otto`s 偏愛的模型製作記

主に模型製作(主にAFV)と日々の由無し事を
 先週の金曜日、静岡へ出発とお伝えして、早や一週間が経ってしまいました。
 土、日と静岡で模型を堪能した報いか、今週は月曜日から会議、水木と出張とバタバタして、ホビーショーの報告が遅くなってしまいました。
 遅くなりましたが静岡ホビーショーの報告です。
 5/11の金曜日の深夜、土曜日へと日付が変わるころ、静岡へとむけて出発、新名神をひた走り三時前に浜名湖SAに到着、二時間ほど休憩と仮眠を取り再び静岡へと向かいます。
イメージ 1
 時間は5時過ぎ、朝日を見ながら浜名湖を通過します。
イメージ 2
 土曜日は、肌寒いものの大変良い天気で、掛川の辺りだったと思いますが、綺麗に富士山が見えました。
 毎年、ホビーショーに参加していますが、これだけはっきりと見たのは初めてでした。
 1時間ほどで静岡インターに到着、会場であるツインメッセ静岡には6時半までに到着しました。
イメージ 3
 早速搬入開始、8時45分の開場に備えます。
イメージ 4
 設営中の我がSOMETIMEのブース。今回の目玉は1/6のキングタイガーの砲塔です。
 右手で立って、カードを置こうとしている人が、このキングタイガーの作者のMOMC氏です。
 フルスクラッチで、3Dプリンターを駆使して作られた力作です。
 本当は車体も展示してもらいたかったのですが、何せ1/6は想像以上に巨大で、場所が限られているため今回は砲塔のみの展示となってしまいました。来年はもう少し広いスペースを申請しようと思います。
イメージ 5
 何とか展示完了。交代で番をしつつ、会場内を見て回ります。
 ここからは気になったものや作品をピックアップして行きます。
 今回276のサークル、約10000点の作品が集まったそうです。
 そのため、見て回るだけでも大変で、どちらのサークルのどなたの作品かとのメモは取っていません。
 情報があいまいで申し訳ありません。
 まずは作品から。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
 1/48のトラックに偽装したマチルダ戦車。こういうの興味をそそられます。
イメージ 9
イメージ 10
 アニメけものフレンズのジオラマ、1/144だと思います。細かいです。
イメージ 11
 会場でお隣だったヤマハモデラーズクラブさんの作品
 バイクの車体やライダーのヘルメットの艶の感じ、衣服に埃がついて艶が無い感じ、タイヤのゴムの質感、それぞれの艶がリアルでした。ずっとすぐ横で見ていました。
 これ以外にも素晴らしい作品がいっぱいあるのですが、切りがないので取り敢えずこの3点をピックアップしました。
 次は製品とかで気になったものを何点か紹介してみます。
イメージ 12
 一番はこれ、お上ことタミヤのM3スチュアート軽戦車。
 先に製品化されているM3は前期型で、形違いになります。
 前期型は、一般的なガソリン車でなく、ディーゼル車であったり最大の問題であったキャタピラの連結表現の間違いがあったりしたのですが、今回はそこら辺は完璧、更に今回のキャタピラ、ぴったりと前期型にフィットします。
 前期型の販売は74年でなんと44年の隔たりががあるのですが、今回のキットの販売によって、40年前のキットの出来を再認識出来て、感慨しきりです。
イメージ 13
 MENGMODELのルノー無線通信戦車。
 軽戦車でなおかつマイナー。ありがたいですが、売れるのかなと少し不安に。
イメージ 15
イメージ 16
 1/6.ルノーFT-17と94式装甲車。アルミ製でラジコン可。中国製でホビージャパンが輸入販売するとのことです。時代はビックスケールなんでしょうか?
イメージ 17
 模型ではありませんが東京マルイのガスガン、V10ウルトラコンパクト。
 ガバメント系のコンパクトガン大好きです。ウエスタンアームスからも出ているのですが、高くて手が出なかったので、マルイ製ならお手頃価格になりそうなので期待大です。
 後、会場で見かけた????なもの
イメージ 14
 毎年、自衛隊車両の辺りをうろうろされてますが、一体何なんでしょう?
  気になってます。
 何はともあれ、疲れましたが、充実した2日間でした。
 次の日、休みたかったよー。



