OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

「鬼平犯科帳」第7話「あきれた奴」 (放送日:1975/5/14)

 鬼平(丹波哲郎)の部下で商家に篭城した盗人を取り押さえに来た火付盗賊改方同心のひとり。


「幻之介世直し帖」第6話「はやぶさが助けた鬼同心」 (放送日:1981/11/8)

 御側御用取次・本多大炊頭(小瀬格)は廻船問屋の湊屋と手を結びご禁制の宝飾品を大奥に献上し権勢を誇っていた。それに気付いた隠密回りの同心田島勝之進は証拠を掴もうと湊屋に潜入するが発見され用心棒に殺される。死の間際に田島から唯一の証拠品であるかんざしを託された同心神崎(長門勇)は、手柄を我が物にしようと捜査を始めるが成果はあがらない。そんな時、田島の妻が自害を図ったとの連絡が入る。手柄を立てずに死んだ田島の妻子が不遇な扱いをされていると知った神崎は、妻子を救うために湊屋の悪事を暴こうとする。
 
 幻之介(小林旭)との絡みがないばかりかドラマ開始後わずか17分で死んでしまい、台詞らしい台詞と言えば高積見回りから隠密回りに格上げされ喜んで妻子に報告する場面だけなのに、何故か1枚タイトルでゲスト主役扱いの宮内洋(^^;まぁ、「田島の弔い合戦」がストーリーの芯になっているからとても重要な役柄ではあるのだが、実際には「神崎編」とも言える内容。
 
 見所は湊屋に潜入する場面。暗闇の中に動く怪しい人影。誰だか分からない設定のはずなのに、身のこなし(と体型(^^;)でこれは絶対に宮内洋だと初見で分かってしまう辺り、いいんだか悪いんだか(苦笑)。おまけに、忍び装束(何故に忍び装束!?)で塀を乗り越えるわ、床下から這い出て来るわ、用心棒たちに追われて塀から飛び降りるわ、揚げ句の果てに刀を相手に素手で立ち回るわ、蹴り入ってるわ・・・アンタ一体誰?って感じ(^^;
 
 その殺陣も躍動感があり宮内らしくていいのだが、やはり何と言ってもその後の「やられ」が一番の見所だろう。湊屋の追っ手に追い詰められ、左肩を斬られ倒れた処を一突きされる田島。顔や胸から血を流し手も血糊でドロドロになっているのにそれが何故かとても綺麗。神崎のいる番屋へ辿り着き部屋に倒れ込む、その血の気を失った青い唇とすでに土色に変わっていると思しきグレー系のアイシャドウのコントラストが見栄え良い。目を見開いたまま絶命した田島の瞼を神崎が閉じてやる場面は、あまりの綺麗さに見惚れてしまった。いつもこれくらいのメイクにしといてくれると見やすいんだけどなぁ〜(^^;


「流れ星佐吉」第10話「名裁き大逆転」 (放送日:1984/6/5)

 盗賊の般若組を手引きした罪で三人の少年が北町同心神崎に捕まった。少年たちには前科があり温情判決をもって彼らを社会復帰させようとしていた矢部忠光(平田満)に非難が集中する。だが、少年たちの素性を知っている何者かが背後で糸を引いていると睨んだ佐吉(郷ひろみ)は、般若組の黒幕が神崎と忠光の部下・江坂であると知る。
 
 佐吉の仕組んだ罠にハマり正体がバレそうになったと思い込んだ神崎は、般若組が狙っていた廻船問屋に先回り騒ぎに乗じて般若組を口封じに殺してしまう。この時の宮内洋の表情が何とも言えずイイ感じ。軽く目を伏せお前等のような雑魚はもういらないんだよ、とでも言いた気に口元に薄く笑みを浮かべると、振り向きざまに般若組の頭を、そして突然の事に戦意を失った般若組を次々と斬り捨てる。
 
 般若組を始末し江坂と次の悪巧みを計画していた神崎におしの(樋口可南子)の投げ銭が飛ぶ。その小判を空中で斬って落として行く神崎。もしかして神崎は剣の達人って設定なのか?(^^;柱に追い詰めたおしのにじりっと迫りながら構えた刀をゆっくりと握り直したりするなど、殺陣にも緩急があり緊張感を感じさせる。ただアクションの部分でおしのが樋口可南子ではなく吹き替えが使われていたのがバレバレでちょっと興醒め。とは言え、個人的に好きな女優さんではあるので見応えはあった。


「影の軍団 幕末篇」第7話「危険な男の恋文」 (放送日:1985/11/18)

 老中・安藤の護衛担当で倒幕派の諸国浪士を片っ端から始末して行く凄腕の持ち主。非情で眼光鋭く睨みがきく悪役。最期は影の軍団・お蓮(志穂美悦子)に斬られる。


「鬼平犯科帳 第1シリーズ」第6話「むっつり十蔵」 (放送日:1989/8/16)

 盗賊団のひとりで夜烏の仙吉の名を持つ。屋根裏に忍び込むなど非常に身が軽く、また頭の回転も良く心理作戦で同心の十蔵を窮地に陥れる。

['09/11/19 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事