OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

 2009年5月31日に新宿ロフトプラスワンで行われたイベントをCSファミリー劇場が中継。まず冒頭に登場したのは伴大介&伊藤幸雄のバトルコサックコンビ。
 
 伴さんは見慣れているが、30数年ぶりに見た伊藤幸雄は衝撃的だった。そらまぁ、30数年も経てばそれなりに恰幅が良くなって当然なんだけど、伴さんが長年変わらずスリムなだけに、あ、あ、あ、ミドがぁ・・・コサックがぁ・・・という(爆)。それでも横顔と、時折見せるくったくのない笑顔に明日香の面影が残っていて、少しホッ(^^;
 
 続いて登場したのはマジピンクこと別府あゆみ。「ファミリー劇場」のヒーロー番組専属タレントかと思うほど往年のヒーローと絡む仕事が多いあゆみ嬢は、おじさん二人に挟まれファンが持ち込んだマージフォンを借用して元気よく変身ポーズ(笑)。
 
 最後に振られた伴さんはイナズマンの「剛力招来!」で地味〜に「変身」。でもちゃんと効果音付き(笑)。
 
 続いて仮面ライダースーパー1こと高杉俊介が登場。「仮面ライダースーパー1」とエンディング曲「火を噴けライダー拳」を熱唱し変身ポーズはやっぱり効果音つきのフルコース(笑)。

 昨年招かれたという中国の歌謡祭で、歴代仮面ライダーメドレーを歌った時のVTRも流されたが、いや、さすがは現役の歌手、歌は文句なしに上手い。ビブラートが効いてコブシもコロコロ回ってるのに演歌にならない処がスゴイし。ってか、ぶっちゃけ、他の歴代ライダー俳優がヘタクソすぎなんで、高杉さんが神がかり的に上手く聞えるんだけど(爆)。
 
 最初のサプライズゲストは「レッドバロン」の牧れい。「イナズマンF」「忍者キャプター」にゲスト出演した際共演したとかで、実は伴さんの憧れの女優だったらしい。思いがけない牧さんのご登場に、伴さんは仕事を忘れてデレデレしっ放し(爆)。
 
 続いてあゆみ嬢に、初めてヒーロー役が来た時の心境(?)を質問されたおじさんヒーローズ。伊藤さんと伴さんは吉川プロデューサーからのオファー、高杉さんはオーディションと、これまた微妙に世代の違いが感じられるお答え。伊藤さんは吉川Pに呼び出されゴレンジャーの台本5冊をポンと渡されただけらしい(^^;自分が選ばれた理由を「ようわからん」と言う伊藤さん。まぁ、明日香健二役に決まっていた俳優さんが急遽降板したための後釜だって事くらい、ファンは知ってるけどね(笑)。

 撮影時の苦労話では爆破シーンやアクションが話題に。「菊地さん」(大平特殊効果の火薬技師)の手加減ひとつに命を預けていた(嫌でも預けさせられた?(^^;)とか、イナズマンの撮影では運転していた車が崖から落ちそうになったとか。死線ギリギリの過酷な撮影環境にビビるあゆみ嬢は「えっ!?スタントの方じゃないんですか!?」と言ったきり絶句。でも爆破に関しては、最近はいろいろな規制や経費がかかるからCG処理が増えただけで、もし規制がなかったり潤沢な予算だったら、今でも普通に毎週ドッカンドッカンやってたと思うよ(^^;
 
 次に伊藤さんの「第三の青い男」という前振りでようやくサプライズゲストの宮内洋が登場。「地獄のズバット」をBGMに背負って登場した宮内は、黒いソフト帽にネック部分に穴が開いている黒いデザインカットソー、麻っぽい生成色のスタンドカラージャケット(確か2004年秋頃の「俺だから!」で使われたスナップにこのコーディネートがあったような記憶が・・・)といういでたち。
 
 宮内曰く「夏場になると視聴率が落ちる、そうするとテコ入れのために『帰って来た男、その名はV3』(自分が呼ばれる)」と、毎度お馴染みのテコ入れ話(爆)。そして「でもスーパー1にだけは出演しておりません、視聴率が下がらなかったから!」と高杉さんを持ち上げる宮内。

