OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

「ドラマ・人間 新宿ラブホテル殺人事件・発見された秘密メモ・・・」 (放送日:1981/7/20)

 女の業と悲運な生涯
 今年の春、ピンクサロンのホステス通子(松尾嘉代)がラブホテルで絞殺された。彼女の遺品の中に、一千万円の預金通帳と息子の写真が。だが、その息子も夫の久男(小坂一也)もすでに死亡していた。記者の立山(宮内洋)は彼女の生前の足跡を追う。
 [1981/7 週刊TVガイド]
 
 今年 3月20日、新宿のラブホテルでホステス矢田通子(松尾嘉代)の絞殺死体が発見された。通子は、銀行の貸金庫に1千万円の預金通帳と2枚の息子の写真を残していた。しかし、その息子の明(大場利明)も夫の久男(小坂一也)もすでに死亡していた。
 事件に興味を持った週刊誌記者立山(宮内洋)は通子の足跡を追い、彼女が息子の心臓手術の金を作るために家出し、ピンクサロンに勤め出していたことを突き止めた。
 脚本=押川国秋 監督=木下亮
 [1981/7 週刊テレビ番組]


「料理教室殺人事件・卵のトリック」 (放送日:1981/12/5)

 売れっ子の料理学院長が、テレビの生番組出演中に死んだ。病死ではなく他殺の疑いも生じてきた。いったい、だれが何の目的でどのようなテクニックを使って・・・。
 高須愛子(木暮実千代)は著名な料理家で、大きな栄養専門学院を経営している。ここまで事業を拡大するには他人には言えぬ苦労と悪どい手口も使ってきた。
 愛子には竜(あおい輝彦)という一人息子がいた。竜は才色兼備の愛子の秘書・中幡由子(水沢アキ)と恋人関係にあるが、愛子は由子の暗い生い立ちを理由に結婚を許さない。
 そんな時、愛子がテレビの本番中に謎の死を遂げた。いったんは病死とされたが、沖田警部補(藤岡琢也)や桜井刑事(宮内洋)らの調べで殺人事件の疑いも生じてきた。捜査線上には竜、由子、それに愛子の過去を知る事務長の飯島(井上孝雄)らの名が浮かんだ・・・。
 脚本=須川栄三 監督=斎藤武市
 [1981/12 週刊テレビ番組]


「ザ・ハングマンII」第11話「ヤミの談合ナマ中継」 
(放送日:1982/8/13)

 タミー(夏樹陽子)は、高級料亭の下足番・安原から、店を利用した客の名や日時をメモした手帳を預かった。直後、安原が殺される。
 芸者・雪路の話から、地下鉄輸出の汚職にからんでいる亜細亜通商社長・海堂の名が浮かび上がる。そんなとき、私立探偵の矢沢(宮内洋)がタミーに接近。彼の狙いは安原メモらしい。
 [1982/8 週刊TVガイド]
 
 タミー(夏樹陽子)は赤坂の料亭で下足番をしている安原(河合鉱司)から一冊の手帳を預かった。手帳には料亭を利用した客の名前と日時がくわしく記入されていた。その安原が他殺死体で発見された。マイト(黒沢年男)らの使命は、安原メモと呼ばれる手帳の公表と安原殺しの背景を暴くことだった。
 やがてタミーに矢沢(宮内洋)という男が、安原メモを譲ってほしいともちかけて来た。
 [1982/8 週刊テレビ番組]


「3DKの通り魔・家庭教師が私を襲う・”憎い!娘を囮にするなんて・・・”」 (放送日:1982/8/28)

 ◆新婚初夜に新妻に逃げられた男の異常な復讐。新妻とウリ二つの人妻に目をつけるが。
 清純派の吉沢京子がテレビで初ヌードを披露する。新克利、藤岡琢也、宮内洋、石田純一ほか共演。原案・村尾昭。脚本・杉本容子、林企太子、中西隆三。監督・野村孝。〔109分〕
 ◆子持ちの貞雄(新)と結婚した紀子(吉沢)は、住宅ローンの返済の足しにと、ある老人ホームで看護婦のアルバイトをしていた。勤め帰りのある夜、紀子は何者かに襲われ暴行されそうになるが、パトロール中の轟刑事(宮内)に助けられる。
 [1982/9 週刊TVガイド]

 新婚初夜に新妻に逃げられたことから同じ名前の女性に異常な恨みを抱くようになった男が、花嫁と瓜二つの人妻に目をつけ彼女を征服して復讐を遂げようとする姿を描く恐怖ミステリー。
 大沢紀子(吉沢京子)は13歳年上の貞雄(新克利)の後妻になり、先妻の子・令子(黒木しのぶ)がなつかないという悩みはあるものの、夫婦仲は円満で幸せな日々を送っていた。が、突然ショッキングな事件が続発した。最初は誰かに風呂場をのぞかれ、2度目は自転車のタイヤを切り裂かれ、そして3度目には暴行されそうになったのだ。八木刑事(藤岡琢也)や轟刑事(宮内洋)は明らかに紀子を狙う人物がいると警戒を強めた。
 一方、近くの学習塾で算数を教える青山恭一(石田純一)は父兄の間では優秀な先生との評判を得ていたが、仮面の下に隠された素顔は恐ろしいものだった。新婚旅行で新妻に逃げられた青山は、花嫁と瓜二つの紀子を暴行しようと企んでいたのだ。
 [1982/9 週刊テレビ番組]

['05/10/6 up date]
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事