私と鹿児島

鹿児島の隅から隅までご紹介します いきなりの友達登録はお断り!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

霧島市国分野口、ソニーの工場の直ぐ近くの田んぼの中に、年代物の供養塔がポツリと

立てられています。

説明書によると、島津の家老「伊集院下野守藤原抱節」の供養らしいです。

さっそく調べてみたところ、

< 伊集院久治  抱節  1534〜1607島津家臣。久通の次男。義久の老中。
  肥後矢崎城攻め、豊後緒方  城攻めなど数々の戦いで軍功をあげた。
  1606年、義久との意見の対立から老中職を辞した>

としか分からず、なぜ田んぼの中に供養塔があるのか分かりませんでした。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

伊集院氏は、忠真の代頃にたびたび義久や忠恒らと衝突し、滅ぼされてますからねぇ。
その為の供養塔でもあると思います。

2009/8/3(月) 午後 7:58 屋久猛 返信する

顔アイコン

あ、そうでした屋久さんは歴史に詳しかったんですね。
この伊集院氏の供養塔がなぜ国分にあるんでしょう?
このあたりを治めていたのでしょうか?

2009/8/3(月) 午後 10:43 takako 返信する

顔アイコン

詳しくは分かりませんが、庄内の乱に関与した伊集院氏とは別流のようで、この方の父、久道という方が国分周辺の地頭だったようです。国分に何らかの縁があったのでしょうね。

2009/8/4(火) 午前 10:15 屋久猛 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事