OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

「爆笑&ネプ正月2001!どっちか選んでみようスペシャル!」 (放送日:2001/1/2)

 爆笑問題とネプチューンが様々なジャンルから出題された選択肢の中から目の前で見たい・体験したい方を選び100人の観客にアピール、メンバーたちのアピールを踏まえて観客がジャッジし多数決で決める新春特別バラエティ番組。
 
 初っ端、第1問目から「日本のスーパーヒーロー 変身シーンを見たいのはどっち?」仮面ライダーV3・風見志郎とウルトラセブン・モロボシ・ダンそれぞれの変身シーンのどちらが見たいかと言う、そのほとんどが若い女性と思われるスタジオの観客に分かるのかな、コレ?ってな出題である(^^;流れる映像はV3のオープニング。大きくジャンプするハリケーンの後ろで起こる爆発、そして風見志郎の変身。いつ見てもカッコイイわぁ〜(^^*)と思った瞬間、テロップの「宮内洋(当時26歳)」に思わず「え゙・・・(汗)」。まあ、良いんですけどね(^^;
 
 カメラが切り替わりゲストルームに設置された金屏風の前には風見スタイルの宮内さんといつ見てもダンディな森次さんがモニターを観ている様子が映し出される。一方、スタジオでは「セブン派」と「V3派」が互いをけなし合っている(笑)。V3派は、爆笑問題の太田とネプチューンの名倉、ゲストの上原多香子嬢。3対4で劣勢のV3派だったがツッコミの早い太田が「(V3は)一番強いんだもん!ライダーはショッカーが作ったけどV3は1号2号が共同で作ったんだもん!」とブチ上げポイントを稼ぐ。それを観て満足そうにうなずく宮内洋。仮面ライダーもウルトラマンも知らない世代の上原嬢は「何故V3を選んだのか」と聞かれて「こっちの方が価値がありそう」と答えて宮内の爆笑を誘う。更に「この宮内さんはヒーローもののスターだ!」と持ち上げる名倉と「快傑ズバットっていう訳分かんないヒーローものもやってる」とツッコむ太田に苦笑する宮内だったがまんざらでもなさそうな表情。
 
 トークバトルタイムが終了し、いよいよ観客のジャッジ。結果は63:37の圧倒的多数で「V3の変身ポーズ」が拝める事に。そこへ「助けて〜!」と叫びスタジオに飛び込んで来るセーラー服の女子高生3人組。彼女たちを狙っているのは黒いタイツに赤いパンツをはいた(^^;;ショッカーもどきの戦闘員クン4人。そして照明が落ちステージ中央のカーテンが開くと「とおーっ!」とポーズを決めた風見志郎が!

 「21世紀早々、弱い者イジメはやめな」とちょっとヤーさん入った風見志郎(^^;女子高生たちを自分の後ろへと誘導し戦闘員クンたちを軽くあしらうといよいよ変身ポーズ!いつものごとくたっぷり間を取り「へんっしんっ!ぶいすりゃあー!」とキメる。この瞬間、足元からスモークがプシューーーーッ!と立ち登ったらもっとカッコ良かったのにそれはなくて、宮内洋自ら「おわり」のひと声(爆)。だが 宮内がすごく楽しそうで良い表情をしていたのがとても印象に残る。2年前「バクマリヤ」に出演した時から随分変ったなあ、と言うのが率直な感想だ。 新世紀早々「とっても素敵な宮内さん」を見せてもらった気がした(*^_^*)
 
 それにしても「V3はイナゴだ!」と言っていた太田らに対して「イナゴではなくバッタです」と断言していた宮内洋。だがV3のモチーフはバッタではなくトンボだ。「アンタが間違えてどーするっ!!」とテレビに向かって激しくツッコんでしまったライダーファンも多かっただろう。当然、私も・・・(爆)。


「TONIGHT2/特撮ヒーロー特集」 (放送日:2001/3/6)

 時々不意打ちのように特撮ヒーローを引っ張り出して来ては「おっきいお友達」を驚かせてくれるテレ朝の深夜番組「TONIGHT2」が今回大々的に素面ヒーローの特集を組んだ(CM抜きで約25分程度)。題して「人妻がメロメロ素顔の変身ヒーロー!!」ってナンだか怪しいサブタイトルではあるが(^^;最近の特撮変身ヒーローは変身前(素面)の俳優に若いママたちがお子様そっちのけで夢中になっていると言う内容で、後楽園ゆうえんちでのタイムレンジャー役者公演の模様や新作ガオレンジャーのロケの様子、クウガで人気に火が付いたオダギリジョーのインタビューなど、通常の「TONIGHT2」視聴者とは違うターゲットを狙ったとしか思えない構成。だがちょっと待て。素面人気はウルトラマンティガで火が付きクウガで爆発したと思うんだけど、テレ朝だからティガは無視なのか(^^;それにしては何でアギトまで一緒に無視されてるわけ〜?
 
 特集の最後、これまでの戦隊シリーズとは変わってヒーローの王道を行く作品となる(らしい)ガオレン紹介の後「王道を語る上で忘れられない男がいる」とナレーションされレポーターの北野誠には「ヒーローを語らせたら日本一熱い男」と言われて登場する宮内洋。黒のレザージャケットにグレーのトレーナー、レザーパンツと言ういでたちの宮内はいつものように「俺だよ」とポーズをキメる。う〜ん 相変わらずと言うか、すでに見飽きてるはずなのに(汗)何度見てもやっぱりカッコイイ(*^_^*) もう目が腐ってて冷静な判断力がないのかも、私(自爆)。
 
 サブタイトルは「人妻〜」から「元祖・ヒーロー正義の哲学!!」へとスイッチ。「風見のやられ」「新命の雪の日本海入水」などなど語る内容は「毎度ありがとうございます」ってな感じだが(爆)その説得力には脱帽。そして何より「ヒーロー」を語る宮内の表情に・・・とっても嬉しそうに誇らし気に、時には真剣に時にはお茶目に、くるくると変化する表情に思わず見惚れてしまった。最も すぐ側で熱い「ヒーロー論」を聞かされた北野はたまったものではないだろう。「暑苦しい」とのコメントには同情すら感じる(爆)。
 
 補足ツッコミ。宮内の紹介画像の中でナレーションがV3を「仮面ライダーシリーズ第3作」と言っていた。単純なケアレスミスだとは思うが事前チェックはしっかりやって欲しいものだ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事