ここから本文です

JR宇美駅

前々回、前回より記事の続きです。3回も続いちゃいました〜(*´ω`*)

JR香椎線は起点の西戸崎(さいとざき)駅と終点の宇美駅のいずれも他路線に接続していない、いわゆる「盲腸線」です。途中の香椎駅が鹿児島本線、長者原(ちょうじゃばる)駅が篠栗線に接続しています。

デンチャに実際に乗車した感想は…座席の座り心地が格段によくなり、所用時間も若干短くなりました。西戸崎〜香椎が2分、香椎〜宇美が3分です。一番のメリットは二酸化炭素の排出や騒音が低減されたことでしょう。

車内のデザインは、JR筑肥線の305系に似ています。床がQRコード柄、ドアにはくろちゃん、さらに特記すべき点は、ドアのそばに「開閉ボタン」が設置されているところ。このボタン、筑肥線の場合はさすがに地下鉄路線や筑肥線内でも都市部では乗客が押す必要はありませんが(郊外地のみ押しボタン)、香椎線の場合は全駅自分でボタンを押す必要があります。いくら全線が田舎の路線とはいえど、目的の駅でボタンが押せなかったら乗り越してしまうではないか〜!(´Д`)💦

イメージ 1
↑でんちゃ 宇美駅に停車中

イメージ 2
↑座席の一部

イメージ 3
↑床 読み込みできひん

イメージ 4
↑ドア くろちゃんかわいい❤

イメージ 5
↑開閉ボタン 最新鋭の電車だがドアは自分で開ける必要がある(´・ω・`)

★ ★ ★

JR宇美駅は、小ぶりな駅舎と比較して駅前の広場がかなり広いです。現在、ロータリーや駐車場として整備されている「宇美駅前広場」に近い位置に、現在は廃線となった「国鉄勝田線」の宇美駅の駅舎がありました。1985年(昭和60年)に国鉄勝田線が廃止となり、勝田線の宇美駅舎も取り壊されました。勝田線跡は緑道として整備されています。

前回のJR香椎線の記事は こちら(宇美駅についての記載があります)

イメージ 6
↑駅名標

イメージ 7
↑奥に車止めがみえる

イメージ 8
↑宇美町周辺ガイド

イメージ 9
↑宇美町のごあんない 濃い緑色の線は緑道(旧・国鉄勝田線)

イメージ 10
↑福祉巡回バス ハピネス号(西鉄バス)

【パノラマ画像 宇美駅前広場】

イメージ 11
↑駅舎を出てすぐの場所より 対面側をのぞむ

イメージ 12
↑駅舎の対面側より 駅舎方面をのぞむ

イメージ 13
↑駅舎の右側は休憩所・駐輪場

(これにて、ひとまず終わります。(*´ω`*))

この記事に

前回の記事の続編です。

香椎線の列車に乗って、糟屋郡宇美町の宇美八幡宮と宇美町立歴史民俗資料館に出かけてきました。宇美町へはちょうど1年前にも散歩に出かけたものです。1年前は気動車(キハ40か47)に乗りましたが、今回は置き替えられたばかりのDENCHAです。さすがに最新鋭のデンチャは乗り心地が違います。

JR宇美駅から宇美八幡宮までは歩いて約5分です。宇美八幡宮の境内は、隣接する児童公園とともに地元の子供たちの遊び場となっていました。いいですね。神聖な場所で子供が遊ぶ。さらにはハトも舞う。神様がおそばについていらっしゃる。昔と変わらぬ日本の風景です。

前回の宇美八幡宮の記事は こちら

イメージ 1
↑宇美八幡宮 大鳥居

イメージ 2
↑社殿

イメージ 3
↑社殿の向かって右隣 馬の像

イメージ 4
↑聖母宮(しょうもぐう) 灯篭 左・吉村作治 右・郷ひろみ

イメージ 5
↑御神木 湯蓋の森(根元) 画像右下のハトの数に注目!

イメージ 6
↑縦パノラマ 湯蓋の森 

イメージ 7
↑ハト はと 鳩!

宇美町立歴史民俗資料館も1年ぶりでした。展示物のうち、現在は廃線となった旧国鉄勝田線の「筑前勝田駅」の駅名標や駅で使用されていた物品の展示もありました。鉄ヲタさんにはたまりませんね。館内は撮影禁止なのでこれらの画像はありません。

(あ…続いちゃった)

この記事に

香椎地区は現在、再開発の真っ最中です。福岡市の土地区画整理事業は現在3件あり、そのうちのひとつが「香椎地区副都心整備事業」です(あとの2件は西区(旧糸島郡)の「伊都土地区画整理事業」および東区の「筥崎土地区画整理事業」)。香椎地区はずいぶん前よりちまちまと(あまり早くはないスピードですが着実に)開発中という印象です。

★ ★ ★

国道3号線より香椎セピア通りに入り、そのまま直進すると「西鉄香椎駅」が左手に見えてきます。西鉄香椎駅周辺は再開発がほぼ終了し、駅前には新しいロータリーとその周囲には新しいお店がオープンしています。駅の出入口そばに「清張桜」とよばれるソメイヨシノのシンボルツリーがあり、桜の季節にはとてもきれいな花を咲かせます。

イメージ 1
↑西鉄香椎駅前のロータリー

イメージ 2
↑ロータリー

イメージ 3
↑清張桜(ソメイヨシノ) つぼみ

イメージ 4
↑ソメイヨシノ 後方は西鉄香椎駅

イメージ 5
↑石碑「旧西鉄香椎駅と桜」

イメージ 6
↑西鉄香椎駅 西鉄貝塚線と福岡市地下鉄箱崎線との接続が待たれる

イメージ 9
↑パノラマ画像 西鉄香椎駅

★ ★ ★

西鉄香椎駅よりさらに直進すると、JR香椎駅に到着します。西鉄香椎駅周辺のそれと対するJR香椎駅の周辺は、まだまだ再開発の最中です。それでも駅前のロータリーは完成しています。あとは周囲の造成工事の完成を待つのみです。

イメージ 7
↑JR香椎駅 駅前のようす

イメージ 8
↑駅のエントランスが香椎宮(?)っぽく改装されている

イメージ 10
↑パノラマ画像 正面はJR香椎駅 駅周辺のようす

★ ★ ★

JR香椎駅といえば香椎線。香椎線といえば、先日、列車が気動車(キハ40形・キハ47形)から蓄電池電車(BEC819系・DENCHA)に置き換えられました。新型車導入は沿線住民の長年の悲願でした。デンチャと入れ替わりにキハ40(九州標準色)とキハ47(アクアライナー色)が、九州の他県に移動しました。廃車になったわけではありませんが、そこはかとなくなんともいえぬ寂しさもあります。車窓の下「DENCHA」と車名が記された場所を、香椎線専用に「≡AQUALINER≡」と書体も以前のもので書き替えていただければ嬉しいです…ムリかなあ?(´・ω・`)

イメージ 11
↑JR香椎駅 連絡通路

イメージ 12
↑JR香椎駅作成「ありがとうキハ40・47」

イメージ 13
↑5番ホームに停車中のDENCHA(でんちゃ)

イメージ 14
↑車窓の下 DENCHAの文字(ここを「≡AQUALINER≡」と書き換えていただければ…)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事