ここから本文です
オーベスト的 自転車道

書庫全体表示

記事検索
検索

モンキーバナナ

こう聞いて懐かしいって思う方はかなり古いお方…

イメージ 1


再発売です。

まだ丸ハン全盛の時代に少しでも握りやすくするために曲がっている部分に当てて使ったもの。

イメージ 2



ブルホーンに使うとちょっと変な感じだが。

使い方は自由。

今ほどハンドルの成型技術が良くなかった時は色々なアイディアがあって面白かった。

今でも使うと面白そうです。

イメージ 3




イメージ 4

この記事に

スルーアクスルは後輪固定のローラー台に付きません…残念ながら…

と思っていたらこんなパーツが発売されました!

イメージ 1


これを使えばクイックシャフトが付くようになりローラー台もバッチリ。

イメージ 2


なんか不思議な感じに。

イメージ 3


冬の寒いしも安心ですね!



二部ライド

午前中は軽く川に。

イメージ 4


基礎トレ。

午後は自転車を変えて散歩ライド。

イメージ 5


魅惑の商品を発見!

イメージ 6


5kgの大容量です。。

買ったらヤバイの自粛。

この記事に

この1か月の基礎的な練習の確認の意味も込めての出場。

とりあえず5時間走る事を意識せず総合の勝負に付いて行こう。

ソフトフラスク1本とスポーツ羊羹2本、ゲルを4本ほど持ってスタート。


ローリング解除の後は先頭でペースメイク。

すぐに竹芝の選手が飛び出すがあのチームは5人チームで交代が激しそうだから放置。

他のチームや選手も落ち着いていたのでそのまま先頭キープ。

イメージ 1

何人か居たが徐々に絞られた模様。

というのも視界にはレオモ 米谷君とフィッツの若手選手しか入らない。

3人で淡々と回す。

単騎戦なら確実に吸収できるペース。

スピードに余裕があるし基礎練は良い感じかなぁとか考えながら。

50歳で成長するなら普通の事をやっていてもダメだなぁと。


イメージ 3


そのうち交代してきたフレッシュな選手がペースかき乱す。

付いて行けない事もないが流石に守りに入ってしまう。

交代してきた選手は1周しか走らないみたいだし・・・・

そのうち前は交代している2チーム、追う米谷君と私の図に。

イメージ 2

ロケット砲のような速さにあれに付いて行く力は今は無いようです。

しかし米谷君も2人チーム。

交代で居なくなってしまう。。。

ここまでで2時間半ほど。

ハイペースで走れる今の限界値はこの時間までらしい。


変わりはアンダー期待の星の石上君。

付いて行くが元々速い上にフレッシュ。

すべてのエネルギーが失われる。

ここで私のレースは終了。

出涸らしに。

その後は2時間の苦行の時間が待っていた。

2時間の修行はとてつもなく長く苦しかった。

おまけに頼りのフォルトフラスクをゼッケンとポケットの間に入れてしまったらしく紛失。

もうどうでも良いからゴールさせて〜

ラスト1時間は這う様な走りでした。

イメージ 4

這っていたのにソロ部門で2位。

1位はスーパーな奈良さん。


オーベストでは5時間に挑戦して見事2人完走。

淡々のタイムを刻んだドイさん。

イメージ 5

ゴリゴリ走法のタムラさん。

イメージ 6

お疲れ様でした。








この記事に

穴あき

ついにフィジーク界のも穴あき路線が登場。

イメージ 1

しかも幅も二種類に増えました。

フィジーク・・お前もかって感じですが。。


でもベストセラーモデルのタイプが選べるのは良い事ですね。

元々座面にしっかりと座るタイプのサドルなので広い座面はアリですね。

イメージ 2

こう見た方が幅の違いが分かるかも。


明日は店を休業致します。

イメージ 3


この記事に

BLADE AF

アジアンフィットなヘルメット。

イメージ 1


前にも載せましたが。

これ内部シェルがかなり丸くスポッとフィットする。

若干何処かが当たりながらかぶっているヘルメットは多いと思う。

これは あっ…て思うほどにピタッとくる。

イメージ 2


それに加えてレーザーヘルメット独自のロールシスというフィットシステムがよりしっかりと固定してくれる。

そんな上位グレードと同じ構造を採用しつつ、これが一万円とは。

かなりお買い得。

イメージ 3


涼しさはトップグレードのZ1には劣りますが。

見た目も安っぽくないですね。

イメージ 4



朝から予想外の雨…

よって自宅待機。

イメージ 5


3日の日曜日は休業します。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事