朝日新聞14日版からの引用
  衆院選で希望の党への合流を決断した民進党の前原
誠司代表が、誤算の連続で窮地に追い込まれている。「排
除」と分裂劇の末、政権交代に向けた一時の勢いは失速し
たまま回復する手立ては見つからない。民進の参院議員の
間では選挙後の代表辞任を求める動きも出てきた。
--
   (引用終わり)
 民進党の『誤算』は、何も今に始まったことではない。
あの、国民の期待を一心に背負って誕生した民主党政権。
やることなすことチグハグで首相をクルクルと交代。その
たびに『誤算だった、誤算だった』とくりかえした。
 今回は小池人気に気軽に便乗しようとして大失敗をした。
小池は民進党と全面統一の素振りを見さながら、実際には
一人一人イデオロギーを審査、選別したのだ。つまり『フ
ルイにかけたのだ』小池のフィルターは強力なものだった。
例えば安保法に反対したか、から始まって夫婦別姓問題や
外国人参政権問題までやりだまにあがったそうだ。
 このためアヤフヤな政策が民進党の一つの持ち味であっ
たものが、小池フィルターで保守、あるいは超保守(かく
れ右翼)民主党の側面が明らかになった。そして皮肉なこ
とにそのフィルターを使った小池希望の党の右より側面も
鮮明になったのだ。
 これによって小池新党の斬新さ、政治改革、行政革新の
方向もはっきり、くっきりと暴露された。つまり希望に走っ
た民進党の一部、プラス希望そのものの実態が恐ろしいま
でに明白になった。これによって希望+民進に期待してい
た有権者を失望させた。
 かくして自民、公明、希望(民進)の保守派と民進党居
残り組(立憲民主党)、共産党、などとの対立の構図となっ
た。実に明快になったではないか。これでいいのだ。小池
の『改革派気取り』も民進の保守性も浮き彫りにしてくれ
た小池フィルターで浸透圧が加わり二分化されて有権者の
選択は実に明快になった。小池フィルターよ、ありがとう。

             関東地方、5月の大雪。冬か夏かはっきりしろ、小池フィルターにかけてみろ。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(1)

 日本の超一流企業に何が起こっているのか。次々に明るみ
でる企業不正。それは不正と呼ぶにはあまりにオソマツで
ある。一言でいえば儲けるためのデータ改ざんである。そ
れもその企業の上層部が関与したもので、国民や消費者へ
の詐欺行為と呼ばれても仕方がない。
 ニッサンは決められた安全性を確認する前の出荷前の所
定の安全審査をごまかし、検査資格のない者にやらせ、資
格者の印鑑を偽装していたという。例えばブレーキの検査
は運転者の命取りになる最も重要な検査の一つだが、この
最終検査がごまかされていたのではニッサン車など信用で
きないではないか。過去に起こったブレーキの不具合に伴
う死亡事故を精査してニッサンの責任を追及すべきである。
 ニッサンについで最近起こったのは神戸製鋼の製品の強
度ゴマカシである。しかもこの不正が起こった当初、神戸
製鋼の上層部は問題を『ささいなこと』として逃げ切る考
えだったようだ。最初の会見では社長が出て来なかった。
つまり社長の謝罪はまったく報道されなかった。
 その後、神戸製鋼のおよそ2000の製品で強度のゴマ
カシがあったことが次々と判明、ついに社長が登場して遅
ればせながら謝罪した。強度不足のインチキ製品はクルマ
のボディ、航空機、軍用機、から電車、バス、マンション
まで、ありとあらゆる機材に使われているのだ。まさに鉄
鋼は現代科学文明のすべてを取り仕切っている。したがっ
て神戸鉄鋼は世界の市民の安全な社会生活を担っていたの
だ。
 ここまでこれば科学文明の信頼性は根本から揺らぐ。日
本文明を支える巨大資本が詐欺まがいの偽装企業であった
とは、愕然とする。しかもこの偽装企業はたった1、2年間
で暴露されたのだ。来年はまた巨大企業数社の偽装が明ら
かになるだろう。もはや日本は文明統治不能。それと相まっ
て日本は政治的統治不能。統治不能、統治不全は三流国で絶
えず起こっていることだ。してみると、日本の絶望的統治
不能は三流国へ凋落する前ぶれなのだろう。


                                                   現代科学文明から縄文文明に逆戻り?
イメージ 1

この記事に

開く コメント(3)

  最近コメントが投稿されても、しばらくして削除されているケースが目立ちます。
コメントの削除は私か投稿者しか出来ないはずです。私は何度も書いた通り、余程
のことがない限りコメント削除はしません。したがってコメント削除は、投稿者
本人がやっているのですか?それなら、どうせ削除する投稿なら何故書いたのですか?
   もし仮に投稿者以外の読者が削除する方法があるのなら教えてくだだい。その際には
何故勝手に削除したのか、見解を公表すべきです。

