旅とオートバイの美学

孤高のツアラーで在り続ける。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全336ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019年 GW北海道ツーリング
究極のツーリング写真 touring-photography.com

イメージ 1


開く コメント(0)

新たに独自ドメインを取得してはじめたブログ

究極のツーリング写真ですが開設より1周年を迎えました。

イメージ 1

究極のツーリング写真では心に焼き付くツーリングシーンを写真作品として残せるよう

撮り方のノウハウ、カメラやレンズの選び方、撮影スポットなどを公開しています。

イメージ 2

 〜おすすめの投稿〜






この年末年始、ぜひ見て下さいね。

ツーリング写真を極めてバイク文化をパラダイムシフトしましょう。

イメージ 3





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年 北海道ツーリング ツーリング写真作品

イメージ 1

新たなブログ 究極のツーリング写真でかっこいいツーリング写真の撮り方の解説をしております。




イメージ 1

新たなブログ 究極のツーリング写真を立ち上げて約半年が経過しました。

反応は共感してもらえる方、少しづつ興味がわいてきた方、以前より写真は好きだったけど

より深く楽しむようになった方、少しずつですが良い方向にあると感じます。


この 究極のツーリング写真 というブログはバイク旅の世界を芸術的写真にするため

撮り方のノウハウを秘密を作らず徹底解説するサイトです。


写真とは芸術と記録あるいは両方を兼ねているもの、この3者しかないと考えます。

多くの人が憧れを抱いている良き写真とは芸術だと思います。

芸術的と呼べる写真作品、それを生み出すにはどうすれば良いのか?

高性能なカメラやレンズを使いこなすことは、多少は関係しているかもしれません。

しかし、それが全てではありません。


まずは景色や出会いに感動すること。感動できる心の持ち主になること。

感動を発見できる目を養う事。被写体の魅力を感動とともに言語化できること。

芸術であることを認識し、自分が「芸術」を身近にしていること、決して照れないこと。

デザインを学ぶこと。光と影を学ぶこと。

そして自分の生み出した作品を見ていただける人々への気持ちを大切にすること。


作品の意図とはあなたがそこで撮ろうと思った理由です。

単純な被写体でないのなら、まずは言語化してみましょう。

その言葉を元に、フレーミングや構図、焦点距離や露出などを決めます。

被写体が複数ある場合は、主題を明確にするため各々の存在感を調整しましょう。

被写体や背景はあなたが映画監督になったつもりで監督指示を出しましょう。

複数の被写体はキャストです。キャストの魅力を審美眼で見抜き理想的に画面内に構成しましょう。

フレーミングや構図、あるいは焦点距離などは作品の意図を伝えるため、精密に機能するべきです。

これに美しい比率や色の組み合わせなどデザインの要素を盛り込む。

光と影を見極める。どのような光をどのように被写体にあてるか?

そして最後に、現場では粘りに粘って何かユニークや驚きなど個性を付け加えることができないか?


こんな事を作例を元に極めて具体的に解説をしています。

ありきたりの「ツーリング記念写真」から「芸術的なツーリング写真」に昇華させてみませんか?

間違いなく上達することをお約束いたします。



毎日更新中です!






開く コメント(3)

新しいブログ 究極のツーリング写真ですが開設から2か月が経過しました。

お陰様で自分でも驚いているほど反響がありました!

今まで自分のノウハウを秘密にしていたのは間違いであり

正しいのはその逆で、自分の知っている撮り方の全ては、何もかも公開することでした。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
ツーリング写真の撮り方を解説する専用のサイト、という意味では唯一無二のオンリーワンブログです。

<初級>、<中級>、<上級>とレベル分けして詳細なノウハウを公開しています。

作例はすべてツーリング写真です。

通常のHOWTOとは違った、一歩踏み込んだ具体的な解説を目指しています。

例えば絞りを調整するとは被写界深度の調整であることは、あらゆる解説書に載っています。

では、あなたが出会ったツーリング先の美しい景色の中で、何をどう感じて絞りを調整しますか?

ここを解説しているものは世には殆どなく、ましてやツーリングの撮り方としては皆無でした。  

そういった部分を分かりやすく解説する、究極のツーリング写真「〇〇だから△△した」の法則。

撮影地についたらまずは全身の感覚と心で感動をあじわう。

そして、そこであなたが写真を撮りたいと思った理由を言語化して解明していきましょう。

「〇〇だから△△した」の法則  
例:〇〇:手前の木々の葉に光が透過している様子が美しいと思った。
  △△:だから葉のディティールを大切にし絞りをF5.6にした。

これが究極のツーリング写真流解説です。

その他
背景となるスペースと被写体エリアの比率〜黄金比と白銀比
主役と素晴らしき脇役達、あなたはキャストに指示を出す映画監督のように構図しましょう
自撮りするときの美しいポージング コントラポストなど
ドラマチックな夕景シーンの撮り方
地獄の三分割縛り  

などなど。

オートバイ ツーリング写真を芸術界に認知させるための新たな第一歩。
「あなたの写真が芸術作品に昇華する」
その入り口はここです↓↓↓



見るだけでも楽しいですので、ぜひ遊びにいらしてください。
もちろんブログですので全て無料です。


開く コメント(0)

全336ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事