この欄でも過去に指摘したが、ゴーン氏と対談した当時トヨタがハイブリッド
車の開発に成功して驚くべき燃費の良さに世間は大騒ぎであったから『NISS
AN』は何故やらないのですか、と私は聞いた。彼、答えて曰く、『ハイブリッドの
世界シェアなどたった4%ですよ。NISSANは4%など眼中にないです』と。
 ああ、この男、有能と言われヨーロッパ有数の経営者と言われる割には
無知、無能な小モノだと思った。このことは、私はこれまで方々の講演や著
作物で書いてきた。彼はハイブリッドの優れた技術も将来性も理解していな
かったのだ、と。今やトヨタのハイブリッド車は燃費と性能の良さからアメリカ、
カナダのタクシーの車の大半がプリウスだ。
 彼はつぶれかかったNISSANをすばやく立て直した。いわば新生NISSAN
の創業者。アメリカの一流企業マイクロソフト、アップル、グーグルなどの
創業者は莫大な利得を得ている。彼等は10兆円以上を受け取っている。
それに比べたら新生NISSANの創業者ゴーンが10年間で2兆円などふしぎ
でもなく不自然でもない。
 ところが彼は小心者で小モノだった。収入を半分にごまかして記載報告した。
もちろんこれは形式犯で長期拘留の理由にはならない。ところが小モノはコモノ
らしくチビチビと会社のカネを奪った。姉に会社を作らせここに理由があいまい
なカネをNISSANに払わせた。自分の金融取引での損害分20億円をNISSAN
に払わせた。しかもこざかしい海外の『友人』を使って。これらは前記の形式犯
ではなく背任、詐欺事件ともなる刑事事件である。
 真のエリートは元々大物でなければならない。いくら学歴が高く手腕があっても
コモノではやがてゆきづまってアソコで寒い冬を過ごすことになる。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

 私が主導している社団法人『東日本太陽光発電協会』に福島原発
事故地点周辺の人たちが使い物にならなくなった土地を太陽光発電
に利用しようとすると『送電線の空き容量がない』『自分の負担で別系統
の新たな送電線を設置してくれ、と電力会社は言う。、その結果、太陽光
発電設置をあきらめさせている。
 ところが京都大学の安田陽 特任教授の調査によると電力10社の
基幹送電線の利用率は何と何とたった19.4%だという。中でも、福島
原発事故の東北電力は何とたった12%だ。
 このことは招来の原発稼働を見込んで、余力を残しているのだ、と
電力各社は答えている。実にバカな電力行政!将来原発稼働増などほとんど
出来ないことは目に見えている。欧米ではこのような『原発のための空き
容量』などを予定せず実際の発電量をもとに送電線を運用しているから
太陽光発電は増加を続けているではないか。
  安田教授は『空き容量がない、と言って再生可能発電を抑えようと
言うのは不可解だ』と発言した(朝日新聞WEB)。経産省と電力会社は
この点に関して明確に答えよ。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

 韓国は日本が憎いのだ。慰安婦像を世界至る所に設置。徴用工の保障請求。
さらに日本軍機めがけたレーダー照射。
 元々中国、朝鮮、日本は同じ文化圏でヨーロッパで言えば例えばフランス
、イタリア、スペインのようなラテン民族、ラテン語圏と同じである。 昔、中国
、朝鮮、日本は漢字圏で知識人は自由に相手の国で言葉が通じたのだ。多
くの優秀な日本人は朝鮮、中国に自由に渡航しそこで学び、働き、高い官位
を得て結婚した。今のような国境、入管、税関などまったくなかった。自由往来が
許されていた。
 国境、入管、税関など国の守りが厳重になったのは極く最近のことだ。何故
か。産業の発達によって中国、朝鮮、日本の所得水準が著しく異なってきたか
らである。つまり国の仕切りは文明の発展があったからである。その意味で
人類は発展どころか後退しているのだ。
 それにしても日韓関係は日に日に悪くなる。つまり日韓関係は後退に次ぐ
後退なのだ。ヨーロッパのような統合ではなく分裂の進行。日韓はそれでも
同盟国というならばお互いに出会ったならばレーダー照射などと言う恐ろしい
『挨拶』などもってのほか。『ハロー、ハウアーユウ?』とか。
 それで思い出すのはアメリカーカナダの国境警備である。国境に隣接する
ゴルフ場でプレー中、相変わらず方向が乱れる打球は国境の鉄条網を超えて
アメリカ(ワシントン州)に飛んで行った。そのとき、それを見ていた国境警備
兵は『下手なゴルフ!ボールを取ってきてやろうか?』え?!いいですよ!
どうせ古ボールですよ、と私。
 そこえ丁度アメリカ側の国境警備兵が自転車で近づいてきた。軍同士、
互いに手を振り『ハローハロー、息子はニューヨークに行ったか?』何だ
、これでは国境警備どころか『隣組』ではないか。この時の二人の警備兵
の距離は2メートルぐらい。日韓の軍艦と軍機は数百メートル!?
  互いに日ごろ毛嫌い、蔑視、敵意、があれば石も投げ、レーダーも投げ、
近くに寄って風圧、爆音で嫌がらせをする。要するに日韓は元々友好国
同盟国ではないのだ。折しも韓国の政権は左派、容共学生運動の闘士
達のもの。一方日本は右派、右翼政権。このような勢力は自国内でも敵
たい関係にある。まして互いに憎み合う隣国どうしに分かれておれば、
なおさら険悪になる。
 それにしても私のボールがプサンまで飛ばなくてよかったなあ!!

