣行でスピード違反で捕まった私にとって緊張感と

責任重大な裏腹なハンドリングさばき。。(笑)



無事に平戸へ到着、荷物をレンタカーに積み入れ

いそいそと引き返し、何とか対馬行きのフェリーに乗り込みます。

いつも、余裕を持って行動する私にとってギリでした。(汗)



私が運転してる間にほぉすけさんは対馬の渡船へ連絡を取り

手配を済ませてひと段落。

博多港から対馬までは直行でおおよそ4時間

イメージ 1


その間にノットを組みまして

寝まして・・・


半端ないハードスケジュール(笑)

4月13日

am4:00対馬へ到着。

そこから暗闇の中レンタカーで上対馬を目指し

イメージ 4


渡船業者さんと合流

コテージ風な寝床に荷物を置き

イメージ 2


すぐさま近くの磯へ 乗せてもらいました。

イメージ 3


am8:00からpm17:30までルアーを投げ続けますが全く持って魚影は感じられず



終了。

ホントにヒラマサ居るの??



宿に帰り夕食をしながら

まだ水温が低いので厳しかもね〜

なんて言われつつ、明日の朝勝負する地磯のポイントを教えてもらいます。

食後に近くの港へエギングに行くも

数キャストで体力の限界を感じ宿へ帰り就寝。



翌朝4月14日

am3:30起床

2人で暗闇の中、車でポイントへ向かいます。

初めて来る磯は未知の世界。

立つ磯などは

ほぉすけさんにお任せ致します!


九州は北海道と違い、日の出が 超遅い、、

薄っすらと明るくなって来てからアプローチ致します。

私は頑張って急いでルアーセッティング致しますが、



ほぉすけさんはもうキャスト!


「サカナいるーー!」

「まじっすかーー!」


私も準備し終えキャスト開始!

事前に魚のサイズが小さいとの情報でしたので
3本のルアーを持って行きましたが
そのうち、一本しか
フックサイズが小さめのがなくてミノーのそれ一本で勝負いたします!


時合い・・・今・・・


ほぉすけさんは1本釣り上げます!



私も必死にキャスト繰り返し


ヒット!


引きは強いが3キロの小さいヒラマサをずり上げまして、

シメてからすぐさまキャスト!

バイトするがイマイチ乗らない、、

焦りが出て来ます。。


すると・・・


「ぎゃーーーーーーっ!」

ドラグがジリジリ出される引き具合。

半端ねー!!

バットからロッドが曲がります!

安全な立ち位置を確保しつつ、伸されないようにファイティングポジションをキープ。

こちらも根に突っ込む習性があるヒラマサへは強引なファイトへと持ち込みますが

引きが強烈でやすやすと根に潜られ

何も動かなくなり、まるで根掛かり!?的な

やべ〜状態に持ち込まれ

どうする?

落ち着いてラインテンションを少しだけ緩ませ

しばらく待ちます・・・

待ちます・・・


すると、突如、また走り出します!

今度は負けねーぞ!って、ドラグをチリっとシメ

再ファイトします!

足場を確認しながら、ずり上げポイントの左まで誘導し

あと少し、、

あと少しの所でまた潜られ3ヒロの130lbのナイロンショックリーダーが

岩に擦られこれまたガリガリとヤバイ状況。。

このままじゃ、ただリーダーの磨耗を指加えて見ていつか切れてしまう。

そこでブレイク覚悟で強引にロッドを起こし引き上げます。

「ゔりゃーーーーーーっ!」

そうしたら運良く魚は上に浮きあがり、波の勢いを読み

タイミングを合わせて

ずり上げポイント上がって来まして、

無事にキャッチ!!

イメージ 5


私の非力な筋肉は痙攣ですね


サイズはメーター越え

イメージ 6


重さは7キロ

ありがとう!!


すぐさまシメてキャストするもボロボロのショックリーダー

急いで組み直すももう既に時合いが通り過ぎてしまい

反応無し。



チャンスタイム30分でしたねー

のちにほぉすけさんが釣り上げた青物はブリだったことに

二人して驚愕。。

残念でなりません。

その後、一度、宿へ戻り作戦会議。。

波、風、雨が上がる予報でしたので

昼から撃てる場所を探します

買い出しを済ませて午後の部

雨風の中、撃ち続けますが

イメージ 7


やはり、反応ありません

夕方になり撤収

宿に戻り夕食をべながら明日はさらに酷くなる予報でしたので作戦会議

4月15日

am3:00起床

昨日と同じ磯を目指します!

が!

予報通り雨はやみましたが波、風がさらに酷くなって

立ち位置の確保すら難しい

ほぉすけさんは波をかぶり、それでも撃ち続けます。

しかし、反応もなく

だんだん波が高くなり危険と判断し撤収することになりました。

イメージ 8


am7:30撤収



まだ午前中、ほぉすけさんはさらなる釣り場をさがして

対馬を2時間かけて南下

帰りのフェリー乗り場近くの磯にアプローチ

ここ、絶対、ギャフないとダメでしょポイントですね


イメージ 14


しばらく振るも反応なしで終了。。

フェリーの時間が来まして博多を目指します!

