ここから本文です
おゆみ野ゴスペルクワイア(おゆゴス) in 鎌取/誉田/土気♬
ゴスペル歌える3会場! 問合せは oyugospel@yahoo.co.jp にどうぞ♪

書庫3チャペルでのリハレポート

記事検索
検索

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

さわやかに晴れ渡る日でした!

この日を感謝し、思いきり楽しもう!とアップテンポの曲
♪This is the day
♪This little light of mine
♪You are good

そして身体、心にある癒しの必要な部分を思い祈りながら
♪Oh it is Jesus

奴隷、又は向こう側に行きたいのに難しい気持ちに思いを馳せて
♪Deep River

そして、難しい時も、なかなか変わらないと思う時にも神さまは静かに良い事に働いてくれていることを感謝して
♪Oh oh give thanks

人を愛するとは、どうしたら良いのか?イエスは人の汚い足まで洗う程に自分の手を使って愛した。少しずつでもそれができるように、励まし合い助け合いたいと
♪イエスが愛したように

Dさんのメッセージタイム
Negro spiritual(黒人霊歌)の ♪Deep riverを歌ったので、
「アンクル トムの部屋」(ストー夫人著)の話し
あるお嬢様が船から落ちたのを助けた奴隷の話し。
お嬢様の父親がその奴隷を家に雇い、大切にしてくれた。
その奴隷をトム爺やと言って仲良くしていたが、
その女の子が病気で亡くなり引っ越し、トムは売られた。新しい主人はひどく、痛めつけられ、信仰さえも奪おうとした。
痛めつけられたトムが息絶え絶えの時、

「どんな被造物も、私達を神の愛から引き離すことはできません」(ローマ8:38の言葉) と言って亡くなっていった。

この話しは南北戦争(奴隷解放)の元になった。

その頃の奴隷達は何も持っていなかったが、希望を持って歌っていた。今の私達はそのような状態はないけれど、同じように希望が必要な現代の心に、変わらず力がある歌だ。


最後に
♪注いでくれた
♪Jesus loves me

を歌って感謝しました✨🌈

残れる人はランチや焼いてくれたケーキを食べてホッとたいむでしめました!

暑くなってきましたが、良い日々を(^^)

以上
(あろ)

5/16(木)土気ゴスレポ

からっと晴れた初夏の陽気、草木や花。全てを与えてくださる神様に導かれて、久しぶりの方がたくさん来てくださいました☆
そんな令和最初の土気ゴス、ストレッチと発声をしっかりした後、近状報告をしました。
家族の健康、本人の健康、様々なしがらみからイエス様の救いや癒しを求めて共に賛美できること、感謝ですね。

♪Oh it is Jesus
長血を患っていた女性が、すがる思いでイエス様に手を伸ばし救いを求めます。イエス様の洋服の裾に触れることさえできたら…と願う彼女の強い信仰によって病が治る。という聖書の箇所から作られた曲です。
短い歌詞ではありますが、注意することがとても多い曲です。
1行目
Oh it is Jesus,oh it is Jesus
*Ohはあぁ、そうだ。と感嘆の気持ちを込めて歌います。
*JesusはJeで音を動かした後susと発音しますが、最後のsはきちんと音にしましょう。

2行目
It's Jesus in my soul
*ここでのJesusはクレッシェンド。

3行目
For I have〜garment
*For I have touchedでクレッシェンド。touchedのdはきちんと音にしましょう。
*the hem of His garmentはうねり(抑揚をつけて歌います。garmentはgarで音を動かした後、mentの発音します。
最後のtはしっかりと!

4行目
And His blood〜whole
*And His blood hasでデクレッシェンド。blood hasはblooで音を動かした後、d hasをくっつけて歌います。hasのsはしっかりと!
*made me whole
wholeは、まるごと全てという意味です。丸い感じで歌いましょう。

☆気をつける点は、文章だとわかりにくいことも多いので譜面や先日upされている音源で各自確認してみてください。練習ではディレクションの指示に合わせましょう。

♪イエスが愛したように
イエス様が愛したように…とはどのような愛し方でしょう。弟子達の汚れた足を拭いたり、自分を低くして、へりくだって愛してくださることです。
そして自らの命を捨ててまで私たちを愛してくださることです。
簡単なことではありませんが、イエス様のその愛を思いながら、人を愛することが少しずつできるようになりますように!

♪Bless His Holy Name
素晴らしいことをして下さった神様に、魂をこめて、体のうちにあるもの全てをこめて、聖なる御名をほめたたえます!という歌です。

♪Precious Lord
苦しい時に、どうか私の手を引いてください!導いてください!立ち上がらせてください!
どうか、どうか、主よ。あなたのいらっしゃるその輝かしいその場所(天国)へ私の手を引いてください!という祈りを持って歌いました。

〜メッセージ〜

♪Oh it is Jesus〜Bless His Holy Name
長血の女性がしたように、私たちも神様がなさる全てのことに感謝して主をほめたたえよう!と、メッセージを聞いた後に、メドレーとしてもう一度賛美しました。

土気ゴス恒例の分かち合いランチは、たくさんの食事に、笑い、涙、ギターの音…とても祝福された時間でした!