この記事に

開く コメント(3)

  この件、先ごろあはははと笑ったが、早速読売新聞が「
中国月の裏側探査機は、資源獲得が目的」と書いた。どう
しようもないアホ。本記事を謹んで天下の読売に捧げる。

この記事に

開く コメント(0)

 これまで宇宙開発技術大国ソ連(ロシア)もアメリカも出来な
かった月の裏側に中国が無人探査機を送ることに成功したと
言う。これは中国が月の資源を独占する目論見という、うがった
論調もあるので笑ってしまう。あははは!
 もちろんアメリカもソ連も月の探査機を送ることなど、いつでも
できることで、ただそれだけ余分な予算がかかるからやらなかった
だけのことだ。宇宙船の運用、宇宙望遠鏡システムの構築と運用、
宇宙重力波観測など真に重要な宇宙開発が山積しているのだ。
 月のウラ側はオモテ側とそんなに違わない。数か所が興味の
ある場所だが、ここは巨大な隕石が衝突して月の、より深い場所
の岩石が噴出した場所だからだ。しかしそんなに科学者がアット
驚くほどの発見はないだろう。月の表面組成は地球の表面組成
と大差がない、というのが常識である。
 中国の資源探査の目論見だと?!それならそれで面白い。やら
せておけば良い。南極観測は資源分捕り争いという説。今や南極
観測は世界何と30か国も出張っている。20か国発展途上国をは
るかに超える。日本は昭和基地を1957年に開設して今や合計
4か所の観測基地を持つ大国だ。南極観測専用船(自衛隊運用)
まで持っている。南極条約が締結される前までは確かに領土拡張
、資源探査の目的あったのだった。
 しかし南極の資源探査など無意味になりつつある。日本列島
周辺にはエネルギー資源(メタンハイドレード)やレアメタル鉱床
が多くあり開発は遅れている。アメリカもロシアも同様。一体、
これらの国は自国周辺の資源を利用もしないで、月を植民地化し、
どんな資源をどのように掘り出し運び込むというのか。あははは!

この記事に

開く コメント(2)

最近の使用電力表示メーター(いわゆるスマートメーター)は電力
会社にとってすこぶる便利だから急速に取り換えが行われてい
る。ところがこのスマートメーターは近頃『ファイアメーター』として
危険視されている。例えば東電が設置したスマートメーターが多数
発火している、というのだから怖い話だ。しかも電力会社がこの
スマートメーターの交換を無断で勝手にやってしまうのだから困る。

従来型の使用電力メーターは流れた電流で金属円盤に渦電量を
作り回転させて、その回転で使われた電力(単位ワット=ボルト
×アンペア)が分かる仕組みである。一方スマートメーターは流れた
電流によって半導体の電子を励起して電流などを測定する。またその
結果はインターネットに接続して電力会社はいつでも把握できるから
検針員もいらず記録集計もいらず素晴らしい合理化となる。

ところがこれが危険な発火をするのだから驚きである。発火発熱は
半導体の電子励起で発生するはずはない。むしろ旧来の金属円盤
の回転の方が発熱と無関係ではないと思われるのに実際には、
このような発火発熱はスマートメーターで起こっているから不思議
である。したがってこのような発火事故は『スマート部分』で起こって
いることではなく、メーター内の100ボルト電線の配線の漏電による
ものであろう。つまりメーカーの雑な、デタラメな製造過程に問題が
あるのであろう。多分東電はこのメーターの製造は海外の安い工場
に発注し製品テストもいい加減にやっていたのだろう。

あの東電原発の大事故は極めて初歩的な安全管理のミスから起こった
ものだった。そのいい加減な体質がスマ−トメーターという簡単な装置
のいい加減な安全管理にも反映している。たかが検針メーターの設置
すらろくに安全に出来ない会社が原子力発電などハナから出来はず
がないのだ。

この記事に

開く コメント(1)

2日の朝日新聞によれば、吞気にゴルフ遊びをやってる友党
自民の安倍総裁とは違って、公明党の山口代表は寒風吹く
新宿駅街頭に立って新年の街頭演説を行ったという。見上げた
モノだ。しかし、新年のゴルフ場から記者団に『出だしのスコア
は良かった』とほほ笑む安倍総裁も問題だが、上の山口代表の
演説には呆れて、思わず絶句した。
曰く
  『国民の信頼を損なうようなことがあればきちんと正し、信頼
を確保していかなければならない』『政権の数の力で一辺倒に
押し切るような国会運営は慎まなければならない』
 何をとぼけているか。たとえば森友学院スキャンダル、加計
学院スキャンダル。あれほど国民の信頼を損なう事例で、一体
公明党はきちんと正したのか。見て見ぬふりして安倍政権を陰に
陽に助けてきたではないか。甘口でごまかしても国民は決して
騙されないぞ。
 数の力でごり押ししたのは自民、公明だった。あの外国人労働者
受け入れのためのデタラメな法律をごり押ししたのは自民、公明
だった。
 山口代表がいささかでも良心があるならば新年の街頭演説は
次のように言うべきだった。
 『国民の信頼を損なうこがあればうまく隠蔽するように手助けする』
『自民公明は国会で多数を占めているのだから数のちからでごり
押しするだけだ』、と。
  新年明けましておめでとうございます。

この記事に

開く コメント(3)

  かものはしさん
 減二さん
    宇宙のことについて、お二人がコメント投稿されています。
それらは昭和初期なら通用しますが、現在の宇宙物理学では
もはや理解されません。
    4月から3ヶ月にわたって、那須市民大学で
          宇宙の始めから終わりまで
というタイトルの講義をしますからおいでください。来られ
なくても、その都度このブログに報告を書きますのでお読み
ください。      大槻義彦

この記事に

開く コメント(3)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事