ここから本文です
趣味の自作航空機 ジャイロプレーン / オートジャイロ / ジャイロコプター
ジャイロプレーンの実際 下巻 資料編 82


世界記録 2015年(平成27年)9月現在


離陸重量 500kg未満という一般的なオートジャイロの絶対的な世界記録。
(国際航空連盟 FAI (Federation Aeronautique Internationale)のサイトで、RECORDS ROTORCRAFTから Subcrass E-3a 離陸重量 500kg未満のAutogyrosの公認記録)

単純に 速度200km/hr  高度8,000m  距離1,400km


以下その詳細


速度 207.7 km/h 2002-11-16 Kenneth H. Wallis (GBR) Wallis Type

WA-121/Mc (G-BAHH) McCulloch 4318 ShipdhamAirfield-Norfolk (United Kingdom) 3 km course


高度 8,049m 2004-04-20  Andrew C. Keech (USA) Little Wing LW-5  (N100MK) Rotax 914 Frederick, MD (USA) Altitude without payload


距離 1,414.64km 2007-02-03  Andrew C. Keech(USA) Little Wing LW-5 (N100MK) Rotax 914 North Little Rock, AR (USA) -Frederick, MD (USA) Distance without landing
無着陸 航続時間や滞空時間についての公認記録規定は無いらしい(?)が、
9時間とちょっとが最大だろうか。これは北アイルランドのノーマン・サープラスが世界一周飛行の途上、フィリッピン Laoag 国際空港から沖縄県 嘉手納基地まで 約1200kmを飛行した時の記録である。


また、既に公認された速度の世界記録には次のようなものも。
0.79km/h 時速約8002011-07-22 Larne, NI(United Kingdom) - Oki (Japan):北アイルランド Larne → 日本隠岐の島空港ノーマン・サープラス
127.9km/h 2011-07-20 Laoag (Philippines) - Okinawa(Japan):フィリッピン Laoag → 日本 沖縄嘉手納基地 ノーマン・サープラス

世界一周飛行
ロシアが入国を許可しなかったために日本で中断、船便で米国オレゴン州へ移動した世界一周飛行のNorman Surplas 氏とその機体ROXYMT-03は、20155月に飛行を再開して米大陸を東へ横断し、カナダ、グリーンランド、アイスランドを経由して8月中旬、5年半ぶりに北アイルランドへ帰還した。


この記事に

ジャイロプレーンの実際 下巻 資料編 81


参考文献 (順不同)  


     ロータークラフト フライング ハンドブック  
   Rotorcraft Flying Handbook 
     Helicopter & Gyroplane 佐藤 裕 訳/鳳文書林出版販売株式会社      初版発行 平成13年10月1日 
     FAA (アメリカ合衆国運輸省連邦航空局)が1978年に発行した
     AC61-13B “Basic Helicopter Handbook”が2000年に改訂されて、
     FAA-H-8083-21 “Rotorcraft Flying Handbook”となった。その邦訳版。
     サブタイトルが ‘Helicopter & Gyroplane’で、邦訳版にもジャイロプレン
     の項が入っている。
          FAA から出た新ハンドブックは、Rotorcraft誌の記事の中で
    「a‘must-own’ for anyone flying gyros anyway」等と引用されて
     いる。Rotorcraft誌2001年4月号はBill Clem (ジャイロプレーン
     到達高度 世界記録保持者/職業 医者)と、ハンドブック編著者
     Jim Mowery との対談を掲載している。
          Bill Clemの多岐にわたる質問の一つ「ジャイロプレーンの章に関して、
     最も論議された事を一つ上げれば、それは何か?」に対するJim Mowery
     の回答は「パワー・プッシュ・オーバー "PowerPushover"」であった。 
          FAA-H-8083-21 FAAのインターネット・サイトからダウンロード可。


