OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

「BSファンクラブ/ローカルヒーロー大集合!」 (放送日:2004/7/22〜23)

 日本全国から集められた地酒ならぬ日本一(?)の「地元ヒーロー」を決める企画。パロディヒーロー自体はかなり以前から存在したが、近年のヒーローブームに乗って最近は各地のイベントに地元ヒーローが登場する事も珍しくない。各地から集めれたそれらの映像や写真を見ながらHERO of the HEROの称号を与えられた宮内洋がナンバー1ヒーローを決定しようという内容。
 
 いや、ホントにお世辞抜きで NHK(特にBS)は宮内の扱いが良いので毎回楽しみなんだが、今回も例外ではなく、当の HERO of the HERO はしっかり「早川健」でご登場。BGMは当然(?)「地獄のズバット」だし(汗)「よろしくお願いしまーす」とご挨拶しつつもしっかりカメラ目線でもってサムズアップしてる宮内洋(笑)。その格好のまま全国から寄せられたVTRをとっても楽しそうに観てる姿がかなり微妙なんだが・・・うーん、ま、本人は面白かったんだろう(^^;
 
 やはりと言おうか案の定と言おうか、応募作品は戦隊を模した複数メンバー+色分けヒーローが多い。その活動内容も多様で、環境美化を訴え河原でゴミ拾いするヒーロー、買い物袋(マイバック)持参を推進するヒーローがいるかと思えば、公会堂のようなステージでちゃんとヒーローショーをやっている心と身体の健康を守る「ニシバルカン」はかなり「太陽戦隊サンバルカン」に似てたりして(^^;
 
 様々な候補の中から宮内が選んだのは、仙台市の「アラマチマン」。複数メンバー構成が多いローカルヒーローの中にあっては異色の単体ヒーロー。決してカッコイイとは言えないがチャリンコで駆け付け街中で子供たちと触れ合う親しみやすい姿とそのアラマチマンを見る子供たちの笑顔がナンバー1の決め手となったようだ。やはりヒーローの条件は子供たちから好かれる事が大切なのだろう。が、実はこのヒーロー、先頃「帰ってきたアラマチマン 半年ぶり登場 仙台荒町」というタイトルでニュースにもなり(「Yahoo!ニュース」6/22付)割とメジャーな存在だったりする(笑)。案外無難なの選んだなという気もしなくはないが(まさか始めっから優勝は決まってた−なんて事は、ないよね?(^^;)
 
 最後に「ヒーローはあなたです」とカメラ目線で締めくくった宮内、思いっきり投げキッスを飛ばす(^^;このため初回放送時はにゃ〜んと溶けちゃった人やら鼻血出かかった人やらテレビの前では犠牲者が多数出たらしい(罪なお方だわ(^^;)ちなみに筆者的には投げキッスの後の軽く左目を閉じかけた(完全に閉じるんじゃなくて目を細めた感じの)表情が一番好きだったりするんだけど(*^^*)
['04/7/24 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事