この記事に

開く コメント(5)[NEW]

 5/12.13はいよいよ静岡ホビーショー一般公開日です。今年も我がSOMETIMEはモデラーズ合同作品展に参加させていただいております。
今年の作品テーマは「装甲車」ということで、各会員の気合が入った作品が並ぶ事と思います、、、、。
 テーマ作品以外にも、今回は1/6ビックスケールの作品や、1/72ミニスケールの超絶作品など力作を取り揃え、皆様のお越しをお待ちしております。
 場所は、南館H106です。去年とほぼ同じ場所で、今年も、お隣は「WHEEL NUTS」さん、対面は「ロックウエーブ」さん、後ろは「エーデルワイス」さんとという有名どころという大変な場所です。見劣り必至ですが、よろしければ見に来てくださいね。では、ホビーショーでお会いしましょう!
 (というわけで、ホビーショー参加いたしますので、今週は更新が少々遅れます。ご了承ください)

この記事に

開く コメント(2)

M113ACAVその19

 ゴールデンウィークも早や、後半、久しぶりの連休にあれもしたい、これもしたいと思っているうちに残すは明日の日曜日のみとなってしまいました。
 模型だけでなく、読みたかった本を読んだり、見たかった映画やアニメを見たり、サバゲをしたりと十分に満喫できた休日でした。
 残すところあと一日、明日も休日を楽しみます。
さて、M113ですが、まだ時間があるのでもう少し手を入れてみました。
イメージ 1
 gキットに入っているナイロンメッシュ、迷彩用の網?だと思いますが、車体前面に丸めて取り付けろとの指示が有ったのでそのようにしてみました。取り付けにはエナメル線を使う様になっていますが、実物は針金でなくロープ状のもので取り付けている様なので、普通の糸で取り付けました。
イメージ 2
 画像では紐がわかりにくいですが、括ったりするのに大変苦労しました。
イメージ 3
イメージ 4
 ラジカセはアカデミーのアクセサリーキットの物、コカ・コーラやたばこはタミヤのキットに入っているものです。ラジカセは塗るだけなので大したことなかったですが、コーラとたばこはデカールを貼って仕上げるのですが、、大きさが小さいので大変でした。
これを車体内部や上部に取りつけて行きました。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
 あ、レーション積み忘れてます。間に合えば取り付けて行きます。
 何とか静岡ホビーショーの作品完了です。

 MENG MODEL  デフォルメT-34
 静岡へ持っていくのが一つだけではもったいないので、前回の静岡ホビーショー以降に完成した物と言えばデフォルメT-34しかないので、これに台座を付けて持っていくことにします。
 イメージ 8
 ダイソーで買って来た植木鉢皿、:径18cm、2枚21cm、1枚がセットになっていて18cmの方を使います。
イメージ 9
 皿を裏返して、念のためマルチプライマーを塗装、その上から黒の塗料で全体を塗っていきます。
イメージ 10
 黒の塗料が乾いたら、更に上から、艶消しクリアーを吹き付け台は完成。
 これに地面を付けて行きます。
イメージ 11
 塗装面が汚れないようにマスキングテープと新聞紙で養生します。
 天場にカベ補修材を盛り上げていくのですが、食いつきが良いように傷をつけておきます。
イメージ 12
 粉状のカベ補修材を水で溶き、ヘラで盛り上げて地面を作り、更にその上から、ほうじ茶のティーパックの中身を茶こしで越して細かい粉状のものを振りまいていきます。
イメージ 13
 完全に固まる前に、轍等を付けるのですが、車体にカベ補修材がつかないように、間にラップを挟んで押し付けます。
イメージ 14
 固まったら、ラップを外して座りを確認します。
イメージ 15
 再び、T-34を取り外し、地面を塗装します。
イメージ 16
 再び取り付けて完成です。
 これも静岡に持っていきます。
 大したことない作品ばっかりで恥ずかしいのですが、枯れ木も山の賑わいで、楽しんできます。
ということで来週は、静岡ホビーショー参加のため、ブログ更新が遅れるもしくは一週間飛んでしまうかもしれません。週一更新と言いながら、脱線しますが、ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。
 