イメージ 9


pm20:00くらいでしたか博多港到着

そこからエギングかメバリングでもしようとほぉすけさんはグーグルマップで港を探します!

目的の港の途中で食事を済ませて

イメージ 10


ほぉすけさんのメバリングロッドをお借りして

初チャレンジ!

1.5gのジグヘッドに小さいワーム・・・

飛ばない・・・笑

ほぉすけさんはメバルを一本釣り上げた。

私も頑張ります!

テトラに乗りながらロッドの音だけが響き渡る・・・

来た来た・・・

軽くアワセを入れて

釣り上げたのはアジ・・・

イメージ 11


初めて釣りました^ ^


その後、港をぐるりと探索いたしますが、

見えるが食ってくれないもどかしい釣り。。

釣れたら楽しいだろーなー。。

って、寒さと眠気がやってまいりまして終了。。

二人は最終日の宿で就寝。。

自遊空間。

私は爆睡でしたがほぉすけさんは読みあさっておりました・・・

つくづく、ほぉすけさんの体力に驚愕いたしました。。。

4月16日

翌朝、北海道に荷物を送り、レンタカーを返して

空港へと向かいます!



今回はJALを利用しましたが

事前に釣れた魚をクーラーボックスごと

預ける事が出来ましたのでここに書き記しておきます

3辺
50×60×120センチ以内であれば
(3辺の合計230センチ以内かどうかは不明です。確認甘くてすみません)

魚、氷を入れて預けられます

もちろん、魚は袋に入れて密封

氷も外に漏れ出さないように密封

ドライアイスの場合は2.5キロ以内。
(ドライアイスの場合は重さをチェックされますのでご注意)

トータルの預け荷物が20キロ以内であれば無料
1キロオーバーごとに1000円金額が増えて行くシステムです。


帰宅後、魚屋さんで綺麗に捌いてもらい

美味しく頂きました!

イメージ 12



そして、私の携帯のホーム画面はこうなりました^ ^

イメージ 13



また行けたらいいなぁ(^.^)




開く コメント(6)

ブログ書くのもオサボリしていると、

思い出すのも結構至難の技。。


自分への日記と称して書き記したいと思います



2017.11.05

地元でロック

イメージ 1


小さなソイに遊んでもらいます。


翌日、日本海へ遠征


ほぉすけさんと現地待ち合わせまで時間がありましたので

初めての漁港でちょいロック

イメージ 2


合流後、

車中泊してショアジギで朝まずめ狙うも

ボーズで撤収。。





2017.11.13

夜釣りでほぉすけさんとアナゴ狙い

ほぉすけさんはアナゴ釣ってましたが

私はドンコのみ。

2017.11.14

風が出てきてam4:00くらいに撤収。

そのまま、帰宅後、


2人でダム湖に向かい

渾身の一本!


イメージ 3


写真写すの下手くそですが、いいサイズ!(^.^)



寝てないし、ドシャ降りの釣行で眠さ限界(笑)


帰りはほぉすけさんに運転してもらいました。。





2017.11.28

ほぉすけさん、YUTさんとショアジギコラボ

朝まずめのみでしたが戻りは反応無しでしたので

ワームに切り替えて

イメージ 5
イメージ 4




何本かのホッケと、ソイに遊んでもらいました。


一本だけソイをお持ち帰りしてみましたが


身に黒い寄生虫の卵?らしきモノが点在しておりましたので

怖くて食べられませんでした。。


そして、いのちを粗末にしてしまったことを反省

もう2度とソイは持ち帰りません。。



2017.12.05


マメイカ狙い


猛吹雪の中3時間・・・



辛くて辛くて


こんなんなりながらも


イメージ 7
イメージ 6



なんとか4杯



イメージ 9


辺りを見回すと

私以外にも猛吹雪の中キチガイが若干2名ほどおりました(笑)



以上が最近の釣り。


面白くもなんともない記事になりましたが

一応、釣行記録とさせて頂きます。



次はワカサギですかね〜(^ ^)


イメージ 8


開く コメント(10)

開く トラックバック(0)


自分の休みの度に台風の影響が残っており、

川、海は釣りにならない事が続いておりました・・・

ですので、

先ずは、ナイフが切れないものばかりでしたので

イメージ 7




研ぎに挑戦。

皮砥を購入しましたが、なんか、完璧までには程遠い・・・

イメージ 5




現在、毎日のように研ぎ方を修業中・・・



お次は

ワカサギ釣りが近くなって来ましたので

武井バーナーとマナスルの点火チェック



無事点火!

少し磨いて準備万端!

イメージ 6




イメージ 3



イメージ 4


(プレヒート失敗ホヤ黒)



一方、釣りの方は


先週、ロックフィッシュでいくつかの漁港攻めましたが

濁りがキツくて反応無し。。



昨日の夜はほぉすけさんの記事見て

アナゴ釣りにチャレンジしました

am3:30まで粘りましたが

アナゴは釣れませんでした・・・

イメージ 2


(唯一の携帯撮影)

大きいウグイ、小さいカレイ、小さいコマイは釣れましたけどね。。(笑)

オールリリースでした。

デジカメの操作を誤り画像は削除されてしまいましたので魚の写真ありません・・・



来週の連休は何を釣ろうかしら・・・

イメージ 1





開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事