田んぼとチョウチョ

4月から6月期の洋ニンジンは徳島が主産地です。
溶接工房ひっつけ虫に管理機修理の依頼が入りました。

イメージ 1


運転中に突然ストップしたらしい。
その症状から、オイル切れによる焼き付きを想定。
こりゃ直らんぞ・・・と思ったが、一応エンジンをバラしてみた。

イメージ 2

イメージ 3


ところが、焼き付きではなくピストンのコネクティングロッドのボルトが緩み、脱落したことが原因だった。

これは幸運なことだ。
焼き付けならボーリング、それに伴うオーバーサイズのピストンやリングが必要になるが、これなら部品の提供提供さえあれば直る。

イメージ 8

さらに、バルブも経年劣化によりシート面がカミソリ状態。

イメージ 4

コネクティングロッドが届いた。
オイルをかき揚げるための耳掻きが異彩を放つ。

新品のバルブもそのままでは機能しない。

イメージ 5

イメージ 6

新品のバルブを移植するため、コンパウンドで擦り合わせる。

イメージ 7

擦り合わせの方法は、めんどうくさいので、バルブのステムをエアードライバーで掴み、グリグリ。

イメージ 9

新品のバルブにしっかりと研磨痕が現れました。

イメージ 10

吸気、排気それぞれの穴から軽油を注入し、バルブの漏れチェック、合格❗

イメージ 11

バルブクリアランスのチェック。
吸気側0.2mm 排気側0.3mm確保。

イメージ 12

ピストンリングの交換。

イメージ 13


もともとのリングはシリンダーに嵌め込んだ状態でのクリアランスは1.1mm、これはとんでもない。

イメージ 14

新品のリングのクリアランスは0.4mm、これはOK

修理完了。

開く コメント(0)

UFO?

今朝11/24 5:30
西の空に入り残りる満月🌕を撮影したら
何か動く球体が写り込みました。
https://youtu.be/-Ky9brmK8io
これはいったい何でしょうか?

イメージ 1

こちら静止画像です。

開く コメント(4)

タラノメの「ふかし栽培」では、畑で育てたタラノ木の原木を冬場に伐採し、一芽毎に裁断して、ハウス内で芽を出させる。

今回、その裁断のための「原木カッター」の製作を依頼された。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

そして、本日納品です。

開く コメント(0)

プンタレッラの青い花

イタリア・ローマの野菜プンタレッラが花を着けた。
意外にもきれいな水色。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


霧ヶ峰高原のマツムシソウを思わせる爽やかな花だった。

イメージ 4


コップに挿して見るとなかなかかわいらしい💕

ただ、残念なことに1日花でした。

開く コメント(0)

謎が謎を呼ぶ足跡

今朝、田植え前の水田に謎の足跡🐾が残されていた。

お腹でこすったような浅い溝が付けられ、その両側にドット状の穴(足跡?)

イメージ 1



ナスカの地上絵のように複雑な動き。

イメージ 2


これはなんでしょうか?
そもそも、生物なんでしょうか?

どなたかご存知の方がいらっしゃれば、どうぞご教示下さいませ。

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事