☆Nさんのメッセージ☆
マタイの福音書5章3節〜6節
「心の貧しいものは幸いです」

私たちは誰でも幸せになりたい!と思う気持ちがあると思います。
幸せとは、人や物との関係、例えば、人から認められる・褒められる、欲しい物が手に入るなど外からの要因で満たされます。
ですが、これらのことは人と比較してしまったり、優劣をつけてしまうことにより簡単にUpDownもしてしまいます。
聖書では、幸せになる方法を「心の貧しいものは幸いです」と言っています。心が貧しい人というのは、心の狭い人や心が豊かではない人のことです。なぜ、このような人が幸せになれるのでしょう。
それは、自分の罪(心の貧しさ)に気付き、認めることから始まります。
そして、イエス様の十字架により、罪は赦され、神様から愛される人となります。
恵により、御国に入ることができる=幸せになれるのです。
心が狭い人というのは、人間関係では見捨てられてしまうかもしれません。
ですが、神様は変わらずに永遠に見捨てることなく救って下さいます。
自分の貧しさ(罪)を認めることは、特別な知識やお金が無くても誰にでもできることです。
罪を赦し永遠に愛してくださる神様、感謝ですね。

☆アナウンス☆
いわきでゴスペル、我孫子で事前リハなどがあります。(5/7のおゆゴス連絡参照)参加はできないけれど、何か力になりたい!献金したい!などはアロマさんまでお知らせくださいね。

5/11(土)誉田リハレポ

5月11日(土)誉田リハレポ
GW明け最初の土曜リハ、ここ数日、スッキリとはいかない日が多かったけど今日は初夏の暑さ、ただ湿度が低いせいか、まだまだ過ごし易い季節のようです。
GW期間中のスペシャルなイベントも無事終了して、今日は新曲(土曜リハでは)も交えて練習、イオンのイベントを聴いたギタリストさんが新しく参加されました。

以下曲紹介。
♪This is the Day
イオンの市民音楽祭のオープニング曲でしたね。今日もこの日を感謝しつつ歌いました。
♪Lord, you are good
クリコンを想い出すのりの良い曲です。We worship you〜♪、今日はAさんのディレクションで、I worship you〜♫ ハレルヤ♪ハレルヤ♪で締めくくりました。
♪Bless His Holy name
久しぶりかな。Bless the Lord〜♪Oh my soul〜♪天に向かって賛美。
♪Oh it is Jesus
誉田では新曲です。歌詞は短いけど、確かに抑揚やアクセントが大事、丁寧に歌わないといけません。繰り返し歌ってると最後はとっても良い気分になります。
♪神の国とその義を
エンディングに向けての盛り上がりが素敵な曲、この曲を作詞・作曲した佐藤美香さんは先日のゴスペルデーでも紹介されたバディ族の支援活動の代表をされている方だそうです。
♪Jesus Loves Me

Dさんのお話
今日新しく練習した♪Oh it is Jesusにある「私はイエス様の衣の房に触れて」という歌詞が聖書の中にあるということで、ルカの福音書8章40〜56節の紹介がありました。
この中に長血をわずらった娘がイエス様に触れたことで、直ちに血が止まり癒された話が含まれていますが、当時その病の人は接触も避けられていた、でもイエス様はどんな人の祈りも待っていて、信じ求める人に癒しを与えたという場面がこの歌の背景です。

★最後に報告事項として、6月29日(土)に開催されるいわきゴスペルフェスティバルと6月15日(土)我孫子で開催される事前リハの紹介がありました。我孫子のリハは、もしまとまった人数が参加できればおゆゴスで賛美することもお願いされているそうです。事前リハだけでも参加可能なので、いわきは遠くてちょっと?という方でも当日行けそうな方は是非参加下さい。

(レポ協力 thanks to Yしさん😊)

あっという間?長かった?…今日は、10連休明けの昼ゴス。令和になって初めてのリハでした!!
ちょっと出席者は少なかったですが、嬉しいことに、GW中のイオンイベントをご覧になった方が早速体験しに来て下さいました!嬉しいですね〜
おゆゴス、確実に地域に浸透してきてますね♪♪

♪ This is the day
♪ Amazing Grace
  〜My chains are gone〜
♪ Oh it is Jesus
  今日のメイン。アカペラ新曲です。
 3拍子の爽やかな曲です。
  始めのOhは、気持ちを置いて丁寧に熱くオゥと発音しましょう。
 次のOh it isは、優しくまぁるく発音しましょう。解りやすく印がついているので、そのイメージを大切に。
 Jesus …ジーィィザス
hem of His…うねる
 garment…ガーァァメントゥ
 blood has…ブラァァドゥ ハズ
 whole …完全という意味の通り、まぁるく大事に発音。
クレッシェンド、デクレッシェンドがついているので、抑揚に気をつけて。
最初はどのパートも不安でぎこちなかったのが、最後はみんな気持ちよーく歌っていました〜。
♪ Bless His HoIy Name
 以前にも歌い、久々の曲でした。

