ここから本文です
オーベスト的 自転車道

書庫パーツ

記事検索
検索

全176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

赤黒

コスミックプロ シューズ。

2018バージョンは赤・黒・白。

イメージ 1

しなやかな履き心地が特徴。

イメージ 2

サイドにさり気なくマビックロゴを主張。

同色っていうのが良いです。

イメージ 3

ブラックはイエローワンポイントでマビックらしさを。


上手く補強素材を使った良いシューズづくりをしていますね。



コスミックプロカーボンSL UST ディスク。

イメージ 4

これ最強ですね。

カーボンでロスが無く、空気抜けが良い。

ブレーキングはディスクで安定している。

そしてブレーキングでリムを傷めない。

よってリムは綺麗なまま。

イメージ 5

ロゴもリムのサイドギリギリまで入れられます。

見た目も良い。


ディスクはホイールにも優しいですね。

この記事に

オールインワンな

携帯ツールってアイディアが詰まっていて楽しい。

コンパクトにこれだけの機能が付いているのって凄い事。

イメージ 1

タイヤレバーも付いているのでこれだけあればほぼカバーできる。

イメージ 2

六角2〜8mm ペダルだって外せちゃいますね。

トルクス T15、T25、T30 最近のマストな工具。

ニップル回し。

タイヤレバー。 これが携帯ツールについているとかなりスペースが軽減できる。

チェーン切り。 これがあるのと凄く助かる事がある。

バルブコアツール。 ディープホイールを使っている時などに便利な事も。


これだけがこの大きさに機能的に収められているのが凄い。

イメージ 3

使い勝手も考えられています。


サイクリングに長距離イベントにあると助かります。




ミトン日和。


イメージ 4


この記事に

リニューアルされたメンテナンススタンド。


メンテナンスや洗車時に使い易いようになっています。

それに加えて今時の自転車の仕様に対応しているのも特徴。

変形型BBシャルやスルーアクスルなど。


折りたためるので遠征先に持って行ったり、ご家庭に置いておいても邪魔になり難い。


ホールド性の良いBBサポート。

簡単な構造です。



クイックとスルーアクスル対応。(12mm・15mm)

これからのマストな仕様ですね。


付属の変な形のクイックシャフト。

これが意外と優れもの。

フロントフォークの脱落防止の爪があってもネジ幅調整が必要ありません。

作業がとてもクイックに出来ます。



オプションでこれがあれば完璧ですね。(クイック方のみ おススメ)


メンテナンスが楽しくなりますよ。




朝起きると気温がマイナス3度。

昨年の今頃もほぼ同じような気温だったらしい。

外に出たくない・・・! (病み上がりだし)


9時ごろからゆるポタ。


これが無かったら走るの嫌。。

ウインターシューズをあれこれ見てみるがこれが一番良く出来ているように思える。

着脱のし易さ、締まり具合、防寒性 など総合的に見て。


ウインターシューズ何でも同じではありませんね。



コーヒーがまだ美味しくない。

本調子はまだ先ですね。



この記事に

今回のマビックタイヤはなかなか良い出来。

どのタイヤメーカーもノウハウが無い最初の頃のモデルは酷い物が多い。

徐々に良くなってくる。

ミシュランしかり、コンチしかり、パナもIRCも。

この4メーカーもかなり笑えるタイヤを出していましたね・・

マビックもようやく熟成してきたようです。


コンパウンドもチューブレス構造も相まってしなやかでグリップする良いタイヤ。


耐摩耗性能もかなり向上しています。

イメージ 1

だいぶ摩耗しました。

かなり荒れた道も多く走りましたが全くパンクゼロ。

まあこれは運もありますのでパンクしたら実験。


イメージ 2


ブスっと行ってみました。(チューブタイヤなら出来ません)

なかなかシュールな光景です。


イメージ 3

穴が居た瞬間にシーラントの液体が噴出します。

その後に徐々に塞がり・・・ って 塞がらない!!

徐々に抜けていきます。

1レースは完走できそうなぐらいにゆっくりと。

もう一回ポンピングしたらもう1〜2時間は走れそうな感じ。


新しいタイヤならもうちょっと違う感じになるのかも知れません。


どちらにせよ レースでのトラブルも回避し易くなりますね。


イメージ 4




この記事に

すっかりこれを履くのが当たり前になってきた。

イメージ 1


もはや夏用シューズにカバーをかける方が無理があると思えてくる。

ただこのジャンルのシューズは未成熟でマビックでは今季は在庫も入荷予定も無い。

売れる見込みが無いとの事。

事実 私も頼んでから入手までに一年半もかかったのだから。

30年ぐらい前からこんなシューズはSIDIなどではあったが今とは素材も技術も全く違う。

先週に宮古島に行って久しぶりに夏用シューズを履いて、帰ってきてからまたウインターシューズに戻った。

全く違和感なく履き替えられた。

もちろん同ブランドと言うのもあるけれど。

シューズカバーには出来ない素材の断熱効果は高いです。

脱ぐのも履くのも簡単ですしね!

ちなみに汚れたら直接ボトルの水をかけて洗えてしまいます。

防水も素晴らしい。(雨はダメですよ!)

最近のグッズで最も気に入ったアイテムです。

この記事に

全176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事