首都圏マンション「復調」ムード 大型タワー、「億ション」売れる

 長びく不況で売れ行きが低迷していた首都圏マンションに、「復活」ムードが高まっている。首都圏マンションは2009年後半から東京の下町エリアなどで値ごろ感が強まってきた。東京駅から20キロ圏内の、3000万円?4000万円程度の物件が売れ筋だが、赤坂や新宿、台場周辺などに建つ、大型のタワーマンションは人気が高く、「億ション」も売れている。■平均価格1億3188万円が即日完売 復調ムードを盛り上げているのが、東京都心にある大型タワーマンションだ。2009年に発売された「億ション」は611戸。前年比657戸の減少で、過去最多の1990年の3079戸と比べると、80.2%減少した(不動産経済研究所調べ)。 これが立地のよさと希少性を背景に売れている。09年9月に野村不動産が発売した「プラウド新宿御苑エンパイア」(35戸)は平均価格1億3188万円(すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事