ここから本文です
福岡市西区姪の浜4丁目に、JR九州と福岡市交通局の共同使用駅の「姪浜駅」があります。管轄はJR九州ではなく福岡市交通局です。姪浜駅を起点として、西方向はJR筑肥(ちくひ)線、東方向は福岡市地下鉄(空港線)の路線です。JR、地下鉄ともに相互乗り入れされています。

姪浜駅は、(当時の)北九州鉄道が1925年(大正14年)に「姪ノ浜駅」として開業しました。現在の駅舎は、1983年(昭和58年)の地下鉄開業に合わせて、建て替えられています。

乗客数は、筑肥線と地下鉄の両方を含めてホーム2面・線路4線の姪浜駅のほうが、東区のJR香椎駅より2倍ほど多いようです。しかし、JR香椎駅はホームが3面、線路は5線あり、鹿児島本線と香椎線が通っています。また特急ソニックが停車するので、規模としては香椎駅のほうが姪浜駅よりも大きい印象があります。

★ ★ ★

その姪浜駅の北口より少し東側、「えきマチ1丁目」の出入口付近に6体のお地蔵様(石像)が建立されています。お地蔵様は「おねがい六地蔵尊」と名づけられています。左より、餓鬼道・地獄道・畜生道・修羅道・人間道・天上道を救うお地蔵様です。

お地蔵様は頭に帽子が被られています。現在はニット帽ですが、以前はSBホークスのキャップを被っていました。

先日、姪浜駅付近に寄ったさい、ふとお地蔵様をみると、中央の賽銭箱の後ろに小さい「僧侶の像」が設置されています。詳しいことは分かりません。昔はなかったように記憶しています。「よいことがありますように」とお賽銭を賽銭箱に入れて、お地蔵様に手を合わせ、僧侶の像の頭を撫でてきました。

★ ★ ★

【記念碑 吉水浩「Dragon King Rabbits(竜王うさぎの伝説)」】

イメージ 1
↑記念碑は駅の南口に設置されている

イメージ 2
↑龍王うさぎの伝説は古くより姪浜の漁村に伝わる

【姪浜駅】

イメージ 3
↑南口

イメージ 4
↑北口

イメージ 5
↑駅名標 下山門駅は筑肥線、室見駅は地下鉄空港線

【おねがい六地蔵尊】

イメージ 6
↑お地蔵様 左より餓鬼道・地獄道・畜生道 (僧侶の像)

イメージ 7
↑右の3体 修羅道・人間道・天上道

【パノラマ画像】

イメージ 8
↑南口&記念碑

イメージ 9
↑北口 「おねがい六地蔵尊」は画面の左側奥に位置する

イメージ 10
↑「おねがい六地蔵尊」 北口より少し東に進んだ場所に建立されている

この記事に

天神の散歩コースを歩いていると、土日祝などは、福岡市役所前のふれあい広場において、よくイベントが開催されているのを見かけます。イベントは結構、覗いたりするのですが、写真を撮っていなかったり、ブログにアップするタイミングを逃して、記事にできずじまいだったりすることも、何度かあります。(今回はちゃんとアップすることができました)

本日のイベントは、JA福岡市主催の「博多じょうもんさん天神市場」。JAらしく農産物や加工食品の物販がメインですが、ステージでのショーも行われていました。

立ち寄ったのは午後1時半ごろ。お昼時は過ぎていましたが、会場内は大勢の人でにぎわっていました。ステージでは子供向けのクイズ大会の真っ最中でした。司会者の農産物に関する質問に、子供たちは間違いもものとせず、黄色い声で堂々と答えていました。

各ブースでは、市内の各農産地が特産品を販売していました。飲食コーナーも展開されており、焼きそばや綿菓子、豚汁などが提供されていました。わたくしは、日曜日ともあって、昼前にブランチを済ませていたので、特に空腹ではありませんでしたが、豚汁を持ったスタッフさんの「具が少ないので無料で差し上げます」との声が。ほかほか暖かい豚汁をいただきました。具はそこそこ入っており、味もとてもよかったです。ごちそうさまでした。

現地では脇山米で作られた「かしわ飯」を購入。今日の夕食にいただきます。かしわ飯は「脇山米」が使われていますが、その昔、90年前の1928年(昭和3年)、昭和天皇即位の大礼のおり、主基斎田(すきさいでん)として、福岡県早良郡脇山村(早良区脇山)が選ばれたといわれています。由緒ある脇山のお米です。

今日は天気も崩れることもなく、のんびりした時間も過ごせたので、よい一日でした。

★ ★ ★

※11月27日 追加

脇山米のかしわ飯はとても美味しかったです。ごちそうさまでした!

イメージ 1
↑大勢の人でにぎわっていました

イメージ 2
↑「この花はなんの花でしょう?」

イメージ 3
↑脇山米の鶏(かしわ)めし♡

この記事に

元・家人しんきちが約2週間、所用のため宮崎県に滞在していました。LINEで宮崎県での様子を伝えてくれましたが、送ってくれた画像はここにアップしたのみ。むこうでの生活はかなり忙しかったようでした。

しんきちが宮崎へ出かける前後して、わたくしは近所の病院に10日間入院しておりました。といっても、重病人というわけではなく、また、短時間でしたが、洗濯のため何回かは外出(帰宅)もできました。わたくしの入院中、猫の「おみそ」の世話に、元・家人ななべえが連泊で来てくれました。現在は、通常の生活に戻っています。退院してすぐ仕事に戻り、絵の作業も家事もこれまで通りまったりとこなしています。

以下は、しんきちが送ってくれた画像です。

【熊本県 北熊本サービスエリア】

イメージ 1
↑九州産交バス 福岡〜宮崎 フェニックス号

イメージ 2
↑売店

イメージ 3
↑ヤママユ 触角が大きいのでオスか

【宮崎県 都城市】

イメージ 4
↑再びヤママユ 山繭蛾 こげ茶色

イメージ 5
↑ヘビの幼体? 小っこい

イメージ 6
↑鎌首をもたげた子ヘビ

イメージ 7
↑稲刈りの季節 黄金色の稲穂

【福岡県 福岡市中央区】

イメージ 8
↑しんきちが帰福して食べた「トマトラーメン」 おいしかったそうです

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事