Wings of Tomorrow - TheStory of the Autogiro 

           Juan dera Cierva and Don Rose / New York: Brewer, Warren & Putnam, 1931

     オートジャイロ(ジャイロプレン)の発明者、シエルバの自伝的著作

明日の航空機オートヂヤイロの原理と其の作り方 
     Wings of Tomorrow Juan de la Cierva,1895-1936’著)の邦訳版
      山田 徹 訳 昭和7年 文教科学協会
     (国立国会図書館 請求記号 606-445


 陸軍カ号観測機 幻のオートジャイロ開発物語  
      著者 玉手榮治/発行所 (株)光人社/2002年7月15日発行
      空白の航空史〜奇運の翼の全貌!(同書の帯より)

Popular Rotorcraft Flying / The official publication of The
      PopularRotorcraft Association/USA アメリカ

Rotorcraft (上記 Popular RotorcraftFlying誌 改題)/ 
      The officialpublication of The Popular Rotorcraft Association/
      USA アメリカ

  GYRO-GLIDER  
            Building instructions with operating and flightmanuals
            BensenAircraft Corporation : 1969
      金属桁・木材合成ローター・ブレードの製作工程が詳述されている。
      和製英語(造語?)”ロックンロール訓練”の基になった記述がある

   GYRO-COPTER  
             Engine installation, construction & flightmanual
             Bensen Aircraft Corporation :1969

・  NACA TR No.716 A Simplified Theoretical Method of Determining

              the Characteristics of a Lifting Rotor in Foward Flight

       F.J.Bailey, Jr. : NACA : 1941

Aerodynamics of The Helicopter  
             A.Gessow and G.C.Myers, Jr.:TheMacmillan Co. : 1952
             NACA TR 716 にもとづいたジャイロプレンの性能計算例がある

Helicopters and Autogiros AHistory of Rotating-wing and V/STOL
       AviationCharles Gablehouse  / J.B.Lippincott Co. : 1967


A Dream of Flight  Dr. Igor B. Bensen : TheAbbott Co. : 1992

       水平尾翼があるB-7MでのPIO経験談や初期のローター・ヘッドによる
       不安定性の記述や、エピソード等々非常に貴重


The Lives of Ken Wallis : Engineer and Aviator Extraordinaire
       Ian Hancock : Dec.2001
       ファーンボロー航空ショーに於ける、WA-117機の衝撃的かつ有名な

       事故に関しての設計者 Ken Wallis の見解も載っている。


Modern Gyroplane Design 
              MartinHollmann : Aircraft Designs, Inc. 1992
       ローター・ブレードの強度解析とそのコンピューター・プログラム


Helicopter Performance, Stability, and Control
              RaymondW. Prouty : Krieger Publishing Co. : 1995
      “クロス・カップリング”についての難しい説明や、水平尾翼は
      “基本的に不要”等の記述。著者はシャイアンの開発に携わった。


 ジャイロプレーン・ハンドブック
    「ジャイロプレーン・ハンドブック」第2版  2010年5月
       編集:エクスペリメンタル航空機連盟 発行:財団法人 日本航空協会
       本の体裁や内容の構成は、初版とほぼ同じ。前書き〜「はじめに」が
       追加されて図書の位置付けというか、ハンドブックが発行された背景
       が明確に、なっている。大小の間違いが訂正され、使用している用語
       にも注意が払われている。「基礎知識および安全操作」については、
       東昭 東京大学名誉教授に監修いただいたそうである。

    Theory of Wing Sections   
       IRA H. ABBOTT and ALBERT E. VON DOENHOFF


・ AircraftDesign  Second Edition   K.D.Wood


    Jane’s All TheWorld’s Aircraft : Jane’s Yearbooks
               Jhon W. R.Taylor


    機械工学便覧  : 日本機械学会 編 


   耐空性審査要領  : 国土交通省航空局航空機安全課 監修


   機械振動論  : デン・ハルトックJ. P. Den Hartog
        谷口修 / 藤井 澄二 共訳


講演録


   The Development of the Autogyro Senor De La Cierva : 1926 /
              The Journal of the Royal Aeronautical Society


Reportsand Memorandums


No. 1111 : A General theory of the autogyro / H. Glauert, M.A : Nov. 1926


NACATR / Technical Report

TR 434 :1932 / Lift and dragcharacteristics and gliding performance

               of an autogiro as determined in flight.