この記事に

開く コメント(1)

そうなのだ。中国の国民総所得GDP統計は長く7%を
上回っていたではないか。アメリカなどの専門家によれば
これは大うそだったというのだ。実質4%ぐらいと推定す
る専門家も多い。これらの専門家は中国政府統計を信用せ
ず、貨物の取り扱い量、原材料輸入高、電力使用量統計、
人件費の値上がりなどの別の統計から類推しているのだ。
 中国のGDPの統計の『ゴマカシ』は東芝の企業統治と
そっくりではないか。中国共産党中央は各地方共産党政府
に対し、次年度の収益の見通し、予算を7%近くかさ上げ
して報告するよう暗に指示する。地方共産党幹部は中央の
意をくみ取り収益見通し、予算を7%前後に取り繕う。か
くして中国GDP見込みは7%前後となり、年度末の決算
でも7%増となるカラクリとなる。最近では中国GDPを
6%代に引き下げているがやりかたは同じである。
 この中国GDPのゴマカシのやりかたは東芝会計処理と
まったく似ているではないか。この手口の会計、決算によっ
て取引先は騙され、投資家も被害を受け、世界と社会の信
用格付けが偽装される。東芝の場合の損害賠償請求は当然
であるが、それでは中国への投資家の損害はだれが払うの
か。
 かくして東芝は一部上場から2部上場に落とされたがそ
れでも何とか生き延びよう懸命の努力をしている。2兆円
もあれば会社の立て直しは可能だ、と会社統治者は考えて
いるという。そこで東芝は目玉子会社『東芝メモリー』の
売却を決定した。売却先は二転三転して『日米韓合同機構』
というそうだ。東芝役員会はおよそ2年もかかってこのよう
に正式決定したのだ。ところがそれですんなりと決着しそ
うもない。東芝メモリーに深く関与してきたアメリカの企
業から『東芝メモリー売却差し止め訴訟』が出されている
し、当初の日米韓合同機構も足並みが乱れつつある。
 それはそうだろう。韓国の企業は実際には東芝メモリー
から技術を取りたいのだが、ここに来て肝心の優秀な技術
者が逃げ出しているからなのだ。もはや東芝は残念なこと
に、組織としての機能不全を起こしている。組織だけでな
く、科学文明を先導する技術者集団の組織的統治も組織的
連携も破たんしている。
 このように『文系が会社を亡ぼす』事態では救いはただ
一つ。これまで協力して頑張ってきた技術者は各チームが
韓、中に逃げ出すことなく自分たちでそのチームごとに小
さなベンチャーを興すことだ。このようなチームは100
0から2000チームが存在すると推定される。その10
分の1が動き出しても数百の技術者集団が出来るではない
か。すばらしい『東芝ベンチャー』ではないか。

この記事に

開く コメント(0)

終戦まもなく、宮城県の山村にも明るい電灯が灯った。
ばあちゃんと兄弟3人が枕を並べて眠っていたが、私の眼の
真上に明るいはだか電球がまばゆかった。TOSHIBA 
60Wと書いてあった。戦時中の薄暗いマメ電球とは比べ
られないくらいのあかるさに『科学文明の未来』を感じて
ウキウキしたのだった。
 その後も順調に日本の科学文明を先導したのが東芝だっ
た。私は東大物理工学科の講師から早稲田大学理工学部教
授になった頃、つまり高度経済成長に日本が突入するころ
になると、東芝はそれらの大学での教え子の憧れの就職先
となった。とくに大学院生のうち、特段に優秀な者はこぞっ
て東芝の研究開発部門、東芝総研に職を求めた。
 その東芝が今存亡の危機にあるから驚きである。東京証
券取引所から排除され倒産か、と報道されたが一部上場か
ら2部に回されで命運を保っている。すでにここ1年、優秀
なエンジニアはとっくに逃げ出し、たとえこのまま借金や
賠償請求の処理に成功して、東芝存続が決まってもすでに
エンジニアは『も抜けの皮』で、日本に科学文明の雄であっ
た東芝にかつての栄光は帰らない。
 なぜかくも残念な結果が到来したのか。それはここで言
うまでもなく、企業統治のオソマツなのだ。まさに『文科
系国を亡ぼす』(拙著)を地で行ったのだった。まず初歩
的な会計処理のごまかし。上層部は各部門に『本年度の売
り上げ、収益を〇%増で報告せよ』と指示。それらの合計
を会社全体の(偽りの)総売り上げ、収益としたと報道さ
れている。つまり見せかけの会社総体の会計処理であった。
その上、あろうことか、アメリカの原子力子会社の大赤字
を隠蔽、会計報告に含めなかった、と担当公認会計事務所
は指摘、会計書類に同意することを拒否した。
 この会計報告によって株主、投資家、政府、取引先に誤っ
た会社情報を与えつづけた。株価はこの偽りの売上増、収
益像によって維持された東芝会計によって、株主、投資家、
取引先を裏切った。もちろんこのことは公になって株主、
投資家に損害を与えてすでに告訴されていると言う。
 この手口はどこかで聞いたことがあるぞ。そうだ、これ
は中国共産党の国家会計のゴマカシの手口ではないか。
    (以下つづく)
--

