旅とオートバイの美学

孤高のツアラーで在り続ける。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
最強の燃料添加剤 ゲルホーン3+をR1200GSで試してみました。
 
先日、4輪の愛車 911カレラ2で試したときはトルクの向上と高回転での滑らかなフィーリングなど
 
効果が体感できましたが、2輪のR1200GSはどうでしょうか。
 
 
日曜の早朝、タンクにゲルホーン3+を入れて4時に出発。
 
走り始めてすぐ花粉症の私は鼻水とくしゃみが酷く、しかもやたら寒い。
 
タイヤウォッチの温度表示に目をやると1℃
 
ちょっと軽装で出発してしまったか…と後悔。
 
花粉症と寒さのダブルパンチでゲルホーン3+を入れたことを、すっかり忘れてしまった私。
 
 
いつもの県内のツーリングルートで使う「うぐいすライン」のだらだらと続く上り坂で
 
おやっ と思う現象が。坂の後半でいつもなら意識してアクセルを開けないと失速するはずが
 
太いトルクで難なく登っていくではありませんか。
 
ここで初めてゲルホーン3+を入れたことを思い出した私。
 
この後、いろんなギアや回転数で変化がないか試したところ
 
特に体感できたのは高めのギア、あるいは低めの回転数からアクセルを開けたとき
 
粘り強いトルクで車体が前に押しすすめられていく感じが分かりました。
 
逆に峠道ではコーナーにあったギアにダウンし、しっかりと回転を合わせて走ると
 
これはあまり差が体感できず…・。
 
中回転から高回転へのフルスロットルなど、スポーティーな走りでは、あまり体感できず
 
どちらかと言うと普通に流しているとき、登りの峠道などで明らかな効果が体感できる
 
といったところです。
 
 
千倉まで出て、その後は早めに帰る必要があったので、すぐに高速道路 館山自動車道で
 
自宅の千葉市を目指したのですが、高速は料金所からの加速は何となくといった程度の
 
効果しか体感できませんでしたが、5速ギアで90〜100キロくらいで、一気にアクセルを
 
開けると、素晴らしいトルクと加速感が感じられます。これは凄いです!
 
 
今回、帰りの高速でちょっとスピードを出しすぎだったので燃費計算はまたの機会にしますが
 
R1200GSでのテストもポルシェの時と同様に素晴らしい効果が体感できました。
 
 
次回は長期的なレポートとアシバイクのマジェスティ250でも試してみようかと思います♪
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事