三笠市

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

三笠市

 
三笠市は、北海道のほぼ中央に位置する、人口約1万人の市である。
炭鉱で栄えたが、相次ぐ閉山で人口が激減し、過疎の市となった。
 
北海道の「石炭」「鉄道」の発祥の地であり、「北海盆歌」の発祥地でもある。
また、「アンモナイト」や「恐竜」の化石が多く発見されている。
北海道で最初の電話が開通したのも、この三笠市。
 
明治元年(1868年)に、北海道で最初に石炭が発見され、石炭を運ぶ手段として、
明治15年(1882年)、幌内(三笠市)と手宮(小樽市)に、北海道で初めて(全国では3番目)、
鉄道が開通する。
 
明治19年(1886年)に、幾春別炭鉱が開抗し、以後石炭の町として栄えた。
 
昭和32年、桂沢ダムが完成し、桂沢湖が出来る。
この湖の周辺から、「アンモナイト」や、「エゾミカサリュウ」などの化石が発見される。
 
【写真で見る、三笠市の見所】
 
鉄道記念館(旧幌内駅跡地)↓
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
記念監視基地内 ↓
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車庫内に展示してある懐かしき・・・。 ↓
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
運転席 ↓
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自然の中にある鉄道記念館 ↓
 
イメージ 20
 
 
D−51の車輪 ↓
 
イメージ 21
 
旧三笠駅(幌内太駅) ↓
 
イメージ 3
 
旧三笠駅はクロフォード公園になっている。 ↓(リンク先のページの中段あたりに説明が出ています)
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
旧三笠駅内は、鉄道マニア垂涎の・・・ ↓
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
市内を少し離れると、炭鉱の町の名残が・・・ ↓
 
イメージ 8
 
市内の橋には、大きなアンモナイト、そしてレリーフ・・・ ↓
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桂沢湖・・・公園になっている。 ↓
 
イメージ 11
 
 
公園内に、巨大な・・・ ↓
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14

この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事