 でもこれは事実で、高杉さんが当時「宮内洋さんはお越しにならないんですか?」と阿部プロデューサーに尋ねた処、「そんなに視聴率下げたいの?視聴率下がったら宮内クンは来るよ」と言われたそうな(笑)。そんな二人の最初で最後の共演はゼクロスの特番。余談だが、高杉さんと宮内は縁があるらしく、ゼクロス共演から数年後、北海道(?)でヒーローショーがあった時に飛行機の中(?)で偶然再会し、現地でお互いのショーに飛び入り参加したというエピソードがあるらしい。
 
 ゴレンジャーの話題ではやっぱりこれ、浜名湖かんざん寺のロープウェイアクションについて。「命綱かなんかつけて欲しかったんだけどそのまま何にもつけずに・・・」と伊藤さん。内心、万が一事故でも起こったら俺ももう終わりだ、と思っていたらしい(苦笑)。気の毒に、宮内はどんだけ周囲をハラハラさせてたんだ(^^;そして「落っこちたら木っ端微塵です」しれっとした顔で言ってのける宮内に、思わず声を上げて顔を覆ってしまうあゆみ嬢。駄目押しに「ロープウェイが止まってグラグラ〜〜」と言われ「もうやだーーっ!」(笑)。うーむ、昭和のヒーローがいかに過酷な体力勝負の現場だったかを「自慢し合う会」になってるような気が(爆)。

 よく考えたら、伴さん伊藤さん高杉さんの3人とそれぞれ共演しているのって宮内だけなんだよね。伊藤さんはもちろんゴレンジャー、高杉さんはゼクロスで、伴さんはズバットの・・・と思っていたら、宮内が「伴さんと共演、ないんです」・・・?
 
 う、嘘だぁーーーーっ!!!!(絶叫)
 
 そりゃあレギュラーでの共演こそないけどさぁ。ゴレンジャーで伴さんが客演した第81話は明日香メインエピソードだったから宮内との絡みはなかったけど(DVDで確認したら宮内だけ思いっきり別撮りしてる。この頃既にズバットと掛け持ちしてたんだな(^^;)、じゃあズバット第28話の川名教授は?それ以上に、ウインスペクター第9話の小山刑事を忘れるなんて!酷い!あんまりだぁ〜〜〜っ!!!!(号泣)もう、どうかこういうファンをがっかりさせるような事を言わないで。年月が経っているから仕方ないと思うけど、やっぱりファンとしては共演した時のエピソードとかを聞きたいじゃない?「覚えてない」なら理解できるけど、「共演ないです」って断言されちゃったら、悲しいよ。スタッフも、お願いだから、こういうイベントの時は事前にレクチャーするか、共演者VTRでも作ってあげて欲しい(切実なる願い)。
 
 珠純子こと小野ひずるさんから宮内へVTRでメッセージが流された。ゆでたまごみたいなツルッとしたお肌の純子さん(こっちの方が呼びやすい(^^;)は、36年前と変わらず可愛らしい。メッセージを受けて宮内がV3当時を回想。この頃まだ高校生だった純子さんを早く帰らせようとしていたとか(って事は、純子さんの場面を優先的に撮影してたんだろうな)、撮影の待ち時間に珠シゲル役の川口少年とキャッキャ騒いで監督に怒られベソかいていたとか(笑)。また家が近かったとかで、度々車で自宅まで送り届けていたそうな。いたいけな女子高生を車に乗っけるなんて、東京都の青少年健全育成条例に抵触・・・ バキッ/☆(××)
 
 実際のイベントは2時間半から3時間くらいの長帳場なのだが、それを放送では1時間弱にまとめているためぶった切りの感が否めない。また、当日シークレットゲストで阿部元プロデューサーが参加したそうだが丸々カットされているし、牧れいさんもほとんど何もしゃべらないままカットされていた(^^;
 
 宮内も実際にはもっとしゃべっていたのだろうが、放送で抜いた感じやイベント参加者の声を聞くと、またいつもの俺様節全開だったかと(笑)。ただ、まぁ、記憶が曖昧な状態で下手に共演者の話とかうっかり変な事しゃべられたらかなわないから(爆)、俺様程度でお茶を濁してくれた方が、聞いてる方は安心は安心なんだけどね〜(^^;

['09/8/31 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事