オーケストラ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全610ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


サントリーホールでハンガリー放送交響楽団の演奏会があり、ブダペストでテイエン先生に紹介されたオラフさん(バイオリン)とサントリーホールのとなりのアナコンチネンタルホテルのラウンジで、美智子さんと一緒に会いました。

コバケンさんの指揮で、ハンガリーと日本の修好150周年記念で上皇様もみえたそうで、満席だったそうです。宮田大君のドボコンも素晴らしかったそうです。

ハンガリーの子どもたちとの交流を今後進めていく予定です。

イメージ 2

帰りは上野から特急列車あかぎに乗って駅弁を食べて帰りました。

イメージ 3

旭川市少年少女オーケストラの定期演奏会が開催されました。

助さんが頑張っています。
毎年定期演奏会をやるのは、大変ですが、子どもたちの成長は早いので。

イメージ 1


インドの青少年オーケストラが、私たちが演奏した同じハンガリーのドナウ宮殿ホールでコンサートを開催しました。

イメージ 2


私たちのステージは、人が乗り切れないほどでした。

イメージ 3


昨日は、旭川少年少女オーケストラの定期演奏会でした。助乗先生は毎週コンサートとリハーサルで大活躍です。

私は昨日は久しぶりに、とちぎジュニアとしもつけジュニアの練習に行きました。新しいメンバーや古いメンバー、お母さん達も一緒に合計6時間の指導で、帰宅は12時過ぎて、クタクタでした。

しもつけジュニアのバイオリンの女の子(小2?)がチェロに変更してくれて、なっちゃんも大喜びでした。現在までチェロがゼロでした。

イメージ 4

りいのちゃんが、弦楽カルテットの演奏のお仕事。


イメージ 5


ハンガリー放送交響楽団のオラフさんが、今日はコバケンとサントリーホールでコンサートです。



ブダペストでテイエン先生と一緒に食事して以来ですが、今日会いに行きます。

イメージ 6



オラフさんの弟子の愛子ちゃんも日本へ演奏旅行中。何と私の高校時代の吹奏楽部同期の宇津木君(フルート、武蔵野音大卒)となぜか繋がっていて、驚きました。彼とも20年ぶりぐらい。

ネパール

イメージ 1

イメージ 2



ネパールのオーケストラ生徒達も、いつのまにか大学生。
こんなカラフルな民族衣装を着るのはカーストが上なのだと改めて思います。

イメージ 3


私達が毎年ネパールに指導に行ってたころの20年前なら、この年頃は結婚している年頃です。時代が変わってオシャレになっている。

イメージ 4

イメージ 5


来年はインドネシアで開催される、東南アジア少年少女オーケストラのミュージックキャンプに招待がタイから届きました。

15歳以下だそうです。

ベトナムからもハイフォン市でのコンサート開催の招待が来ていますので、来年夏は忙しいですね。

イメージ 1


池田先生が、トトロのバイオリン楽譜製作中

講師陣が、ボーイングについて意見を出し合って、子供たちが弾きやすい様に工夫しています。

皆さんの手元にはもうすぐです。お待ちください。10月のイベントや11月の国際フェスティバルに使えると思います。

イメージ 2

イメージ 3

ベトナムハイフォン市の国際姉妹都市は、北九州市ですが、我々よりも2年早く(1981年設立)ジュニアオーケストラが市のお金で立ち上がっています。

私のウイーン留学時代の指揮者の湯浅氏(芸大の指揮科のコバケンの後の指導者)が、ここのジュニアオーケストラをしばらく指導していて、海外公演などもやっていたので、知っていましたが、ハイフォン市の姉妹都市だったとは、偶然にも意味があるのかな?

昨日帰国したハイフォンのバイオリンのお母さんが、ジュニアオーケストラ設立に大変熱心で、昨晩も1時間ほどやりとりしました。

自分の娘さんが通っているインターナショナルスクールでスクールオーケストラ設立も、その1つのようです。具体的に幾らお金がかかるのか?どのくらい私たちが支援してくれるか?などなど。

9月6日から、もう来週には、バイオリンのはるなちゃんと池田先生がハイフォン市に指導に行く予定です。

カンボジアからは、教育楽器の支援要請が来ました。ピアニカ、リコーダーなど、20年前にもネパールに教育楽器を支援するグループをだいぶ支援して指導ボランティアをしました。懐かしいですね。

イメージ 1


はまゆう山荘合宿の最終日は、フリータイムで交流の時間を過ごすました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ベトナムの子供たちには、折り紙で鶴の折り方を教えて、どんどん小さな紙にチャレンジさせました。ベトナム人はやはり指先が器用なことがわかりました。

日本と同じ箸で食べる文化ですね。欧米人の子供たちは、ほとんど無理でしたから。

イメージ 5

合宿のバスは高崎駅で解散して、ベトナム人は東口のホテルに荷物を置いてから、リクエストのラーメンをご馳走してあげました。マレーシア人のダル先生と中国人のザオ君も一緒でした。その後に成田空港までのバスのチケットを購入して、ダイソーでショッピングまでお付き合いしました。

流石に私も疲れて、美智子さんと帰宅して昼寝をしましたが、電話やらメールで起こされました。笑

ベトナム人6人は、新幹線で東京まで行き、夜は池田先生に会いにわざわざ東京まで行き、新幹線で高崎駅に戻って、今朝の4時半のバスで成田空港に出発しました。

来年の7月末にハイフォン市でのコンサートをまた開催したいそうです。ベトナムの人の夢が叶うように、またいろいろ考えましょう。

全610ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事