この記事に

開く コメント(0)

M113ACAVその18

  今年も早や、三分の一が過ぎ、いよいよ、ゴールデンウィーク突入です。
 取り敢えず、世間並みに休みがいただけたので、面倒事は昨日までに片付けて、それでも終わらなかったことは、連休明けまでほったらかしにして(連休明けが恐ろしいですが)休みに突入です。
 さて、一応完成したようなM113ですが、デコレーションはまだまだなので、思い付く追加工作を。
 偏見ですが、米兵と言えば女好き、ピンナップとか貼りまくりというのが頭にあって、それをやってみました。
イメージ 1
 こんな時に役に立つのではと思って取っておいた82年(36年前)のプレーボーイ誌の折り込みカレンダー。
 これを使ってポスターを作ります。
イメージ 2
 適当な画像を切り取ります。
イメージ 3
 そのままでは厚いので薄くそいで、
イメージ 4
 貼りつけます。
 もっときわどいものが良かったかも。
イメージ 5
イメージ 6
 あと、銃塔に弾帯を取り付けたり。
 最終的にビネットにして、その状況も戦闘中や警戒中でなく、後方での休息状態でを考えているのでわざと、弾帯を銃から離した状態にしています。生活感というか、そこに人がいる感じが、出ればいいのですが。
 あと、出来るところまでやって、色々と飾り立て、単品として静岡に持っていきます。
 模型も楽しいのですが、 折角のゴールデンウィーク、色々と楽しみたいですし。
 とは言え、最終的には、ビネットとしての完成させて、は九月の関西AFVの会に出展出来ればと思ってます。



 


この記事に

開く コメント(6)

M113ACAVその17

 4月も後半に入り、桜はとうに散ってしまいましたが、まさに春爛漫、過ごしやすい良い季節になってきました。
 暖かくなると出てくるのは虫やけものだけでなく、人間も同様で、京都は人であふれています。
 これからの季節、京の風情を楽しみに来ていただくのに、もはや、人混みを体感しに来ていただくような状態で、お越しいただく方が、がっかりされるのではないかと心配に思う今日この頃です。
 さて、4月もあっという間に、三分の二が過ぎ去り、来週末にはゴールデンウィークに突入、ゴールデンウイークが過ぎると、いよいよ静岡ホビーショーです。
 だらだらと進めてきた、M113ですが、何とか目途が見えてきました。
 前回、書きましたように、内装は基本、出来ているので、今週は、飾り付けは一時ほっておいて、外の塗装を仕上げました。
イメージ 1
 全体の塗装と細部の仕上げ、足回りを汚していきます。
 ライト外側の前照灯は、先にくり抜いていたところに、銀色を塗り、透明プラ板をくり抜きポンチで打抜き、レンズを作り取り付け、内側の赤外線ライトは艶有りの黒を塗りってます。
 後、予備キャタピラや工具類を塗り分けて取り付けました。
イメージ 2
 左側面
イメージ 3
 右側面
イメージ 4
 後面
 ハッチ類を閉めておくのであれば、ほぼ完成です。
 静岡には、単品展示の予定なので、これで完成でもOK。
 後は、中の飾りとか、出来る範囲でもう少し、あがいてみます。
イメージ 5
 滋雨部ハッチを空けた状態。
イメージ 6
 後部ハッチ全開状態
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
 中と、気銃座周辺をもう少し、色々と盛っていきたいと思います。
 気分的には、楽になったので、後は、ゴールデンウィーク中にぼちぼちとやっていこうと思ってます。


 

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事