OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

「ヨイショ」 (放送日:1974/6/7〜)

 「助け人走る」の助け人・宮内洋が恭二(小倉一郎)の恋人に慕われる久志役。小倉は「人の恋人を奪う助け人なんかあるもんか」とプンプン。
 [1974/6/28 毎日新聞]


「刑事くん」 (放送日:1974/11/11)

 新番組「刑事くん」巧みなカメラでスリルを出す
 半年ぶりに復活したシリーズ。少しおっちょこちょいだが、行動的で人情味あふれた三神刑事(桜木健一)が主人公。
 新シリーズでは新たに、捜査には手段を選ばないエリート刑事の風間(宮内洋)を配し、三神と対比させている。番組を見る小、中学生には明解でわかりやすいかもしれない。
 第一回は、山越えしようとする銀行強盗を三神らが追う話。三ツ峠ロケだそうだが、絶壁での撮影など、巧みなカメラワークで、なかなかのスリルを出す。
 桜木は自分の”分”をわきまえており、三枚目的な味をよく出している。主役なのにスター的でないふん囲気が良い。
 そんな桜木の持ち味を十分発揮させるためにも、ストーリー展開はあまり犯罪捜査中心でなく刑事仲間との日常的な触れ合いや、家庭でのあれこれに焦点を合わせた方がよいように思われる。
 名古屋章、宮内洋、小川順子らわき役も好演している。
 [1974/11/11 読売新聞]


「刑事くん」第14話「命かけても」 (放送日:1975/2/10)

 本間良平(伴直弥)の妹真紀子(吉野あい)が誘かいされ、身代金一千万円が要求された。良平の妻ヒロ子(川島育恵)の実家の財産が目当てだった。
 ヒロ子から事件の連絡を受けた鉄男(桜木健一)は、良平に紙包みを持たせて指定された場所で犯人を待ちうけたが、張り込みの最中に交通事故が起き、それに気をとられ犯人を取り逃がしてしまった。
 良平から責められ、ヒロ子に泣きつかれ、鉄男の面目は丸つぶれだった。そこへ犯人から真紀子の血だらけの髪の毛が送られて来た。警察に知らせたことに責任を感じたヒロ子は、実家から金をもらって犯人に渡すことにした。だが、実はこの誘かいは良平の仕組んだ狂言だった。
 [1975/2/10 北海道新聞]


「刑事くん」第28話「2人の真実」 (放送日:1975/5/19)

 城南署の捜査陣は、麻薬密売組織を追っていた。だが、鉄男(桜木健一)の軽率な行動から、麻薬取引の現場をおさえることに失敗した。
 鉄男と風間(宮内洋)は、交代で、連絡係と見られる鳥居(大和田獏)の尾行をつづけた。しかし、鳥居は、故意に風間の目の前で老人にけがをさせ、逮捕された。ところが、鉄男は、フトしたことから逮捕されたのは鳥居ではなく、双子の弟の坂井(大和田獏・二役)だということをつきとめた。
 [1975/5/19 北海道新聞]


「刑事くん」第35話「七夕だ デートをしよう!」 (放送日:1975/7/7)

 麻薬の運び屋を逮捕した鉄男は、のんびりと妙子とのデートを楽しんでいた。その留守中、鉄男あてに麻薬密売団の吉井から電話。鉄男になりすまして出かけた風間が人質になったのだ。吉井は「運び屋を釈放しろ」と要求してきた。
 [1975/7 週刊TVガイド]


「刑事くん」第53話「恋と友情と」 (放送日:1975/11/10)

 鉄男(桜木健一)と風間(宮内洋)は、暴力団が大がかりな賭博を開くことをつきとめた。だが、捜査陣がのり込んだ時、賭博が行われているはずの料亭はもぬけのからだった。情報がもれていたのだ。
 [1975/11 週刊TVガイド]
 
 鉄男(桜木健一)と風間(宮内洋)の地道な努力が実って暴力団当目組のとばくの手入れが行われたが、なぜか情報がもれて失敗に終わった。鉄男は、三日前に城南署を訪れた風間の友人の山下(北村晃一)を疑い、見張るうち当目組のチンピラと山下が関係あることを知った。それを信じない風間は、当目組に出向き捕えられる。
 [1975/11/10 毎日新聞]


「刑事くん」第12話「乾杯はジュースで」

 剛(星正人)は竜王組のチンピラ孝行(下塚誠)の身柄を引き取った。孝行の病気の母親を案じ、改心させようとしたのだ。が、竜王組はそれを利用、警察の情報を聞き出させる。組による被害を届け出た者が次々に襲われ、風間(宮内洋)も重傷を負った。
 [1976/8 週刊TVガイド]


「刑事くん」第24話「セーターに愛を編みこんで」

  風間(宮内洋)には、中学三年の妹・洋子(高橋ゆかり)がいた。兄が忙しくてかまってくれないので、洋子はさびしがり、不良グループに入ってしまう。が、風間はそのことを知らない。
 剛(星正人)は、風間に内緒で、洋子を不良グループから救おうとした。
 [1976/11 週刊TVガイド]


「少女探偵スーパーW」「郁恵 久美子の誘拐事件大捜査!」 (放送日:1979/5/17)

 イラストレーター・斎藤(久米明)の息子・良夫(庄野たけし)が誘拐され、描きかけのイラストが盗まれた。アシスタントの鈴木(宮内洋)と玲子(岩崎宏美)の証言によると、朝10時ごろ、不審な男(黒部幸英)が家の前をうろついていたという。だがポンチ(榊原郁恵)は、内部の人間の犯行とみていた。
 脚本=石原雄二 監督=五十嵐衛
 [1979/5 週刊テレビ番組]

['05/10/6 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事