TR 487 :1934 / An aerodynamic analysisof the autogyro rotor with
               a comparison between calculatedand experimental result.


TR 515 :1935/ Full scale wind tunneltest of a PCA-2 autogyro rotor.


TR 716 :1941  / A simplified theoretical method ofdetermining
              the characterristics of a liftingrotor in forward flight.


TR 764 :--- Flight investigation of control stick vibration of theYG-1B autogiro.


NACATM / Technical Memorandum


No. 879 : 1938 / Static longitudinalstability and longitudinal

        control of autogiro rotors : M. Schrenk


NACATN / Technical Note


No. 1998 : 1949 / Aerodynamic Characteristics of the NACA 8-H-12
               AirfoilSection at Six Reinolds Numbers from  1.5×106 to 11.0×106


PBReport (当初戦時および戦後にドイツを中心とした旧枢軸国より
       押収した科学技術資料が大半を占めていた。後には、すべてアメリカ
       政府の研究報告となり、膨大な研究助成金の結実であり多岐にわたる
       科学技術資料の一大コレクション)


PB 111632 Mecanicl Design and Description 
      (Rotary wing aircraft handbook and history. Vol. 8 )
      回転翼航空機メカニズムの宝庫。アマチュアが自分のアイデアを実行
      に移す前に見ておかなければ、無駄な努力をする結果になりかねない


PB 17544 Focke-Achgelis Rotary Wing Kite


PB 19696 German Submarine Rotary Wing Kite  : 1945


ADReport 
      (アメリカの軍技術情報部 ASTIA / Armed Services Technical
       Information Agency から出された報告書A.D. Astia Documents
       頭文字)


   AD 643594 Chapter VII : Soviet AutogyroConstruction :


この記事に

ジャイロプレーンの実際 下巻 資料編 80



イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4イメージ 5イメージ 6イメージ 7イメージ 8

この記事に

ジャイロプレーンの実際 下巻 資料編 88


Cierva C-30

イメージ 1

Cierva C-30

イメージ 2

Pitcairn PCA-2
イメージ 3



Kellett KD-1

イメージ 4

Bensen  B-7


イメージ 5


Bensen  B-7M
イメージ 6



Bensen  B-8

イメージ 10

Bensen  B-8M

イメージ 7



Bensen  B-8M

イメージ 8

Bensen  B-80





イメージ 9


Bensen  B-80


イメージ 11


Wallis WA-116


イメージ 12


Wallis WA-116





イメージ 13


Terbamaki JT-5


イメージ 14


Umbaugh  U-18

Air & Space 18A


イメージ 15


Avian  2/180
イメージ 16


McCulloch J-2


イメージ 17


Kaman SAVER Jet Gyro


イメージ 18



Hollmann HA-2


イメージ 19


Commander


イメージ 20

RAF 2000

イメージ 21

Dominator

 

イメージ 22

 

G6-2DK

 

イメージ 23


G6-2DK

 

イメージ 24

G6-2DK

 

イメージ 25


G6-VW1500

 

イメージ 26


G7-R447

 

イメージ 27

 

G6-R503

イメージ 28




この記事に

ジャイロプレーンの実際 下巻 資料編 87


オート・ジロ/揚力プロペラ 


以下、「航空読本」(昭和7年11月発行)から「オート・ジロ」の部分コピー。
および同じく「航空読本」の改訂版(昭和13年1月発行)から
「オート・ジロ」の部分コピー。


イメージ 1   <オート・ジロ auto-giro

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事