☆Mしーのお話し
 ルカ22章(前回昼ゴス振り返り)…
十字架につけられる直前の最後の晩餐を弟子たちと過ごしていた時、イエスは、「鶏が鳴くまでにぺテロは3度自分(イエス)を知らないと言うだろう=(裏切るだろう)」と予言した。ぺテロは自信満々に「そんなことは絶対にしません!」とイエス様への覚悟を示していた。

しかし、その直後、予言の通りになった。なんてことをしてしまったのだろう…ぺテロの心は自分への絶望、挫折感にうちひしがれてしまった。
そんなペテロをとても気にかけていたので、
その後イエス様は十字架にかけられ、3日後に復活されてすぐ、ペテロの所にまず現れた。

イエス様は、ズタズタになったぺテロにまず最初に会って励ましたかった。自分を何度も裏切ったのにもかかわらず。

神様は私たちに、失敗のないように先回りして全てをととのえてくださるのではない。
私たちは失敗もする。人間的欠けもありwhole =完全でない。ぺテロと同じである。

失敗…してしまった時、主イエスは近くに来てくださり「そんなあなたもわかってる、愛しているよ、一緒にいるよ」と。そしてその失敗から学び他の人を励まし助ける、愛する人になりなさいと言う。

私たちは、そんな神様に手を伸ばし、触れて愛をいただき過ごせていけたらと思います。

参照
「マルコ16章 より
3人の女性が、処刑されたイエス様の体に油を塗りに行こうと香料を買い、墓に行った。するとそこには御使いが居て、彼は言った。
「イエスはよみがえられた、ここにはいない」と。そして「弟子たちとぺテロにいいなさい。あなた達より先にイエスはガリラヤ行く。そこでお会いできます」と。
ルカ24章 より
彼女たちは墓から戻って使途達に伝えた。使途らは信じなかった。しかしぺテロは走って墓へ行き、かがんで除きこんだところ、亜麻布だけがあった。この出来事に驚いて家に帰った。」
しばらくして使途達が、イエスは本当によみがえって、ぺテロと会って話していたと言っていた。


★そしてリハ後のお昼は美味しいサフランのピラフを頂き、和やかに過ごしました。


以上
(レポthanks to ソプラノIさん)


本日歌った♪Oh it is Jesusの参考youtube 貼っておきます

https://m.youtube.com/watch?v=rvARRgj5zGE&list=PLgTTZA4prbDH_NvWaDNoe6iCidVzIr71_&index=4&t=0s

今日のお天気は曇りでしたが、チャペルの中はみんなの熱気で暑い!
市民音楽祭前、平成最後のリハでした。

身体のどこかが詰まったり滞ったりしていると声が出にくくなるので、体操・ストレッチで体を十分ほぐしてから歌いましょう。

♪This is the Day

♪King Jesus is A Listening
 D)のはじめの部分(King Jesus is a-listaning,)は、芯はあるけど小さい音で歌いましょう。
高い音の声は、下から上げて出すのではなく、上から降ろすように出しましょう。

♪Oh oh give thanks
 goodは下腹に力を入れて響かせるように歌いましょう。
He's goodの掛け合い(伸ばすところと4分音符での掛け合いの違い)や、振り付けなど、不安な方は先日Upされている音源をCheckしてください。

♪When the Saints Go marching in
 アルトが低いということで、いつもより半音上げたキー(C#)でスタートします。
さらにハレルヤ〜から転調(半音上げてDに)します。

♪Amazing Grace
 日本語のサビの歌詞がデラゴス仕様になりました。
『わたしを ゆるして すくって くださった
 限りのない愛 あふれる恵みで』
日本語→ソロ→英語の順に歌います。

♪You raise me up
 日本語、一回目は独り言のように、二回目は確信して歌いましょう。
転調して英語歌詞に戻るときは自信もってバーン!と入れるように頑張りましょう。
主が引き上げてくださいます。肩の荷を下ろして羽ばたいていけるような感じで。

♪Every Praise
 30日の一曲目です。自分たち自身で体をほぐしてアゲていく感じで歌いましょう。

♪天国はそこに
 30日に葛葉さんと歌う予定。
三声の部分は葛葉さんのディレクション次第です。

Mシーのメッセージ
ルカの福音書22章31−34節、54−61節

イエス様が十字架にかかる前の晩、いわゆる最後の晩餐の時
ペテロはイエス様への信仰を述べますが、イエス様はペテロの失敗(裏切り)を予告します。
そして、そんなペテロの信仰がなくならないように祈ってくださいました。そして失敗から立ち直り、兄弟たちを力づけるようにとおっしゃいました。

そして実際にペテロは自分の保身のためにイエス様を裏切るような行為をします。しかも三回も。

そんな私たちでも、イエス様は祈ってくださいます。信じてくださいます。
だから私たちは、大きな失敗をして自分を信じられなくなっても、イエス様を信じられるのです。

以上

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事