この記事に

開く コメント(1)

地震予知は不可能だからなるべく被害をすくなくする防災の観点
から研究すべきである、というのが地震学会の公式見解と聞く。地震
学会が地震発生のメカニズムを解明する努力を放棄したようにもとられて
いる。つまり、学会自らが研究自体をあきらめたらしいと?
 そこで私は丸善の月刊物理科学雑誌『パリティ』の特集を組むこと
にした。『地震予知は可能か不可能か?』というのがソレ。
 これまでパリティは超弦理論だとか、重力波だとか、量子コンピューター
だとか、難解な記事ばかり、と敬遠して来られた皆さま、是非今回から
始まるパリティ地震予知特集をごらんください。皆さまにも分かって
いただけるようにやさしい解説を心がけました。
 今後の連載スケジュールは丸善のホームページ、あるいはパリティの
ホームページをごらんください。
--
イメージ 1   大地震で大丈夫か?
イメージ 2

この記事に

開く コメント(3)

本日国会が解散さるそうだ。国会を解散できるのは総理大臣
の『専決事項』という権力で解散する、という。ところがこの
総理大臣の権限とやら、憲法のどこにも明記されていないと
批判されている(朝日新聞など)。
 それはそうだろう。最高権力者は自分が一番有利な世論の
時に解散して総選挙をやれば圧勝するのだから。このようにして
一度権力を握ると『延命』の手法があちこちにあるのだ。
 今回の場合、森友学園の詐欺商法に肩入れしていた実態が
いよいよ裁判の形で明らかにになる。その前のイマだ!また加計
学園の獣医学部新設の安倍総理の関与も、一段落したイマが都合
がいいのだ。加計の新学部設置では文科省審議会は『一時保留』
の決定で、11月には正式な認可可否が決定される。11月になる
前の今が好都合なのだ。
 しかし、本当に安倍総理にとってイマがもっとも好都合なのか。
自分はそう思っているから解散権発動したのだが、本当にそうなのか?
市民、有権者はそれほどバカなのか。森友問題も加計問題も、もう
市民は一段落と考えているのか?
 市民はそれほどバカではない。長く自民党、公明党に政権をゆだねて
来たのは市民が愚かだったせいではない。むしろ市民は賢かったのだ。
韓国の現状を見るがいい。社会党系の、学生運動上がりの文政権
の右往左往と、数年前の民主党政権の頼りなさを日本の市民は早くから
よく知っていたのだ。だから自民、公明に政権を託してきたのは市民
が賢かったからなのだ。
 それだからこそ、安倍総理の市民をバカにした今回の解散は、その
賢い市民から手痛いしっぺ返しを食らうだろう。こんな予想、筆者
は政治、経済などド素人であるから、どうぞ皆さまお笑いください。
--

この記事に

開く コメント(3)


NHKはこんなニュースを流した、とバンクーバーサイセンスカフェのメンバーの
皆さまが心配されています。

 body
日本人はノーベル賞を取れなくなる? 過去の受賞者が懸念
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170923/k10011153701000.html

私はこれに対して次のようなグループメールを送りました。

 
 ノーベル賞はダメになる?毎年今頃から10月末にかけてノーベル賞
シーズンですので、文科省予算申請(12月)にかけてやるキャンペーン
です。戦後何十年もやってきた『研究費が足りない』キャンペーンです。
 たしかに国立大学は法人化され人件費は削られ『合理化』されて、研究者
は忙しくなってきました。論文数は頭打ちです。しかし質は格段に上がって
います。私が若いころ東大物理工学助手、講師をやりましたが、人材は劣って
いました。『情実人事、学閥人事』がまかりとうっていました。しかし今は
びっくりするほど優秀な人材になっています。スタッフすべてノーベル賞候補
です。同じことは早稲田大学理工学部物理学、応用物理学でも同じです。
 私も外部に発信するときには『日本の科学文明の将来は危ない』と強調
しますが、内部、とくに若い研究者には『前途洋々』と言います。つまり

    外部には悲観的に、内部には楽観的に

発信するのです。さて、サイエンスカフェの皆さまにはどちらにしましょうか?
                      
                     大槻義彦
               

<span>


----- Original Message -----
From: eiji Kawata <e.kawata-5820@nifty.com>
To: Sciencecafe <sciencecafe@vancouver.sakura.ne.jp>
Date: 2017/9/23, Sat 22:25
Subject: [sciencecafe:00332] NHKニュース

日本人はノーベル賞を取れなくなる? 過去の受賞者が懸念
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170923/k10011153701000.html


iPadから送信 叡治




この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事